おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
腹ごしらえしてもまだ時間があります。
他の場所も見ていきましょう。


出発ゲートの上にさらに何かあります。
エスカレーターを登ると休憩スペースが
ありました。

休憩スペースはベンチや寝椅子のようなソファの
他に家のリビングか?!とツッコミたくなるような
素敵なソファセットがありました。
d0225149_17205307.jpg
奥にラウンジがあります。
これを見ると各社一緒にここを使うようですね。
d0225149_19375836.jpg
今のところは出発便が少ないですが、増築して
からどうなるのでしょうか。


フードコートです。
d0225149_17173170.jpg
片面は国内線方向が見える一面の窓となっていて
明るい雰囲気です。
メニューはこちら。
d0225149_17174774.jpg
d0225149_17183356.jpg
d0225149_17181718.jpg
全種飲めるのかは不明ですが、一升瓶の
ディスプレイがあります。
d0225149_17191026.jpg
ここ2~3年で一気にアルコールに弱くなったのと
席を窓側にしたので、トイレが心配で今回は
飲みません。


この階にも電源付のデスクがあります。
d0225149_17193208.jpg
d0225149_17194714.jpg
共用のフリーで使えるパソコンが置いてありました。


本日はスクートが最終便らしく、免税店は
19:00前に店じまいを始めました。
ゲート全体も何か薄暗い…
d0225149_17211440.jpg
私もお湯の補給とトイレを済ませ出発ゲートに
向かいます。

搭乗する順番は
1,スクートBiz・お体の不自由な方やお子様連れの方

2,28列~42列の後方座席

3,その他全員

d0225149_17215082.jpg
飛行機へ行きましょう。
わあ~エスカレーターで降りるのって
羽田の国際線そっくりだ!
行ってきます。





[PR]
by mayis-havaalani | 2018-04-24 09:28 | 放浪 | Trackback | Comments(4)
出国して制限エリアに来ました。
d0225149_17145915.jpg

何かこの空港仙台空港に似てませんか?
他人の空似かなあ。

あとちょっと寂しいところがありまして…
飛行機が見えづらい。
西日が入るので、素敵な三角窓にシェードが
降りているせいかもしれません。
何とか乗る飛行機をパチリ。
d0225149_17161234.jpg

時間が早すぎるせいかゲートはガラーン。
d0225149_17163731.jpg
まだ時間があるのでうろうろします。


出発ゲートのあるフロアには、2か所
電源付の椅子とテーブルがあります。
d0225149_17165731.jpg
d0225149_17171488.jpg
有線LANのコネクタはなかったです。
全館にFree-wifiがあります。
d0225149_17241447.jpg
飲み物の自販機は2社入ってます。
d0225149_17152679.jpg
値段はこのくらい。
d0225149_17233061.jpg
普段は免税品とか見ないが
ヒマなので一生懸命冷やかす。
(サッポロクラシックのケース売りが安かった)


出発前に腹ごしらえしておくか。
フライトを寝る時間に充てたいのと
機内食が有料なのでしっかり食べておきます。
d0225149_17202021.jpg
家で握ってきた鮭おにぎりと国内線ターミナルで
買ったふうれん大福2種
左:メロン大福
右:玄米バター大福
d0225149_17203829.jpg
大好きなあんこでパワーアップ!

機内食が有料なのは書きましたが
スナック類・飲み物・酒類も有料販売です。
一例:ホットミール単品 S$12
   ホットミール+飲み物 S$15
   カップ麺 S$5
   温かい&冷たい飲み物 S$4
   アルコール類 S$8~
(値段については2018年3月現在)

スクートを調べている時、どなたかのブログで

「飲み物は給水器で水筒に水を入れて密かに持ち込む」

との記事を見て早速実践しました。
※スクート機内への飲食物の持ち込みは禁止されています※

自販機の隣に給湯器がありました。
赤ちゃんへのミルクづくりに最適な60℃です。
写真では見えづらいですが人気らしく
茶葉が散乱しています(;・∀・)
d0225149_17154821.jpg
そして100均で買った耐熱100度・耐冷-20度の
プラボトルに入れて…ほいできた!
d0225149_17200659.jpg
大福にお茶が合う~

その2につづく









[PR]
by mayis-havaalani | 2018-04-23 05:13 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
4/17(火)


今回のシンガポール旅行で利用した航空会社は
スクート(HP)です。
去年の10月に定期運航が始まったことはニュースで
知っていましたがその頃ちょっと体調不良だったので
あまり関心がありませんでした。

