おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る

タグ:家の料理 ( 52 ) タグの人気記事

今年のシンガポール旅行で好きになったローミー(Lor mee)。
いかにもアクが強そうな見た目に反し、もちもちの平麺とあっさり醤油味の餡かけスープに多彩な具材。
d0225149_20190880.jpg
(写真はTiong Bahru Lor Mee@Tiong Bahru Mkt&FC)

ブロ友さんでシンガポール通大先輩のLeeさんlovehorseさんが食べられているのを拝見し、気にはなっていたけどずっと食べないでいたのを後悔した。
こんな滋味なローカルフードを見逃していたとは!
もっと早く食べればよかった。


そもそもローミー(鹵面)とは…
福建の人達からマレーシアやシンガポールに伝わった。
卵入りの麺・平麺・米粉にデンプンでとろみをつけたスープをかけ、卵や肉、魚、フッシュケーキ(かまぼこのようなもの)を載せお好みでチリソースと酢、ニンニクを入れて食べる。



しばらくはシンガポールへ行けない。
でもあちこちで旅行記を見たら行きたくなる。
ならば家で出来る範囲で楽しめばいいじゃん(*゚▽゚*)
なるべくスーパーで手に入る食材を使ってローミーを再現してみました。



☆材料(2人分)☆
d0225149_20124261.jpg
◎グレービー
水 700cc
中華スープの素 大さじ1
醤油(薄口 濃口でも可) 大さじ1と1/2
老抽(中国の色付け醤油) 大さじ1
酒(紹興酒がいいけど日本酒でも) 大さじ1
オイスターソース 大さじ1と1/2
椰子砂糖(なければ黒砂糖) 小さじ1
 
A:タピオカでんぷん(なければコーンスターチ) 大さじ3
  水 大さじ3

◎麺
フェットチーネ 200g(1時間くらい水に浸しておく)

◎お好みの具材
・茹でもやし ・茹で卵(煮卵だとよりおいしい)
・豚角煮のスライス ・揚げかまぼこ 
・揚げワンタン/魚の唐揚げ/海老のフリッターなど何か揚げ物

◎薬味
・生ニンニク:みじん切りかすりおろし
 (お腹の弱い方は揚げニンニク)
・刻み生唐辛子かチリソース
・黒酢
・香菜(お好みで)


1)鍋にA以外のグレービーの材料を全て入れ煮立たせる

2)Aを入れとろみをつける
 あまりドロドロすぎず、あんかけうどん程度に
d0225149_20140498.jpg
3)フェットチーネを茹でる
 湯2リットルに対し重曹大さじ1を入れた湯で茹でる
 茹で時間は1~2分
d0225149_20142811.jpg
4)茹でた麺を器に移し、2のあんをかけお好みの具材と薬味を盛りつければ出来上がり
d0225149_20144478.jpg


***メモ***

・とろみは片栗粉でつけないほうがいいです。
あればタピオカでんぷんがいいですが、なければコーンスターチを使って下さい。
とろみの持ちがよい気がします。
(気のせいかも…化学的にはどうなんだろう)

・椰子砂糖はシンガポールのスーパーで買いました。
黒糖よりちょっとコクがあります。
固形状なので刻んで使います。
d0225149_20153630.jpg
d0225149_20130235.jpg
・フェットチーネは2時間以上水に浸すと麺が溶けてねろねろになります。
(多分小麦粉の配合が多いやつを使ったのと、生地が薄いせいかも)
ご注意ください。
d0225149_20132625.jpg
スーパーで中華平麺が売っていないので、どこかで知ったライフハックの
「パスタを水に浸してから茹でると生麺みたいになる」
「パスタを重曹入りの湯で茹でると中華麺っぽくなる」
を応用しました。
見た目も味もちょっとだけミーポッ(Mee pok 麺薄)っぽい。
d0225149_20150241.jpg
・スーパーのお惣菜売り場をウロウロしてトッピングを探します。
今回は揚げカニ入りしゅうまいにしました。
餡かけにカリッとした揚げ物は合う!
d0225149_20134538.jpg


