人気ブログランキング |

おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
缶詰めで仕事中のオットを見舞うため、一旦ホテルへ戻りました。
「起こさないでください」札を出していたので、パック詰めされた新しいタオルとアメニティ類がドアの外に置かれていました。
d0225149_16450508.jpg
オットはまだ仕事するとのことで、私だけ外出します。


ホテルの向かいに北洋銀行静内支店がありますが、壁にはここが元役場だったことを示すプレートが飾られています。
d0225149_16451641.jpg
そのまま新冠町方面へ国道を歩きます。
お腹ペコペコだったので、国道沿いのラーメン屋へ行こうとしたのですが、体験乗馬と坂道の上り下りで足が悲鳴をあげています。

結局ローソンでこちらを買って食べました。
d0225149_16453181.jpg
糖質量の数値は覚えてないけど「サンドイッチと同じくらいだな。」と思ったので22~24gぐらいだと思います。
野菜がたっぷり入って嬉しかったけど、ザンギがカス小さかった…

公園そばの水路のようなところで食べました。
晴れて日差したっぷりとはいえ寒い。
ちなみにこの日の静内の最高気温:-0.1℃
札幌が-3.0℃だったからまだ暖かいや
d0225149_16485289.jpg
帰りにへばって動けない時用にバスの時刻表をチェック
d0225149_16453787.jpg

暖かくて足が休めておもしろいところ…とこちらへやってきました。
新ひだか町図書館です。
d0225149_16461173.jpg
館内では無料でwifiが使えるようです。
d0225149_16462670.jpg
トイレは広くてキレイ。
d0225149_16463236.jpg
入ってすぐ右手に飲食スペースがありました。
寒い中食べないでよかったんでないの(ノД`)・゜・。
d0225149_16462022.jpg
同じ建物内に博物館がありましたが、あまり歩き回ると疲れて帰れなくなりそうだったので、泣く泣く断念しました。
d0225149_16461642.jpg
入口正面にはファイターズ新ひだか町応援大使の近藤選手と浦野選手のサイン入りユニフォームが飾られています。
私野球中継はラジオで聞くから、未だに両選手の顔がわからない(;´Д`)
d0225149_16463682.jpg

図書館はゆったりと空間がとられていて、読書や勉強がはかどりそうです。
早速こちらで低カロリー食について傾向と対策をお勉強しました。
ついでに足を休めます。
d0225149_16464297.jpg
d0225149_16464889.jpg


日が暮れてきたのでホテルへ戻りましょう。
結局歩いて帰りました。
足が痛いよう~(+o+)
d0225149_16465324.jpg
疲れて酸っぱいものが飲みたかったので、コンビニへ寄ってキレートレモンを買ったのですがおもしろいものを見つけました。
ブラックサンダーのアイスケーキだそうです。
d0225149_16454770.jpg
「クリスマス」と書いてあるけど…ゴニョゴニョ。


ホテルの向かいにお餅屋さんがあったのですが、「よもぎ大福・もち・赤飯」ときて「黒飯」
是非とも買って食べたかったのですが、滞在中はお休みでした。
また宿題が出来たぞ。
d0225149_16465716.jpg

この後静内での夕飯です。(そして完結の予定)

by mayis-havaalani | 2019-01-28 06:49 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
朝食が終わると、突然私の自由時間が始まりました。
オットは幅広デスク&重役チェア&ゆったり館内着のトリプルコンボで、部屋にこもって仕事することにしたそうで「どこでもいいから好きなところ行ってきなよ。」と放り出されました。
d0225149_20435846.jpg
1泊2日で終わると思い込んでいたので、突然放り出されても行く当てなんぞありません。
Google Mapと新ひだか町観光案内(HP)を見て勉強し、いざ出発です。

国道を浦河町方面へ進みます。
目的地は部屋から見えた小高い山の上にある真歌公園です。
d0225149_20441285.jpg
ふと川を見ると白鳥がいます。
北海道は身近に自然豊かすぎるよー。
d0225149_20440765.jpg
橋と並行して日高本線の鉄橋がかかっています。
もう廃線待ったなしみたいな状況です…乗っておけばよかった。
d0225149_20441718.jpg
Google先生が案内する道は、裏手から近道させるようです。
しかしひどいアイスバーンだなこりゃ。
d0225149_20442824.jpg
川沿いに停まった車から、大砲のようなレンズをつけたカメラを持った方が微動だもせずにある一点を見つめています。
私もデジカメを取りだして最大望遠で覗いてみます。
d0225149_20443374.jpg
でかい鳥だ…。んんん何じゃこの鳥は。
バズーカ構えるぐらいだから珍しいんだろうな。