年の瀬に入りうっかりHPを覗いたのが運のつき。
成田や羽田を使わず行けるじゃないか!!
その日を境に一気に体調回復o(゚∀゚)ノ
オットの「そんなに行きたいなら行ってきなよ」
の後押しを受け今回行けることになりました。



今回は夜19:45発の便だったのでゆっくり支度して
お昼を食べてちょっとボ~~っとしてから
空港に行けます。
今まで朝4時に起きて「間に合うかな~」と
そわそわしながら成田行きの便に乗らないでいいのです。

国内線ターミナルは有名すぎるほど有名ですが
果たして国際線ターミナルはどんな施設なんでしょうか。
d0225149_16090866.jpg
駐車場にいるから1階から攻めていくか。


1階は団体バス・路線バスの乗り場/降り場と
待合スペースです。
d0225149_16184219.jpg
あちこちにアイヌ文様を使ったデザインや
北海道っぽいあたたかみのある素材の椅子が
置いてあります。
d0225149_16215875.jpg
いつも割と静かなので、トイレはよく借ります(;´∀`)


2階は到着フロアです。
d0225149_16254514.jpg
真ん中のどらえもんのオブジェが大人気でした。
2階・3階共に国内線ターミナルと渡り廊下で
つながっているので雨や雪でも気軽に
往復できます。
d0225149_16262462.jpg
外で何か作ってるけどなんだろうう?
(帰ってから調べたら国際線ターミナルの拡張工事だそうです)

こんな機械がありました。
d0225149_16404840.jpg
是非シンガポールドルとマレーシアリンギットも
使えるようにして欲しい。
(今回ちょっと余らせてしまった)


3階は出発フロアです。
d0225149_16260573.jpg
d0225149_16433477.jpg
同じ時間に撮っているのに明るさが違うぞ?!
お土産屋さんには驚く一品がありました。
d0225149_16264285.jpg
南部鉄瓶はともかく、ランドセルって人気なの?


うろうろ見てるうちにチェックインの時間です。
スクートのチェックイン開始時刻は3時間前でした。
d0225149_16491286.jpg
今回搭乗するスクートTR893便は台北経由です。
チェックインの際乗り継ぎ方法の説明がありました。
そして黄色のシールを渡され、機内に持ち込む
全ての手荷物に付けるよう言われます。
d0225149_16494505.jpg
搭乗券は白地に黒。
d0225149_16493068.jpg
黄色がコーポレートカラーの会社だから
派手派手でくるかと思いきや経費節約か。

さて、もうやる事もないし出国しますか。






[PR]
by mayis-havaalani | 2018-04-22 18:31 | 放浪 | Trackback | Comments(4)
さんまるミュージアムを出たら滝のような
冷たい雨が降っていました。
見えにくい視界に悪戦苦闘しながら
やってきたのはスーパーマーケット!
d0225149_14465042.jpg

旅先ですが一週間分の食料品の買い出しです(^_^;)
冬だし帰ったらもっと寒いから腐らんべ〜。

◯見てびっくりしたこと◯
・当然だが名産のりんごジュースが棚一つ占拠
・ハタハタが普通に、しかも特売品で売ってる
・「どんこ」とか見たことない魚が売っている
・大好きなイギリスサンドが棚エンドで大量販売
 しかも8種類ぐらい売ってるー(*´艸`*)
 コーヒーに小豆、フレンチトーストや地元
 TV番組コラボの桃クリームやリッチチョコなど。
 ぬぅ…全部買いたかった。

空港へ行く途中に夕飯を考えましたが豪雨の中
レンタカーで知らない土地をうろつくのは
得策ではないと思い早々に青森空港へ戻ります。

青森空港2階にはレストランが3軒入っていますが
「ロイヤル」で頂きます。
青森ロイヤルホテルの系列店のようです。

注文したのは
オット:津軽焼干しラーメン大盛り
私:味噌カレー牛乳ラーメン
d0225149_15111424.jpg
ほいきたーヽ(´エ`)ノ
d0225149_15144871.jpg
こってり濃厚で豚骨カレーみたいな
感じでした。
大量のガーリックパウダーが隠し味かと
思われます。

食べ終わって出発ロビーでボケ〜っと
テレビを見ていたらJALからメールが来た。
「青森空港悪天候の為機材到着遅れのご案内」
です。
折り返しというか乗る前の便の新千歳→青森便が
出発遅れになっていたのです。
まあ…待つしかない。