上記の配合だと「最大公約数」的な味付けなので、有名ストールのようにリッチな味にするには何を足したらいいんだろうか…。
出汁や具を工夫したりするしかないのかな。

とりあえず見た目だけはローミーっぽく仕上がっています。
どうぞお試しください。

[PR]
by mayis-havaalani | 2018-10-25 06:26 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(4)

3食ひとり飯再び

オットがソウルへ旅立ちました。
自力で手配して、全くのフリープランです。

実は私ソウルに行ったことがありません。
オットの手伝いで調べているうちに興味がわきましたが、オットとのスカイプで「やっぱり食べ物が何でも辛いわ」と聞いてから二の足を踏んでいます。

オットの居ぬ間にひとりで優雅に怪しいものを作って食べちゃうぞ( ̄▽ ̄)


朝からインド飯!
プラタ・エッグカレー・ポテトフライ
d0225149_20020581.jpg

プラタは業務スーパー(HP)で買いました。
5枚入りで198円です。
d0225149_19594978.jpg
d0225149_20000380.jpg
フライパン調理とオーブントースターで焼くのとどっちが美味しいか比べてみましたが、完全に好みだなあ~。
(左:オーブントースター 右フライパン)
d0225149_20001636.jpg
オーブントースターはクロワッサン状に層がはっきりする。
フライパンはカリカリ感と香ばしさが際立つ。

ポテトフライはブロ友さんBE SPICY!のpudinaさんの記事()を見て作りました。
チリパウダーを買い忘れて豆板醤で作っちゃったけどOKかな(汗)
とってもおいしく出来ました!
これはハマりそうだ。
d0225149_20012980.jpg

エッグカレーはインド料理店で働いていた時、たまに賄いで出て嬉しかった品です。
普段はダール・首つる(チキンスープをとる鶏ガラ)・大根またはじゃが芋のどれかだったなあ…。
誰かの誕生日の時は、ゆで卵がオムレツになっている時もあった。
ポテトフライを作ったあとの残り油で作れるから無駄がない。
d0225149_20014845.jpg
プラタでポテトフライを包んで食べると最高。
効率の良いデブ活だな(/_;)
d0225149_20022604.jpg

朝プラタがヘビィだったので夜は居酒屋メニューで。
新れんこんとブロッコリーのアヒージョ・千切り野菜のポン酢かけ・カマンベールチーズ・果実酢のソーダ割
d0225149_20011331.jpg
アヒージョはまたまたブロ友さんMacんち日記のb_macd さんとこの舞茸のアヒージョに影響されて作りました。
私アヒージョ知らなかったんです|д゚)
セカイ ハ ヒロイネ…
最初鮭の白子で作ろうと思ったが、スーパーに行ったらいい白子がなかったので考えて作ったのがれんこんでした。
素直に舞茸にすればいいのにねぇ。
スキレットでじっくり焼くれんこんはうまいっ!
この後おかわりでまたれんこんを焼いて食べました(;´∀`)
d0225149_20005930.jpg



翌日、朝から怪しいものを作って食べる。
(詳細はしばしお待ちを)
d0225149_20004509.jpg

夕飯はオットが出かけてからまともなご飯を作ってないと思い、ご飯を炊く。
d0225149_20024465.jpg
ご飯(玄米)・味噌汁(葱とわかめ)・コンビーフとじゃが芋のスキレット焼き・千切り野菜のポン酢がけ・ぬか漬け(きゅうり)

コンビーフともやしの下はじゃが芋です。
当初じゃが芋のみにする予定が、コンビーフに対して野菜が少ないと思いカサ増しでもやしを入れました。
これもにんにくオイルでじっくり焼き上げています。
オットもニンニクまみれで帰ってくるだろうからこっちも対抗だー。
d0225149_20030297.jpg