Google先生が「ここ行きますー」と指示した道は絶賛工事中でした。
えええ~私の歩いた時間を返してくれ!
すごいアイスバーンをヒヤヒヤしながら歩いたんだぞ!!
d0225149_20443801.jpg
d0225149_20444235.jpg
文句を言ってもしょうがないので、迂回路へと進みます。
おおっ街灯が馬の頭から馬の全身になったぞ。
d0225149_20442117.jpg
迂回路はドリフに出てきそうな坂でした。
はまなす坂だそうです。
d0225149_20444818.jpg
d0225149_20445306.jpg

藪の中から「ケーーーーッ」と叫びながら雉が飛び出してびっくりしました。
日高支庁は雉がいるのか。
実家の畑ではよく雉が飛んで歩いていたのですが、北海道に来てからは初めて見ました。

坂を登っても、さらに坂が続きます。
d0225149_20450351.jpg
オットに送ってもらえばよかった…でも朝から「仕事の鬼モード」でじゃんじゃか仕事してたもんなあ。
ひーこら登っていると、ご褒美のように美しい景色が見られました。
d0225149_20450883.jpg
坂を登り切ったと思ったらさらに坂!!
頭の中で「ダイエット…有酸素運動…負荷…」と念仏のように唱えながら進みます。
d0225149_20451640.jpg
そして看板の大いなる矛盾よ。
『馬放牧中』なのに『発砲』していいのかね?
この辺猟銃許可地域だったら、ぽこぽこ歩いている私も危険?
いちおう存在をアピールするために「海その愛」by加山雄三を歌いながら歩きました。
(民家でギャンギャン吠える優秀な番犬はいたけど人が通らなくてよかった…)

海の見える牧場って素敵だなあ。
坂のことを考えると除雪状況が読めないから大雪の時とか大変そうだなあ。
d0225149_20452858.jpg
ようやく見えた看板で曲がります。
d0225149_20453209.jpg
曲がったところに秋田台地遺跡というのがありました。
看板に案内等がなくネットではここに関する記述が出てこないので、新ひだか町の博物館とかへ行かないと詳細がわからないです。
どこからどこまでが遺跡なのか、とにかく広い。
d0225149_20453810.jpg
d0225149_20454933.jpg
遺跡の反対側は広い牧場です。
かっこいいお馬さんがいるぞ。
d0225149_20455463.jpg
容疑者Aみたいに撮れちゃった。
d0225149_20455985.jpg

迂回したり写真を撮ったりで1時間かけて真歌公園にたどりつきました。
いよいよ今日のメインイベントです。
d0225149_20461144.jpg

by mayis-havaalani | 2019-01-23 06:37 | 放浪 | Trackback | Comments(4)
新冠町を過ぎると新ひだか町静内です。
d0225149_19125757.jpg
今回は私のお願いで、季節外れの有名観光地へ連れてきてもらいました。
静内郊外にある二十間道路桜並木です。
d0225149_19132368.jpg
ここは約7kmの直線道路にエゾヤマザクラが咲き誇る、道内でも屈指の桜の名所なんですが、毎年開花時期がGWとかち合う上、道内から車が殺到し国道が大渋滞を起こす「行きたいけど行きたくない」場所です。
満開の様子はこちらのHPでご覧ください。
d0225149_19132622.jpg
真冬なら誰もいない・近づかないだろうと思って連れてきてもらいました。
オットは「別にいいけど…。」呆れていました。

静内市街からは車でも15分ぐらいかかります。
街の真ん中にあるイメージだったけど、意外と奥まで行くんだねえ。
d0225149_19133161.jpg
牧場地帯を抜け、坂を登り切るとキタ━━y=-(゚∀゚)・∵━━ン!!
d0225149_19133611.jpg

道路が白いところは地吹雪です。
日高だから晴れて温かいだろうと思ったら風が強い!寒い!!
寒冷地用のコート着てくればよかったなあ。
d0225149_19225123.jpg

