おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

タグ:北海道 ( 60 ) タグの人気記事

初日の夕食は、ホテルへ行く途中にスーパーで購入してお部屋で食べました。
電子レンジはホテルの1階ロビーに用意されています。
d0225149_15334938.jpg

オットチョイス
d0225149_16064244.jpg
つぶめし・レンジでチンする鶏団子鍋・チョレギサラダ・お豆腐

mayisチョイス
d0225149_15335787.jpg
レンジでチンするトマトスープ・トマトサラダ・お豆腐
なぜトマト縛りなんだ…


最近2人の中で「旅行先で地元の豆腐を食べる」のが流行っているのですが、今回も食べました。
地元静内の丸善河田食品さんのお豆腐です。
d0225149_15342414.jpg
d0225149_15342039.jpg
オットは木綿豆腐の「昔のむかし」を、私は絹ごし豆腐の「高級きぬごし清流」を食べました。
どちらもあっさりしていて1丁食べても飽きず、お料理にも使いやすい味でした。

つぶめしが意外に美味。
つぶの風味が出でてうまいー。
d0225149_15342975.jpg
食べる際、オットはPCを私はTVを眺め、お互い背を向けて黙々と食べる姿は家庭内別居を思わせました…。



2日目の夕飯はホテル1階の「レストラン北海」でいただきます。
オットは仕事で疲れて着替えて出かけるのが面倒、私はうろうろ歩きすぎて足の疲労が極限ということで、お互いの利害が一致しました。


朝食時にお料理各種が並ぶテーブルは、外が見渡せるカウンター席になっています。
d0225149_15350338.jpg
飲み物は自由にいただけるとのことでした。
d0225149_15350845.jpg

さて何にしようかな~。
静内といったらつぶ・いかなどの海鮮かね。
d0225149_15345034.jpg
疲れたからお肉もいいなあ。
鹿肉はたんぱく質も鉄分もたっぷりだから疲労時にいいかも。
地産地消でこれにしよう。
d0225149_15345427.jpg
オットは?
「う~ん、カレーが食いたいんだけど普通のカレーがないんだよなあ…。まあこれでもいいか。」
オットはソウル一人旅で辛さ耐性のレベルがさらに上がったのでしょうか?
d0225149_15345831.jpg

オット
レッドエビフライカレーライス(激辛)
d0225149_15351260.jpg
味はどう?
「うん、耐えられる。」
それは味の感想とは言えないような…。
スプーンの先ぐらい味見したら、暴君ハバネロクラスの辛さでした。
勿論のたうちまわりました。
食べなきゃよかったー。

mayis
エゾ鹿肉カットステーキ定食(ご飯少な目で注文)
d0225149_15352159.jpg
「2~3週間熟成させたエゾ鹿肉を使用しています。」とのことです。
噛みしめると牛肉のような風味がありますが、脂肪分をあまり感じないので胃にもたれることなくさっぱり食べられます。
添えられたオニオンソースが特有の臭みを消して、食欲をさらに加速させます。
浅漬けに山椒の実が入っているのがニクイぜ。
(肉だけに…誰もうまいこと言えと言ってないのに…)

特においしかったのが「エゾ鹿肉のにぎり寿司」
d0225149_15351575.jpg
牛肉のたたきよりクセがなくてしつこくなくて食べやすい!
お肉の上に乗った山わさびがよく合う。
塊肉が手に入れば自分でも作れるかなあ。




お世話になったホテルをチェックアウトします。
1階ロビーには持ち帰り自由のコーヒーが置いてありました。
運転時はどうしてもコーヒーが飲みたくなるので、本当にありがたいです。
d0225149_15353012.jpg
今日も日高地方はいい天気!
行きたいが行ったことない店の「椿サロン夕焼け店」(HP)
大きな窓から海と、運が良ければ美しい夕暮れが眺められるカフェだそうです。
カフェ飯って量が少ない&高そうな偏見があって行けてない…。
d0225149_15354291.jpg
お馬さんも日差しの中元気に外回り中
d0225149_15354762.jpg
樽前山系(だったような:汗)
d0225149_15355228.jpg
いつも撮ろうと思ってあっという間に通り過ぎる看板が撮れた!
道央道の北緯43°を示す看板
暖かそうなイメージのあるマルセイユとミルウォーキーと札幌が同緯度とは信じられない。
d0225149_15361241.jpg