向うで面白いお土産を買ったそうなので帰ったらご紹介しようと思います。

[PR]
by mayis-havaalani | 2018-10-23 20:52 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(8)

秋の味覚を食べつくせ

群馬の実家から山盛りいっぱい野菜と果物が送られてきました。
d0225149_18370477.jpg
4月に帰省した際、畑を拡張していろいろな果樹を植えたのを聞きました。
(連日の雨で畑参観が出来なかった)
父が「老後の楽しみに」と梨・りんご・さくらんぼ・プラム・桃などを植えたそうです。
母と妹は「虫がたかるし自分が倒れた時のことを考えていない!」と怒っています。
まあ送られたものは有り難いのでおいしく頂きましょう。



まず栗をいただきます。
丸々太って食べ応えがありそうです。
d0225149_18371687.jpg
去年も送られてきたけど、大方痛んでたんだよなー(´・ω・`)
今年はどうかな~。


不安的中。
1キロあったのに生存率2割という驚くべき数字です。
ほぼ腐っているか虫食いでスポンジ状でした。
d0225149_18372891.jpg
母は「今年採れた栗で正月は栗だけの栗きんとんを作る♪」と言っていたから、向うでは無事なんだろう。
オットに「剥いてる顔が般若になってるよ…。」と恐れられました。


無事な栗を栗ご飯にしました。
甘くてオイシイ~♪
d0225149_18373758.jpg
あーあ、栗が全部無事なら半分モンブランにしようと思ったのに…ぶつぶつ…。
ついでにこの日の献立は
d0225149_18374620.jpg
麻婆春雨(肉の代わりに高野豆腐)・ぬか漬け(大根・蕪)・味噌汁(キャベツ・人参)・なめたけ(自家製)


続いて南瓜
母から「ちょっと水っぽい」と聞いたので洋風にするか。

ど定番でグラタンにしました。
グラタンが恋しい季節ですね。
d0225149_18380566.jpg
南瓜を蒸し煮にして炒めた玉ねぎとソーセージを合わせ、トマトの角切りをトッピングしました。
トマトの酸味で南瓜の甘味が抑えられてさっぱり食べられます。

あとは直球勝負でカレー
人参・豚肉・南瓜の取り合わせで疲れ目に勝つ!
d0225149_18375715.jpg

小ぶりなわりに甘かった梨
おすそ分けしたり毎日食べても余ってしまい、味がボケはじめた梨をコンポートにしてゼリーにしました。
余っていたレモン汁と白ワインも投入して冷蔵庫整理も出来た。
加熱した和梨もうまいもんだ。
d0225149_18381484.jpg

自分で採ってないが、今年初物のたち(鱈の白子)
d0225149_18382485.jpg
今まで食べられなかったけど、焼酎やウイスキーなど辛口の酒を好むようになってから徐々に食べられるようになりました。
ちょっと今回焼きすぎたかな。
バター醤油焼きで食べました。


料理本を見て作ったきのこ鍋
d0225149_18383312.jpg
どなたのレシピか忘れた…(-_-;)
色々なきのこ・牛肉・コンソメで作る韓国風の鍋です。
きのこの取り合わせによって味の深みが変わるのが面白い。
〆はご飯よりうどんの方が合う。

[PR]
by mayis-havaalani | 2018-10-18 08:33 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(12)
過日のシンガポール旅行で購入したレンダン(ルンダン)の素でチキンレンダンをつくりました。
チキンライスとグリーンカレーは好きだけど、さほど東南アジア料理に慣れていないオットに受け入れられたのでしょうか?
d0225149_13380026.jpg


まずは袋の裏を見て材料と作り方を確認する。
d0225149_13381520.jpg
「鶏肉1.2kgを炒めペーストと水100ml、濃いココナッツミルク200mlとともに煮込め」
※意訳