車はほとんど通りません。
地元の方か、この近くにカラマツ加工センターがあったので、運搬するトラックだけでした。
d0225149_19185966.jpg
桜の中には枝に支柱をされていたり、倒れるかと思うほど斜めになった幹の太い木がありました。
植えられて約100年経つそうで、私が見た中にずっとこの景色を見てきた桜が居るのかな。
d0225149_19144000.jpg
d0225149_19182946.jpg
桜並木に接する牧場が広大すぎる。
シチューとかのCMに出てきそうだなあ。
"ザ・北海道"ってラベルを貼られそうな景色だ。
d0225149_19143562.jpg
「せっかくだから終点まで行くかい?」とオットがゆっくり運転してくれました。
何せ低速で運転していても、写真撮っても誰も来ないw
d0225149_19141395.jpg
真ん中地点には案内の石碑と看板があります。
d0225149_19145011.jpg
d0225149_19150580.jpg
途中からカラマツと桜の二重並木になりました。
春は色のとり合わせがきれいだろうなあ。
d0225149_19242410.jpg
終点であり、北側の起点はごく普通の交差点でした。
真冬だから特に飾り付けとかないのかな。
d0225149_19252893.jpg
ああ楽しかった!
オットは「(・、・)フーン」というクールな反応でしたが、運転自体は楽しかったようです。


静内はお馬さんがいっぱい!
国道沿いにも牧場がありますが、郊外へ行けば行くほどたくさんお馬さんを見られました。
カメラ構えたら固まっちゃった…
d0225149_19152850.jpg
シメントリーな構図
d0225149_19153445.jpg
お洋服の綿がすごい!まるで半纏だ。
大切に育ててもらってるんだねえ~(なぜか感涙)
この後おじいさんに連れられて厩舎へ戻っていきました。
d0225149_19153819.jpg

by mayis-havaalani | 2019-01-19 14:10 | 放浪 | Trackback | Comments(6)
Bishan Bus Interchangeから54番のバスでクラークキーへ戻ってきました。
d0225149_16291987.jpg
そろそろホテルへ戻って預けたスーツケースを受け取る時間です。
旅行中でこの時間が一番嫌いです。
頭の中で♪帰りたくない~帰りたくない~♪と歌っています。
d0225149_16284533.jpg
そういえば今回の旅で全く甘味を口にしていなかったことを思い出し、クラークキーセントラルをのぞいてみました。
d0225149_16285860.jpg
何か決めきれないな…
空港で何か食べるか。


ホテルでスーツケースを受け取ります。
「タクシーを呼びましょうか?」と言われたけど断って歩きます。
ふふふ、帰りは心に決めていた経路があるんだ。

MRTでクラークキー駅からセンカン駅へ向かいます。
駅前モールのCompass Oneをのぞいてみました。
d0225149_16282310.jpg
スーツケースがまあまあ重いのでガッツリ歩き回る訳にも行かず、スタバでコーヒーをしばきます。

Hot Brewed Coffee(Tall:$3.80)
d0225149_16280995.jpg
はあ…ワンタンミーかローミーが買えるぐらいのコーヒーか。
(日本のスタバで同一商品を買うと¥320+税なので、世界的に同じくらいの値段にしてあるのか?)
ここで小一時間ぐらいボ~っとしていました。


やっと重い腰を上げ移動します。
やって来たのはCompassvale Bus Interchangeです。
d0225149_16275424.jpg
2017年3月に開設された、まだ新しいバスインターチェンジです。
今のところSengkang西側区域を走る374番とチャンギ空港行きの110番の2路線のみですが、路線がもっと増えてこの地域をぐるぐるできたらうれしい。

ちょっと早く来たのでトイレにでも寄るか~と思ったら、110番のバスがちょうど来ました。
d0225149_16273641.jpg
2階建てではないので少し残念ですが、新型バスでノンステップ車両だったので乗りやすかったです。
ここからは私を入れて6~7人が乗車しました。
でもセンカンのHDBを回っているうちに少しずつ下車していき、チャンギ空港まで行ったのは私と若いカップルだけでした。
この路線は空いていてお得かもしれない。


d0225149_16271493.jpg
チャンギ空港手前の高速道路で渋滞に巻き込まれました。
20分ぐらいのろのろ運転が続きます。
金曜の夜だからかなあ。


Compassvale Bus Interchangeから約1時間でチャンギ空港へ着きました。
冬服に着替えてチェックインです。
d0225149_16265729.jpg