まだまだ行きたい場所があるので、機会があればまたゆっくり散策してみたいです。
(完)

by mayis-havaalani | 2019-01-31 09:26 | 放浪 | Trackback | Comments(6)
缶詰めで仕事中のオットを見舞うため、一旦ホテルへ戻りました。
「起こさないでください」札を出していたので、パック詰めされた新しいタオルとアメニティ類がドアの外に置かれていました。
d0225149_16450508.jpg
オットはまだ仕事するとのことで、私だけ外出します。


ホテルの向かいに北洋銀行静内支店がありますが、壁にはここが元役場だったことを示すプレートが飾られています。
d0225149_16451641.jpg
そのまま新冠町方面へ国道を歩きます。
お腹ペコペコだったので、国道沿いのラーメン屋へ行こうとしたのですが、体験乗馬と坂道の上り下りで足が悲鳴をあげています。

結局ローソンでこちらを買って食べました。
d0225149_16453181.jpg
糖質量の数値は覚えてないけど「サンドイッチと同じくらいだな。」と思ったので22~24gぐらいだと思います。
野菜がたっぷり入って嬉しかったけど、ザンギがカス小さかった…

公園そばの水路のようなところで食べました。
晴れて日差したっぷりとはいえ寒い。
ちなみにこの日の静内の最高気温:-0.1℃
札幌が-3.0℃だったからまだ暖かいや
d0225149_16485289.jpg
帰りにへばって動けない時用にバスの時刻表をチェック
d0225149_16453787.jpg

暖かくて足が休めておもしろいところ…とこちらへやってきました。
新ひだか町図書館です。
d0225149_16461173.jpg
館内では無料でwifiが使えるようです。
d0225149_16462670.jpg
トイレは広くてキレイ。
d0225149_16463236.jpg
入ってすぐ右手に飲食スペースがありました。
寒い中食べないでよかったんでないの(ノД`)・゜・。
d0225149_16462022.jpg
同じ建物内に博物館がありましたが、あまり歩き回ると疲れて帰れなくなりそうだったので、泣く泣く断念しました。
d0225149_16461642.jpg
入口正面にはファイターズ新ひだか町応援大使の近藤選手と浦野選手のサイン入りユニフォームが飾られています。
私野球中継はラジオで聞くから、未だに両選手の顔がわからない(;´Д`)
d0225149_16463682.jpg

図書館はゆったりと空間がとられていて、読書や勉強がはかどりそうです。
早速こちらで低カロリー食について傾向と対策をお勉強しました。
ついでに足を休めます。
d0225149_16464297.jpg
d0225149_16464889.jpg


日が暮れてきたのでホテルへ戻りましょう。
結局歩いて帰りました。
足が痛いよう~(+o+)
d0225149_16465324.jpg
疲れて酸っぱいものが飲みたかったので、コンビニへ寄ってキレートレモンを買ったのですがおもしろいものを見つけました。
ブラックサンダーのアイスケーキだそうです。
d0225149_16454770.jpg
「クリスマス」と書いてあるけど…ゴニョゴニョ。


ホテルの向かいにお餅屋さんがあったのですが、「よもぎ大福・もち・赤飯」ときて「黒飯」
是非とも買って食べたかったのですが、滞在中はお休みでした。
また宿題が出来たぞ。
d0225149_16465716.jpg

この後静内での夕飯です。(そして完結の予定)

by mayis-havaalani | 2019-01-28 06:49 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
体験乗馬が終わったあと「せっかくですから是非厩舎も見学していってください。」とのありがたいご案内をいただきました。
実家の隣のお宅は乳牛を飼っていたから、牛さんの家は知っているけど厩舎って初めて見る!
d0225149_21450133.jpg