鶏1.2kgとは豪快だなあ…。
今日安売りだっけ?とか何とかぶつぶつこぼしながら材料を揃える。
d0225149_13384527.jpg
鶏肉は予算の都合により胸肉と手羽元の両方買いました。
骨付のほうが味が出ていいだろう。
d0225149_13385509.jpg

レッツクッキング~♪
鶏肉に焼き目をつける。
塩をふったほうがいいのかな~とか、小麦粉まぶしたいな~とか頭をかすめるが、作り方に従って何もしないで焼き付ける。
d0225149_13390623.jpg
深鍋に移し、レンダンの素・水・ココナッツミルクを加えひたすら煮込む。
ちょっと焦げつきやすい。
d0225149_13391724.jpg
30分後…んん、まだ煮込みが足りないぞ。
d0225149_13394071.jpg
この間にナシ・パダンっぽさを出すべく野菜の添え物を用意する。
シンガポールで食べたナシ・パダンに倣ってキャベツ・人参・桜海老の塩蒸し煮と、もやしと香菜をナンプラーとレモン汁で和えた物を作った。
この日は寒かったので夏らしさ満点の添え物に心が躊躇する。
d0225149_13402183.jpg
1時間後…おっ煮汁がトロッとしていい感じだぞ。
d0225149_13395165.jpg
出来上がり♪
d0225149_13403359.jpg


感想はあまり芳しくなかった(爆)
オット:「これさあ~、カレーなの?味足りない(醤油をかける)。」
mayis:「すごいココナッツ感だな!しかも辛いし(半泣)」

シンガポールでおいしい味を知ってしまうと同一視するのが難しい。
全く別物の「チキンのココナッツスパイシー煮込み」と思えば食べられる。
シンガポールへ行きたいよう…。

ということで、我が家にとってチキンレンダンの素は「また買いたい&また食べたい」と思わせるインパクトを与えず過ぎ去っていきました。

[PR]
by mayis-havaalani | 2018-10-15 06:21 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(4)

とうもろこしご飯を炊く

旬のとうもろこしを使って、最近話題になっているとうもろこしご飯をこしらえました。
北海道に来てから「とうきび」と言う機会が多くなったので、「とうもろこし」と打つのが若干違和感があります。
そういやスーパーのPOPもこっちは「とうきび」が優勢だな。
以下とうもろこし=とうきびです。
d0225149_16315978.jpg



まず生のとうきびから粒をはずします。
d0225149_16321235.jpg
ぶきっちょなのに桂むきの要領でやったら指を切りそうになりました(笑)
いや笑いごとではないか。
1本でお椀約1杯ぐらいの量でした。



ひげは乾かして炒ってお茶にしてみよう。
d0225149_16322397.jpg
大体の料理本を見ると
米2~3合:とうきび1本の割合が多いですね。
節電の折、1回で炊飯を済ませたいから4合炊いちゃえー。
そして白米炊く時は胚芽押麦入れてるんだよな。

結果ぎりぎりの水位の炊飯量となる。
大丈夫かこれ…。
甘味が出るそうなので芯を投入し、塩小さじ2と酒大さじ2を入れてスイッチオン♪
d0225149_16323598.jpg


炊き上がりにバター1かけと醤油大さじ1を混ぜ、香りづけにします。
d0225149_16324833.jpg

出来上がり!
d0225149_16330132.jpg
バターと醤油を入れなくても充分美味しい。
とうきびの甘味と粒々感で満足できます。
炊いているとき、なんとも香ばしい良い香りが部屋の中に広がりました。



ついでにこの日食べたもの
d0225149_16331299.jpg
もう1本のとうきびは、すり身・おから・長ねぎ・生姜を入れてすり身焼きにしました。
あともやしの味噌汁・生姜入りなめたけ・だし(きゅうり・大葉・パセリ)・ぬか漬け