結局15分遅れで新千歳→青森便が無事に
到着後、どんなマジックだか予定通り
定刻出発予定のアナウンスが流れ、
ドリンクサービスがない便なので急いで
りんごジュースを買って搭乗しました。
d0225149_15281560.jpg


ありがとうー青森!
d0225149_15231169.jpg


◯今回のお土産◯
d0225149_15314120.jpg

・イカメンチ…そのままイカの味。
・秋田諸越…豆粉と砂糖の落雁状干菓子
 シンプルかつ甘さ控えめな素朴味
・縄文のまほろば茶…そば・あわ・ひえと
 緑茶が入ったノンカフェイン茶
 出し殻もおいしく食べられます。
・ラグノオの菓子…「いのち」という
 柔らかいスポンジでカスタードクリームを
 包んだ個菓子
 季節限定のぶどうソース入りを購入
・ひばオイル…下駄箱の消臭に最適
・本2冊…さんまるミュージアムショップで購入












[PR]
by mayis-havaalani | 2016-01-05 08:43 | 放浪 | Trackback | Comments(4)
岩木山神社から車を飛ばしてやってきたのは
初日も来た三内丸山遺跡です。
ただいま(^o^)ノ
d0225149_14002804.jpg

オットが「博物館を見ておきたい。」と
言うのでまた来ました。
無料施設ならではの行き方ですよね(爆)
d0225149_14041280.jpg

三内丸山遺跡の出土品の中でも有名な
縄文ポシェット
d0225149_14053544.jpg
樹皮を編み込んだ小ぶりなポシェットに
クルミが入った状態で発掘されました。
水分が多い泥炭層が守ってくれたので
ここまできれいな状態で見つかったそうです。

興味深かったのは一見何もなさげな
この土
d0225149_14084317.jpg
ニワトコ(エルダーベリー)や山ぶどうから
酒を作っていた可能性があるという(゚∀゚)
縄文人やるなあ。

土器で調理すると付くスス
d0225149_14113792.jpg
鍋底が平たいほうが火の周りがよい
イメージがあるけど焚き火で調理するなら
縦長のほうがいいのかなあ。
頻繁に割れたらしくススや焦げのついた
割れた土器もたくさん出土したそうです。

パズルとか根気のいる作業が苦手だから
考古学者にはなれないわ…。
d0225149_14203069.jpg

博物館内にも竪穴式住居の再現住居が
ありました。
d0225149_14230810.jpg

ちょっとやりたくなったのは
おばあさんが作業しているこれ↓
d0225149_14244135.jpg
編布と書いて「あんぎん」と読み
簾と同じ編み方で布が織れるそうです。
ティッシュ箱とかで簡単に出来ないかなあ。
後で調べてみよう。

d0225149_14280577.jpg
上は出土品で見つかった各地の石ですが
三内丸山遺跡を中心に北海道や北陸など
日本の各地と広大な交易ルートを持っていた
そうです。
命がけの航海だよなあ…。

行く前はそれ程興味がなく、疲れたら
椅子に座ってるか〜とか思ってたけど
冒険心がかき立てられる感じでオットを
そっちのけで見てしまいました。
遠いけどまた行く機会があるといいなあ。









[PR]
by mayis-havaalani | 2016-01-03 05:39 | 放浪 | Trackback | Comments(8)
全くの成り行きで向かった岩木山神社ですが
旅の安全祈願と若干の運動を兼ねて
神妙に歩みます。
d0225149_13553069.jpg

調べてませんので写真をお楽しみ下さい(^_^;)
d0225149_13590890.jpg
d0225149_13592919.jpg
d0225149_14051023.jpg

社務所は立派な茅葺き屋根の建物だ!
d0225149_14003977.jpg

重要文化財だっけ(汗)
d0225149_14014340.jpg
岩木山神社は龍の形をした御手水舎が
有名なのですが(オット調べ)、この時は
倒木の危険があるので立入禁止でした。
d0225149_14035901.jpg



心安らかになったら一路青森へ。
県道のりんご畑を縫う道が素敵ー♪
d0225149_14083252.jpg

夕暮れが迫る頃到着したのは…
まさかのあの場所!