中は思っていた以上に広いです。
d0225149_21451663.jpg
d0225149_21451114.jpg
現在は11頭在籍しているようです。
d0225149_21452820.jpg
クラブハウス側から入ってすぐの場所は準備スペースでしょうか。
鞍をのせていたり、ブラッシングをかけたりしていました。
d0225149_21454629.jpg
d0225149_21455003.jpg
真ん中辺には用具類が整然と置かれています。
d0225149_21452045.jpg
厩舎内ではFM AIR-Gが流れていました(^^)b
d0225149_21455532.jpg

休んでいたお馬さん達を見てみましょう。
クラブハウス側から入ってすぐの場所にいる、ひときわ目立つ白いお馬さんは「ホワイトメロディ」さんです。
d0225149_21460220.jpg
d0225149_21495203.jpg
イラストレーターのおがわじゅりさんの絵とともに、こちらでのお仕事内容が紹介されています。
d0225149_21460747.jpg
あなた随分ハンサムねえ~。
でも他のお馬さんのところにはなかった、タイヤが角に噛ませてあるんですが…。
もしかして足癖悪い?
d0225149_21461216.jpg

見つめ合って鼻息(口息?)を浴びせてもらった「ライキリレガシー」さんです。
d0225149_21512210.jpg
d0225149_21512714.jpg
赤い馬服がよく似合ってる。


顔をびよ~んと近づけてきたので撫でたら、はむっと手を食べられちゃった「トウショウビーム」さんです。
d0225149_21524177.jpg
d0225149_21524658.jpg
なんか悪いことしたか?


見学中外を眺めたり泰然と佇んでいた「ブラックミルフィー」さんです。
d0225149_21531461.jpg
d0225149_21531865.jpg
落ち着いた性格なんだろうか。


撫でてアピールが激しかった「ミラクル」さんです。
d0225149_21533584.jpg
d0225149_21534099.jpg
指導員さんが「ミラクルは今年で27才なんですよ。」と教えて下さり、猫なら猫又クラスだけど馬はどうなんだろう…と考えていたら、「馬の年齢は3をかけます。」
ミラクルさん81才の御長寿!!
今年の冬は暖かいといいねえ。
d0225149_21534799.jpg

マスコットのようにかわいらしい「ブラックキャビア」さんです。
d0225149_21574186.jpg
d0225149_21574652.jpg
ずーーっと微動だせずにこちらを見つめている…。
スウェーデンにこういう馬型の飾りがあったのを思い出した。


さっき乗った「グーフィー」さんがいました。
「グーフィーさっきはありがとう、楽しかったよ。」と声がけしました。
d0225149_21540165.jpg
d0225149_21541288.jpg
グーフィーったら…おじさん馬と言ってたのに生年月日不明!?
謎の男グーフィー。
d0225149_21540864.jpg

楽しかった!
体験乗馬だけと思っていたけど随分長居しちゃったな。



真歌公園といえば、アイヌの英雄シャクシャイン像
周囲は鹿のフンだらけで近づくことが出来ず…。
d0225149_21593423.jpg
アイヌ民俗資料館も冬季休館中でした。
d0225149_21593957.jpg
オットの様子が心配だし、おとなしく一旦ホテルへ帰るか。


帰りは下り坂だったので、海を見ながら帰りました。
d0225149_21594442.jpg
d0225149_21594989.jpg
まだ川の浮島にでかい鳥がいる。
d0225149_21595634.jpg


※今回は行き帰り歩いて行きましたが、迂回路の坂のふもとまでは道南バスが走っています。
d0225149_22040848.jpg
バス停は入舟町です。
d0225149_22000150.jpg
入舟町発浦河老人ホーム行
d0225149_22000646.jpg
入舟町発静内行
d0225149_22001089.jpg

by mayis-havaalani | 2019-01-25 06:41 | 放浪 | Trackback | Comments(2)
ひーこら1時間かけて歩いてやってきたのはライディングヒルズ静内(Facebook)です。
来訪者の足音が分かるのか、歩いていると厩舎からお馬さん達が興味津々な様子でこちらをうかがいます。
d0225149_21210310.jpg
こちらの施設は町営で運営されているそうです。
「馬産地の静内でも気軽に馬と触れ合えるところは少ない。誰でも気軽に馬に乗れるように。」と運営されているそうです。

私自身相当な田舎出身ですが、さすがに馬は身近にいなかったです。
きれいだな~、かっこいいなあ~とは思っていましたが「よしいい機会だから乗りに行くか!」と決意させたのはブロ友さんのlovehorseさんの影響でしょうか。
(lovehorseさんはニュージーランドへ馬合宿に行ってます。カッコいい!)