今回は炊き立てを食べたけど、焼きおにぎりにしてもおいしそうです。
さらにお茶漬けにしたらうまそうだ~♪

[PR]
by mayis-havaalani | 2018-09-23 06:31 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)

発酵狂

最近ロハス女子の間で豆乳ヨーグルトを
作って食べるのが流行っているらしいです。

うちはTVがないしとっくに流行なんぞ
終わっているかもしれない。

ロハスでも何でもない、ただの
発酵物マニアですが挑戦しました。
こんな寒いのに乳酸発酵できるのか。
(↑分かりやすい伏線)

まずは種菌づくり。
玄米少々を水に浸け発芽させる。
冬だから丸二日かかった。
発芽した米と水少量をミキサーにかけ
すり潰す。
煮沸消毒した瓶に米の液体と、倍量の
無調整豆乳を入れて温かい場所で発酵させる。
d0225149_17255645.jpg



◯4日後
d0225149_17270155.jpg
d0225149_17272928.jpg
う〜ん…これでいいのかなあ(汗)
固まりみたいなやつをすくって温かい
豆乳に入れて保険にヨーグルトをちょいと
入れて発酵すれば出来ると思うがなんか
自信がない(=_=)

ちょっと味見を。
ぐふっ…玄米のえぐみ・豆乳の味
納豆臭と酢酸菌の味はなし。

いいや、発酵の勢いがいいから
パン酵母に進路変更だ。


◯小麦粉で種継ぎし3日後
d0225149_17401452.jpg
おお、いい感じ。
さっそくパンを焼こう♪

なんか生地がでろ〜んとしてる。
d0225149_17414171.jpg
焼けた。
d0225149_17420904.jpg
相変わらず不格好に出来ました。
特別米の風味とかはなかったです。

発酵しやすい春になったらまた挑戦します。



[PR]
by mayis-havaalani | 2016-01-25 06:15 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(4)

野菜だらけ

こわ〜い話。
両実家から力いっぱい畑で取れた野菜を
ほぼ同時期にもらう((( ゚д゚ ;)))
d0225149_10121568.jpg
(これ以外に同じ量のじゃが芋と玉ねぎ有)

曲がりなりにもなんちゃってベジの
端くれ、食べまくりましょう。

大根が5本あるの集中して攻める。
まずは大根プルコギ
d0225149_10155315.jpg
大根・ニラ・人参・白菜を味噌や
豆板醤、家にある調味料で何とか韓国風に
味付ける。
思ったより大根の水分で味がぼやけ
ただの味噌炒めになった(--;)

北海道といえばスープカレー
d0225149_10204090.jpg
もらった野菜をこれでもかと投入。
ベースは市販の素を使って、冷凍庫に
コールドスリープされていたココナッツミルクを
入れてまろやかさを足す。
味が染みた大根がうまいっ!

大根ハムカツもどき
d0225149_10233429.jpg
これは庄司いずみ氏の野菜だけで作る料理の
本を見て作ったもの。
グリルで油を使わず焼いただけなのに
ソースをかけたらカツっぽい味だった。

左のタッパーは浅漬けキムチです。
辛味は豆板醤で、味の深みはナンプラーと
味噌、甘みはリンゴのすりおろしです。
オットが気に入り常備菜決定!
いつまでブームが続くかな?
(作る人は飽きている)


大根もち簡便版
d0225149_10264953.jpg
香港の大根もちが大好きなんだけど
作るのが時間がかかる。
大根おろしに葱・桜えび・ごま・白玉粉・塩
胡麻油・おからを入れて団子状にまとめ
フライパンで焼けば出来上がり。
おからで少々糖質カットとたんぱく質の
補給をはかる。