by mayis-havaalani | 2018-05-24 05:24 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
おやつを食べてボ~っと風景を眺めていたら、雨雲が近づいてきました。
d0225149_14123665.jpg
36階のSky Gardenなら屋根がしっかりあるはずなので、そちらに移動します。
d0225149_14105347.jpg
こちらは47階より植樹が多くて、より落ち着ける雰囲気です。
d0225149_14111284.jpg
47階と同じように固定丸椅子とテーブル、ごみ箱が用意されています。
スコールの前だからか、平日の半端な時間のせいか空いています。
d0225149_14121828.jpg
こうやって撮っているうちにデジカメの電池が急に終わりました。
あれー?昨日充電したはずなんだけど。
ここからはスマホのカメラに代わります。
モバイルバッテリーを持って来ましたが、バスアプリでかなり電池を消耗するので間に合うのか不安です。


d0225149_14124822.jpg
焦っている間に雨が降りだしました。
屋根が深いとはいえ、かなり吹き込んできます。
一番奥のテーブルに座って雨宿り開始です。


1時間ほど経って、やっと雨が一時おさまってきました。
下へと降ります。


d0225149_14131508.jpg

シェルター伝いにBlk85へ来ました。
こちらの1階には駐車場・託児所(保育園か児童館かも)・ホーカー・スーパーマーケットがありました。
ホーカーでは気怠そうに雨宿りしている方が多かったです。
何のストールが入っているか見なかったなあ。
d0225149_14134900.jpg
スーパーマーケットは激安で知られる中華系の昇松/Sheng Shong(HP)が入っています。
ここで買い物したことないんだよなあ。
今回も行かなかった。行けばよかった。
d0225149_14132897.jpg
雨足がおさまりませんが次の場所へ移動します。



by mayis-havaalani | 2018-05-21 05:16 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
ティオンバル・パークから122番のバスでDawson Roadへやってきました。
d0225149_14034907.jpg
ここはオシャレスポットのデンプシー・ヒルの下辺りです。
kay Siang Roadの向かい側にはBlack and White House(詳しくはこちら)が深い木々の中に立ち並んでいます。
d0225149_14033044.jpg
今にも降り出しそうな厚い雲の中訪れたのはSkyville@Dawsonです。
d0225149_14040974.jpg
一見プライベートコンドのように見えますが、れっきとしたHDBです。
こちらに無料の展望スペースがあると聞いてやって来ました。
HDBの展望スペースと言えばThe Pinnacle@Duxton(HP)が有名ですが、あそこは人数制限有り有料($6.00)日陰が少ない等日中では厳しいところです。
ここは今のところ人数制限なし!・無料!・屋根有り!
今後どうなるか分かりませんが…(シンガポールあるある)


早速お邪魔しまーす。
d0225149_14042896.jpg
この建物はBlk86・87・88と3つの棟がありますが、今回はBlk86にお邪魔します。
d0225149_14044870.jpg
エレベーターは4基です。
住人の親子連れの方と一緒に待ちます。
(親子ゲンカ中らしくこっちが気まずかった)

目的地のRoof Gardenは47階ですね。
いきなりカメラを取り出しボタンを写す妙齢のヘンな人に親子ゲンカが止まります。
d0225149_14053017.jpg
d0225149_14051205.jpg
47階に着きました。
d0225149_14100516.jpg
私は高い所が大の苦手なんですけど、旅のテンションで来てしまいました。
「バカと煙は高い所に上る」ってあれか。
d0225149_14061677.jpg
何ていうかギリシア風っぽい柱ですね。
屋根の面積が限られているのでスコールが来たらびちょびちょになりそうです。

屋根の中にホーカーみたいな固定丸椅子とテーブルのセットがあります。
ごみ箱もあるので便利ですね。
何組かの方が座ってのんびりくつろいでいました。
d0225149_14095115.jpg
階段を降りて見える景色を写真におさめます。
眼下に広がる景色に足腰がガクガク震えて、ピンボケ写真を量産しながらがんばりました。


ブキティマ方面
d0225149_14063937.jpg
タングリンからアンモキオ方面
d0225149_14070074.jpg
リバーバレーからオーチャード方面
クレーンの下に見えている大きな建物はブルネイ・ダルサラーム高等弁務官事務所
d0225149_14080836.jpg
クラークキーからラッフルズ・プレイス方面
d0225149_14075150.jpg
チャイニーズ・ガーデンからトゥアス方面
d0225149_15320157.jpg

ケッペルベイ方面
d0225149_14072509.jpg



すっかり高さに震えあがってしまったので、落ち着く為におやつを食べましょう。
Istimewa kitchenのマダム、本当にありがとう。
ピサン・ゴレンの甘味で心が落ち着きました。
d0225149_14092748.jpg