申し込みはクラブハウス(事務棟)で行います。
入ってすぐの窓口です。
d0225149_21210914.jpg
d0225149_21215192.jpg

料金はこちら↓
体験乗馬は540円です。
d0225149_21214228.jpg
もっと詳しい営業日時や時間設定などは北海道新ひだか町のHPをご覧ください。

必要事項を申し込み用紙に記入します。
その間にお馬さんが用意されます。
d0225149_21212641.jpg
控えの半券をもらいます。
d0225149_21215786.jpg
体験乗馬希望者はヘルメット(無料貸し出し)をかぶります。
少し大き目ぐらいでいいそうです。
大人は(大)のほうをかぶります。
d0225149_21220312.jpg
今日の今朝まで馬に乗ると思っていなかったのでごく普通のダウンジャケット・ジーンズ(いちおうストレッチ素材)・ごついスノーブーツで来てしまいましたが「全く問題ないですよ!」とのことでした。
手袋も寒さよけではいていた方がいいそうです。
d0225149_21221296.jpg
d0225149_21222515.jpg
お馬さんの用意が出来るまで待合エリアで待機します。
大きな荷物はロッカーに預けます。
「記念写真をお撮りしますから、デジカメは持っていてくださいね。」と言われました。
d0225149_21223107.jpg
こちらのお馬さん達は人に慣れているので写真撮影OKだそうです。
フラッシュも多少は大丈夫だけど網膜を痛めるから…とのことでフラッシュはやめたほうがいいでしょう。

体験乗馬は覆馬場で行います。
テニスコート2面分くらいか、ちょっとした体育館ぐらいの大きさです。
d0225149_21223698.jpg
覆馬場では颯爽とサラブレッドに乗ったお客さんと指導員さんがいます。
かっこええなあ~。
d0225149_21224059.jpg
違う指導員さんと受付してくださった職員さん、黒いお馬さんがやってきました。
あのお馬さんに乗るのかな?
「どうぞー、お入りくださ~い。」の声で覆馬場へ足を踏み入れました。
ウッドチップの良い香りで緊張が少しほぐれます。
d0225149_21224651.jpg
指導員さんに乗馬体験の有無を聞かれます。
「全くの初心者で、エクササイズマシーンのジョーバしか乗ったことがないです。」と答えると、「ああ、あれも良く出来ていますが本物の馬は格別ですよ。」ですよねー…。

「ここに捕まって、跨って、こことここに足を入れてここを持って下さい。」との指導どうりに動くと、あっという間に乗れました。
高いけど不思議と怖くない。

乗ったお馬さんは「グーフィー」さんです。
どさんこ馬と重馬のミックスで、人好きな落ち着いたおじさん馬だそうです。

ちょっとの合図でグーフィーさんが歩き出しました。
姿勢とかはあまり言われませんでしたが、体幹を一直線に保って丹田を鞍の中心にくるように意識して、腰を反らないよう気をつけました。

ぽっこぽっこと蹄の心地よいリズムが響きます。
かつて在籍していた合唱団の先生が「日本人は3拍子のリズムが弱い。日頃から意識するように。」と仰っていたけどお馬さんの駆け足とか歩きとか、4本足なのに3拍子が通奏低音であるんだよね。
乗馬でリズム感改善が図れるかなあ。


体験乗馬は覆馬場の四隅を1周&その半分の面積を1周の1周半、約3分間の乗馬体験です。
指導員さんとお話していちばん心に残っている言葉は「乗馬は自分の思い通りにならないところが面白い。馬の個性を活かすことが大切です。」とのことで、人にもいろいろいるんだから馬もいろいろなのか~と「かわいい・かっこいい」だけじゃない馬の世界の深さを感じました。