大根餃子
d0225149_10314857.jpg
塩を振ってぐんにゃりした薄切り大根で
餃子の種を挟んで焼く。
これは銀行でオレンジページの大根活用術を
読んで真似したもの。
焼くと具がもにゃ〜とはみ出たけど
肉ならくっついたままかな?
(私の餃子の種はおからか大豆か雑穀)
酢多めで食べるとさっぱりしていくらでも
食べられて困る。


さつま芋も入っていたが
d0225149_10365376.jpg

…いえ、何でもありません。


品種は不明だが切って見ると中が
ピンクのようなオレンジがかった色です。
d0225149_10391305.jpg

とりあえず箸休めに小豆と一緒に
いとこ煮と
d0225149_10401988.jpg

おやつに鬼まんじゅうを作りました。
d0225149_10405752.jpg
小麦粉と砂糖と水だけあれば作れるので
簡単で腹持ちもいい。
ねっとりした食感のさつま芋でした。
焼き芋にした方が向いてたかもしれない。

こんな感じで着々と消費してます。




[PR]
by mayis-havaalani | 2015-12-08 14:08 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(8)

ピザまんをつくる

毎日肌寒くなると、温かいまんじゅう類が
恋しくなりますね。
では作ってみましょう!

皮の材料 (出来上がり直径約10センチ/16個分)
薄力粉 450g
強力粉 50g
ベーキングパウダー 大さじ2
インスタントドライイースト 小さじ2
砂糖 90g
塩 小さじ1
牛乳 50cc
ぬるま湯 200cc
ラードまたは菜種油 20g
※半量でも出来ます。


1)粉2種類とベーキングパウダーを合わせてふるう。
2)ボウルにふるった粉類と砂糖・塩・
 イーストを入れ軽く混ぜる。
3)2)のボウルに牛乳とぬるま湯を入れて粉気が
 なくなるまで混ぜてから台の上で5分ほどこねる。
4)ラードを入れ生地がなめらかになるまで
 3分ほどこねる。
5)温かいところで1時間半〜2時間発酵させる。
発酵はジッパー袋に入れて冷蔵庫で一晩置いても
大丈夫です。
d0225149_16061841.jpg



中の具をつくる。

トマトソースを手作りしましたが、市販の
ピザソースやパスタソースでもOKです。
d0225149_16095891.jpg

材料はトマト水煮缶・玉ねぎ・ニンニク・
オリーブ油・塩・ハーブミックスです。

具はお好みのものを。
今回はサラミソーセージ・ピーマン・
マッシュルーム・モッツァレラチーズをそれぞれ
角切りにして入れましたが、ソーセージでも
コーンでも好きな組合せでどうぞ。

トマトソースと用意した具をからめて
味が薄ければ塩少々で味を整えます。
ソースは多すぎると包みづらいです。
d0225149_16181787.jpg


生地をガス抜きしてから16等分に分割する。
551か鼎泰豊の職人になったつもりで包むべし!
d0225149_16283110.jpg
欲張って中身を詰めようとすると
写真のように中身が包みづらいです。
15分ほどぬれ布巾をかけて生地を休ませます。

蒸し器に並べます。
倍の大きさに膨らむので離すこと。
d0225149_16335938.jpg

中弱火の蒸し器で約10分蒸して出来上がり!
d0225149_16351394.jpg

時間がかかるけど、蒸したてのホカホカ感は
格別です。
暇つぶしにどうぞ。
d0225149_16380004.jpg


















[PR]
by mayis-havaalani | 2015-11-03 05:30 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(14)
前回、文字通りあぜ道を食った
のですが目をつけていたアカザを
とうとう食べました。
d0225149_08495234.jpg

※画像は前回の使い回し


定石どおり流水でよく洗う。
葉の裏側にザラザラした水を弾く
粉状のものがついているのでスポンジで
やさしく拭い落とす。
d0225149_08495390.jpg