~その2に続く~


More ♪こ・れ・が私の~お気に入り~♪
by mayis-havaalani | 2018-05-20 05:47 | 放浪 | Trackback | Comments(2)
The Bedok Market place前のバス停から、2番と33番のバスを乗り継いでTiong bahru Parkへやって来ました。
d0225149_12183245.jpg
ここに来たのは今回しつこく見て回っているHeritage Treesの気になる木があるのです。
Seletar Airbaseで見た木(こちら)と並んで、National Parks BoardのHeritage Treesのサムネイルになっている木です。
実際はどんな感じなんだろうか。

d0225149_12185594.jpg
地図で見る以上に広く感じます。
この辺りの方の憩いの場なんだろうなあ。
太鼓橋のような橋と蓮池もあって、オリエンタルデザインとでも言うのでしょうか。
d0225149_12191763.jpg
公園の北側にある東屋のそばにその木はありました。
で、でかい…。
d0225149_12194194.jpg
Indian Banyanです。
この木についての説明はこちら
d0225149_12205276.jpg
枝振りが大きすぎて全てを一枚に収めるのが難しいです。
幹もザ・熱帯って感じ。
d0225149_12201110.jpg
d0225149_12203068.jpg
無数に伸びた枝状(気根)のものが横へ大きく広がって、手を広げて追ってくるようで薄暮時とか夜中には近寄りたくないなあ。
パワーをもらえるというより、こちらが絡みつかれて吸い取られる気がしました。
おお、昼間なのにちょっと薄ら寒くなってきた。


ティオンバル・パークは1967年に造られ、その時に植樹されたそうです。
宅地開発は1930年代から始まったそうなので、公園の整備は少し後だったんですね。
その頃から植えられたと見られるのびのびと育った木々に囲まれ、街中でプチ森林浴が出来ました。
d0225149_12211466.jpg
d0225149_12215953.jpg
この後はとっておき穴場スポットへ向かいます。




by mayis-havaalani | 2018-05-19 05:19 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
美味しいナシ・パダンと美人マダムの愛情で腹9.7分目のお腹を何とか楽にするため、無理やり歩きます。
ううっマダムの愛が嬉しいが重いっ…
d0225149_23293747.jpg
バス停を調べるためGoogle Mapsを起動させたら、付近にHeritage Treeがありました。
ストールを調べていた時は気づかなかったよ。
気持ちはルンルン・実際はのろのろ向かいます。


d0225149_23300101.jpg
East Villageというショッピングモールの駐車場にその木はありました。
Sea Figです。
大きい木だけど落雷の標的にならないのかなあ。
(群馬だったら一撃だぞ)


目印の看板をパチリ。
d0225149_23302339.jpg
あれ?カトン・パークのMindanao Gumと違って説明文がない木もあるんだ。
National Parks Boardの説明文はこちら


木を見上げてみたら…げげ、何か枝や幹にびっしり生えてる((((゚Д゚;))))
d0225149_23304316.jpg
見ているだけで蕁麻疹が出そうで慌てて目を反らしました。

家に帰って調べたら
・クワ科イチヂク属の半常緑高木で、日本で見られる品種は和名アコウ
・実だと思っているものは花
・イチヂク属は約800種ある
・愛玉子もイチヂク属の仲間(台湾固有種)


風が吹くたびに白い実のようなもの(実際は花)が落ちてきます。
小さい。
小指の爪くらいの大きさしかない。
d0225149_23310437.jpg
Figっていうぐらいだからイチヂクなんだろうな。
食べられるかなうへへ…とやましい気持ちで割ってみました。
d0225149_23312284.jpg
期待通り小さいイチヂクだったけど、中から虫が出てきて慌てて手放しました。
情報によると「完熟しても人間にとって美味しい実ではない」らしい。
食べなくてよかった。
(腹一杯なのにまだ食うのかい)


この辺の街路樹はのびのび大きく育ってますね。
枝ぶりが良いというよりすくすく縦に伸びた感じ。
d0225149_23314625.jpg
ここシンガポール通諸先輩方のブログで見たぞ!
でも今はお腹ちぎれそうで見に行く気にも食べる気にもならない…。
d0225149_23323610.jpg

この後、近くのバス停からある場所へと向かいます。







by mayis-havaalani | 2018-05-18 05:10 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
遅めの朝食をとった後、午前のアクティビティの始まりです。
よし9:00を回っているぞ。
すっかりハマったOBIKEアプリ起動!
d0225149_18394520.jpg
(自転車の表示が出るまで少々かかります。自分で自転車を見つけてロック解除した時が多かった)
すっかり歩くより自転車移動が板に着きました。
猛烈に日焼けするんだけどね…。