[PR]
by mayis-havaalani | 2015-12-28 15:01 | 放浪 | Trackback | Comments(8)
ご馳走を頂いたのに、あの後
先にアップしたイギリスサンド3連戦を
ぺろりと頂いて就寝しました。


しかし朝が来たらお腹が空いた。
朝一で朝食会場へ突入します。

珍しく料理の写真が撮れました。
d0225149_13313428.jpg
d0225149_13320158.jpg
秋田名物のいぶりがっこと
稲庭うどんも並んでいます。
d0225149_13322546.jpg

私チョイス一回目
野菜料理が多くて旅行中の栄養不足も安心。
d0225149_13325435.jpg
オットチョイス一回目
好きなもの食べるんだ(・ิω・ิ)
d0225149_13341652.jpg

おかわりしてアパホテル名物(?)の
カレーを食べる。
ううむ…。醤油が入っているのか和風味だ。
なんか糊っぽい…。
d0225149_13364087.jpg
オット3回目で〆る。
d0225149_13373692.jpg


青森空港発着なので青森市に
戻らなくてはなりません。
予定は未定のまま行きとは違う道で
青森方面に向かいます。

今回の運転は全て私の担当となりました。
自家用車がMTでAT車に慣れてないのと
本州の狭い道にビビった為(^_^;)
北海道は路肩も車線も広いが、本州は
道が狭くて路肩がない道もあるからねえ。

d0225149_13263873.jpg
※くどいがオット撮影

道の駅で休憩しながら約3時間後、
前方にぽっかり目立つ山が見えて来ました。
岩木山です。
d0225149_13294395.jpg
オットが「あの山へ行こう!」と叫んだ。
イエスサー<(`・ω・´)

ナビの言うとおりに進んだら
弘前市内の繁華街を通るよう指示される(ー_ー;)
私は妙な反抗心があるひねくれ者なので
ナビに喧嘩売って裏道を通りたいが
知らない土地だから我慢して運転する。

ナビ様のおかげで弘前城の横を眺め
歴史建造物やおしゃれ建物仕様の
スタバも見られました。
d0225149_13423697.jpg


りんご畑の中をぐいぐい進むと
岩木山が近づいて来た。
d0225149_13444718.jpg
岩木山神社へ到着!
さあ参拝しましょう。
d0225149_13451266.jpg





[PR]
by mayis-havaalani | 2015-12-27 06:05 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
今回の旅行は宿と飛行機以外は
行き当たりばったりなのですが
夕飯もホテルに着いてから
その場で予約しました。

アパホテルから徒歩で約5分、
秋田駅前から伸びる商店街にある
「和ダイニング 広小路 我楽(がらく)」です。
d0225149_11240139.jpg

急な予約なのでカウンター席でしたが
お酒の瓶をたくさん眺められてられて楽しい。
d0225149_11290070.jpg

乾杯の飲み物は銀千樹純米大吟醸です。
d0225149_11302478.jpg
d0225149_11305127.jpg
お花のような華やかな香りで後味キリリ。

お通しの自家製温豆腐
d0225149_11321610.jpg

先付
・ハタハタの南蛮漬け
・いぶりがっことクリームチーズ
・クレソンお浸しとろろがけ とんぶり
d0225149_11343042.jpg
いぶりがっこを初めて食べたけど燻製が深くて
酒が進むっ!
オットはここでクーポンを使い高清水辛口を注文。
辛口がいぶりがっこに合うねえ〜。
お酒の器が一杯ごとに違うので目でも
味わえる。
d0225149_11370794.jpg

お造り
鰤 平目 甘海老 蛸 あいなめ
d0225149_11390933.jpg

焼き物
・ハタハタ一夜干し
・茄子の田楽
・比内地鶏のつくね
・南瓜羊羹 蓮根甘酢
d0225149_11565344.jpg
ハタハタも初めて食べたけど二人して
「上品でふくよかなししゃも!」
比較が…貧乏舌?(;´Д`)





長くなるので続きはこちら
[PR]
by mayis-havaalani | 2015-12-26 12:33 | Trackback | Comments(6)
遺跡を歩き回ったら小腹が減りました。
d0225149_10365369.jpg
この後秋田市までノンストップドライブなので
燃料補給の為「れすとらん五千年の星」で
お昼にします。
燃費の悪い夫婦です。
d0225149_10391911.jpg
↑注:ここはさんまるミュージアムの通路
レストランの外観写真が消えた。

朝の牛丼がもっさりと残像のように
残っているのであっさりしたのがいいなあ。

注文したのはきのこおろし蕎麦をシェアして
d0225149_10423481.jpg
縄文古代飯おにぎりを一個ずつ
d0225149_10430359.jpg

来ましたー(^◇^)
d0225149_10450005.jpg
味の記憶がないけど、ごく一般的な味
だったような。
いや、二人でさっき見た遺跡について
熱く語り合っていたのでメモってなかった。