これがアレルギーの元にもなるそうです。


塩茹でする。
d0225149_08495490.jpg

思ったより少ないけどまあいいか。

こわごわ味見をしたら…イケる!
ほうれん草よりアクが少なくて
甘みがある。

シーフードグラタンに入れました。
d0225149_08495553.jpg

今見たら暑苦しい写真ですが
先月グラタンが恋しい陽気があったのです。


アカザ使いやすいぞ〜(^○^)
今度は油揚げと一緒に味噌汁に
入れたい。




キワモノだけでなく最近食べた料理も
どうぞ。

ゴーヤのカレー味ソテーです。
d0225149_08495626.jpg


わたごと輪切りにしたゴーヤに
片栗粉をはたいて油焼きする。

ニンニク醤油・カレー粉・鶏ガラスープで
タレを作り焼き上げたゴーヤに回しかける。


ほろ苦さとカレー粉の香りで
ご飯が進みます。
もっとシンプルに塩とクミンか
ガラムマサラでもおいしいかもしれない。




[PR]
by mayis-havaalani | 2015-08-14 08:29 | 挑戦 | Trackback | Comments(2)

その辺の草を食べる

去年の冬、オットが私に一冊の本を渡しました。
「これ草の料理が載ってておもしろいよ。
読んでみたら。」
d0225149_6555716.jpg

☆感想
イチゴキャンディのように甘々なストーリーより
シニカルな著者あとがきが一番面白かった<ぉぃ

今まで雑草としか思ってなかったけど
食べられるなら春になったら狩りに出るど!と
決意を固めたのです。


そして月日は流れ5月某日…。
とったどーーー!!
d0225149_6564563.jpg

上左より時計周りに
ヨモギ・タンポポ・フキ

意外と探せば市街地でもあるものですねえ。


まず埃落としに流水で丁寧に洗って浸す。
d0225149_6571119.jpg


ヨモギは葉をちぎり、よく乾かして
お茶にします。
d0225149_657344.jpg

健康茶として売られているものが
原価タダで大量に飲める。
苦みが少ない緑茶のような味です。
気分によりミントやカモミールと合わせ
オリジナルブレンドのハーブティーにして
飲んでいます。



タンポポは生でちょっとかじったら
ゴーヤのような苦みがあった。
春は若葉をチャンプルーに使えるかなあ。

色と苦みを活かしてベジ仕様のジェノベーゼソースを
作りました。
d0225149_658158.jpg

◎材料(全て適宜)
タンポポ・ゆでひよこ豆・くるみ・オリーブ油
味付けに塩・胡椒・梅酢

オリーブ油がうまく苦みを抑えてくれます。
鯖と大量の青葱とともにホイル蒸しにしました。
塩は気持ち多めのほうがおいしいです。
d0225149_6591286.jpg




フキは小さい頃おばあちゃんの手伝いで
皮むきをよくやったなあ。
d0225149_6593752.jpg

あんまり量がないのに爪が痛い(TmT)
d0225149_6595125.jpg


山椒を入れたきゃらぶきを作りました。
私は唐辛子がダメでわさびと山椒は平気だけど
オットは山椒が苦手らしい(;o;)
ご飯が進む味に仕上がりました(^^)v
d0225149_70950.jpg






これらに気を良くしてさらに摘んできた。
d0225149_702837.jpg


シロツメクサの味噌汁です。
茎が口の中でごそごそするものの
つるっとした食感とクセのなさで
かなり食べやすい部類ではないか。

あとそこらじゅうに生えているから
味噌汁の具がない時に最適d( ̄  ̄)ヾ(・ε・。)ォィォィ

欠点は若芽を選ばないとゴソゴソ感に
苦しみます。




最近は食べられそうな草を探して
ついつい空地や路肩を見てしまいます。
歩くのが苦でなくなってきました(^^;)


最近ロックオンした草:アカザ
d0225149_704945.jpg

早く増えろ、増えろ…。
[PR]
by mayis-havaalani | 2015-06-29 07:06 | 挑戦 | Trackback | Comments(4)