炎天下の中Fort Roadを南下します。
むむ、先人のブログで読んだがMRT新線の工事をどっかんどっかんやってるぞ。
d0225149_18382780.jpg
この工事が曲者で歩道は狭いし迂回させられるし、正直自転車でなかったら諦めて帰っていました。
d0225149_18283586.jpg
カトン・パークへ行く表示を1回見逃して、無駄汗かいた。
歩道が狭いので「自転車を押して歩きなさい」と表示が出ています。
d0225149_18291973.jpg



そんなこんなでGoogle先生から「歩いて9分だよ!」と言われた道を、自転車で13分かかってやっと到着しました。
カトン・パーク(Katong Park)です。
d0225149_18300048.jpg
大きな木が多いので日陰が多いし、遊具やトイレ、ドッグランが整備されています。
ここへ来た訳は暴走チャリをしにきたのではなく、1本の珍しい木の為です。
d0225149_18303819.jpg
一見背の高いひょろりとした木ですが幹に注目
d0225149_18321380.jpg
ムンクやゴッホの絵の色使いみたいで素敵!


この木はMindanao Gum(学名Eucalyptus deglupta/和名レインボー・ユーカリ)といって、北半球でも育つユーカリの一種だそうです。
樹皮がはがれることでカラフルな色が出現するとか。
耐寒温度0℃なので、北海道ではまず見られないですが本州なら条件が合えば育ちそうですね。

この木もHeritage Treesの1本です。
d0225149_18311381.jpg


ミンダナオ・ガムに満足して振り返ると、古い遺跡がありました。
d0225149_18351798.jpg
d0225149_18360682.jpg
旧英国植民地政府が1879年にこの地に砦を建てました。
その遺構が残っています。
d0225149_18365002.jpg
昔はここが海峡の前線基地だったんですかね。
そういえばマリンパレード・ロードが海岸線で、大邸宅がそこに沿って建てられたという話をどこかで聞いたことがあります。
水たまりに何かいそうでよく見なかった。

d0225149_18373513.jpg
伸びやかな木々と社会見学を見終えた後はランチです!
(さっき食べたばかりやないかーーい)





by mayis-havaalani | 2018-05-16 05:26 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
6:10am
マーライオンのもとにたどり着いたものの、早朝は放水していないですね。
d0225149_14452863.jpg
ちなみにこの日の日の出時刻は6:59amです。
ちょっと出動が早かったなあ~。
明るくなるまでその辺うろつくか。


d0225149_16111001.jpg
マリーナエリアへと繋がるJubilee Bridgeです。
ここも本気のランナーの方やウォーキングの方が多かったなあ。
さすがにこの時間うろうろしている観光客は少ないです。


d0225149_16102755.jpg
南に進んでThe Fullerton Bay Hotelです。
海に浮かぶ豪華客船みたいだなあ。
ボールルームがビクトリア調の装飾でしばし見とれていました(不審者)。
d0225149_16095042.jpg


給水したり、あちこちうろついているうちに日の出の時間が近づいてきました。
拙い写真ですが明るくなっていく様子をお楽しみ下さい。
d0225149_16085284.jpg
d0225149_16081777.jpg
d0225149_16074342.jpg
d0225149_16070310.jpg



雲が多いけど満足!OBIKEよありがとう!!
d0225149_16310202.jpg

OBIKEアプリを開いたら、現在の料金が2ドル間近だったので帰路につきます。
ああ~楽しかった。
d0225149_16151696.jpg
この写真を撮って直進した際、うっかり歩道のない片側5路線の道路につっこんでしまい、冷や汗をかきました。
頭の中に「事故ったら自己責任」の言葉が浮かんだ数分間でした。

帰り道中Cross Streetでホーカーを見たのですが…↓
d0225149_16060648.jpg
ここが再開発中の「ゴールデンシューカーパッk」のFCか。
朝から活気がありました。
ここで朝ごはん食べてもよかったなあ。




7:10am
ホテル真向いのバス停に無事帰りました。
d0225149_16120923.jpg
走行経路が合ってるような合ってないような…
停止時間が多かったから片道扱いになった?
80分漕いで$2.29でした。
ギフトコイン内の$3.00を超えなくてよかったです。

ホテルへ帰って帰り支度を済ませます。







by mayis-havaalani | 2018-05-14 05:07 | 放浪 | Trackback | Comments(0)