デザートにちゃっかり栗ソフトクリームも
発注していたようです(;´∀`)(320円)
d0225149_10492194.jpg
栗たっぷりでモンブランみたい。


秋田目指してレッツゴー(≧∇≦)/
運転は私担当で進みます。
リンゴ畑がいっぱい(注:オット撮影)
d0225149_10563190.jpg

今回JALを使ったのですが搭乗券の裏に
ローソンで使える引換券がついていたので
途中休憩で使いました。
d0225149_11013667.jpg
運転中のコーヒーは大事。

高速と国道を経由して約3時間半後
秋田県秋田市に到着ヽ(´エ`)ノ
つっ…疲れた(;´Д`)
泊まったのはアパホテル秋田千秋公園でした。
もうぐんにゃりして投げやり写真ですわ。
d0225149_11070635.jpg
d0225149_11073171.jpg

さて本当に腹減ったーーー!!
夕飯どうしよう。




[PR]
by mayis-havaalani | 2015-12-24 05:34 | 放浪 | Trackback | Comments(2)
三内丸山遺跡では無料の定時ガイドを
一日数回行っています。
特に登録や予約など要らず、下の看板付近に
時間前に集合するだけで参加出来ます。
d0225149_09103332.jpg
私達は12時のツアーに参加しました。
ボランティアのガイドさんの他、私達夫婦を
入れて5名と少人数でゆっくり回れましたが
次の回は25名ぐらいの大世帯だったので
時期や時間帯によるかもしれません。
d0225149_09180290.jpg

三内丸山遺跡は約5,000年前から約4,000年前の
縄文前期から縄文中期にかけてつくられた
遺跡です。
敷地は約40ヘクタールで東京ドームで
約8個分の広さだそうです。
札幌だとモエレ沼公園の約1/8個分。
d0225149_09233993.jpg
上写真奥の鉄塔付近まで海岸線があり
船での交易や海産物を採るのにも
役立ったと言われています。

ドーム型の屋根に守られた南盛土です。
d0225149_09294028.jpg
大量の土器や石器などが土と一緒に
折り重なって地層になっている様子を
観察出来ます。
土の表面に塩分が浮き出ています。
中は大変湿度が高くカビ臭いような
鉄のような不思議な匂いがしました。

次は竪穴住居に入ります(・∀・)
d0225149_09345298.jpg
こちらは地元の方々が復元した住居です。
中は大体4〜6畳ほどであまり広くはないです。
(内部全体を撮ってないのは復元に携わった
方々の名札がずらりと並んでいる為(^_^;))
d0225149_09393496.jpg
丸い穴が囲炉裏です。
d0225149_09401045.jpg
標準的な縄文的一戸建はこんな感じ(^^)
d0225149_09450926.jpg

草ぼうぼうの藪ですがここが北の谷と
呼ばれている泥炭層のゴミ捨て場です。
d0225149_09460561.jpg
水分が多い地層のおかげで数多くの
出土品が発掘されました。
遺跡全体でみかん箱約20万箱もあるそうです。

主食は主に栽培したと思われるクリが
多く、後の時代にはトチも食べた。
ドングリも土器に入れて埋めてあったけど
出した形跡がないらしい。
他にクルミ、ゴボウ、エゴマなども
食べていたそうで最大400〜500人の
集落を支えるのにどうやって食べ物の
やり繰りをしていたのかなあ。

三内丸山遺跡の名物といえばこれ!
d0225149_10093584.jpg
何の目的で建てられたのか不明の
大型掘立柱跡を復元したものです。
直径約1mで高さが約20m級の巨大な
栗の木を使って建てられたものです。
20mの栗の木って…ゴジラか(゚A゚;)ゴクリ

掘立柱跡も見ました。
d0225149_10170060.jpg
地下水が上がってくるので
汲み出すポンプの音が屋内に響いています。
これだけの建物を人力でどうやって
作ったのか気が遠くなる。
d0225149_10192365.jpg


ガイドツアーは遺跡の要所をもれなく
回って約50分で終了しました。
d0225149_10262255.jpg
他にも色々見たけど全部書いたら
長くなっちゃうのでここまでです(^_^;)
d0225149_10214435.jpg

自力で回るより説明を聞きながら
見たから理解が早かった気がする。
ガイドさんありがとうございましたm(_ _)m









[PR]
by mayis-havaalani | 2015-12-22 14:08 | 放浪 | Trackback | Comments(10)