最後に馬上の姿と、グーフィーさんの手綱を持っている姿を撮ってもらえるサービスがありました。
恥ずかしいけどどうぞ(顔加工済)
d0225149_21230120.jpg
心から楽しかったのでめっちゃ笑顔で写っています。
オットにも「本当に楽しかったんだねえ…。」としみじみ言われました。

終わり際に「今度は乗馬レッスンでお会いしたいですね。」と言って頂けましたがまた行けるかなあ~。
っていうか乗馬レッスンって何用意したらいいんだろう。
とりあえず丈夫な体か!
旅行先でまた新たな宿題が増えました。

by mayis-havaalani | 2019-01-24 07:00 | 放浪 | Trackback | Comments(4)
朝食が終わると、突然私の自由時間が始まりました。
オットは幅広デスク&重役チェア&ゆったり館内着のトリプルコンボで、部屋にこもって仕事することにしたそうで「どこでもいいから好きなところ行ってきなよ。」と放り出されました。
d0225149_20435846.jpg
1泊2日で終わると思い込んでいたので、突然放り出されても行く当てなんぞありません。
Google Mapと新ひだか町観光案内(HP)を見て勉強し、いざ出発です。

国道を浦河町方面へ進みます。
目的地は部屋から見えた小高い山の上にある真歌公園です。
d0225149_20441285.jpg
ふと川を見ると白鳥がいます。
北海道は身近に自然豊かすぎるよー。
d0225149_20440765.jpg
橋と並行して日高本線の鉄橋がかかっています。
もう廃線待ったなしみたいな状況です…乗っておけばよかった。
d0225149_20441718.jpg
Google先生が案内する道は、裏手から近道させるようです。
しかしひどいアイスバーンだなこりゃ。
d0225149_20442824.jpg
川沿いに停まった車から、大砲のようなレンズをつけたカメラを持った方が微動だもせずにある一点を見つめています。
私もデジカメを取りだして最大望遠で覗いてみます。
d0225149_20443374.jpg
でかい鳥だ…。んんん何じゃこの鳥は。
バズーカ構えるぐらいだから珍しいんだろうな。

Google先生が「ここ行きますー」と指示した道は絶賛工事中でした。
えええ~私の歩いた時間を返してくれ!
すごいアイスバーンをヒヤヒヤしながら歩いたんだぞ!!
d0225149_20443801.jpg
d0225149_20444235.jpg
文句を言ってもしょうがないので、迂回路へと進みます。
おおっ街灯が馬の頭から馬の全身になったぞ。
d0225149_20442117.jpg
迂回路はドリフに出てきそうな坂でした。
はまなす坂だそうです。
d0225149_20444818.jpg
d0225149_20445306.jpg

藪の中から「ケーーーーッ」と叫びながら雉が飛び出してびっくりしました。
日高支庁は雉がいるのか。
実家の畑ではよく雉が飛んで歩いていたのですが、北海道に来てからは初めて見ました。

坂を登っても、さらに坂が続きます。
d0225149_20450351.jpg
オットに送ってもらえばよかった…でも朝から「仕事の鬼モード」でじゃんじゃか仕事してたもんなあ。
ひーこら登っていると、ご褒美のように美しい景色が見られました。
d0225149_20450883.jpg
坂を登り切ったと思ったらさらに坂!!
頭の中で「ダイエット…有酸素運動…負荷…」と念仏のように唱えながら進みます。
d0225149_20451640.jpg
そして看板の大いなる矛盾よ。
『馬放牧中』なのに『発砲』していいのかね?
この辺猟銃許可地域だったら、ぽこぽこ歩いている私も危険?
いちおう存在をアピールするために「海その愛」by加山雄三を歌いながら歩きました。
(民家でギャンギャン吠える優秀な番犬はいたけど人が通らなくてよかった…)

海の見える牧場って素敵だなあ。
坂のことを考えると除雪状況が読めないから大雪の時とか大変そうだなあ。
d0225149_20452858.jpg
ようやく見えた看板で曲がります。
d0225149_20453209.jpg
曲がったところに秋田台地遺跡というのがありました。
看板に案内等がなくネットではここに関する記述が出てこないので、新ひだか町の博物館とかへ行かないと詳細がわからないです。
どこからどこまでが遺跡なのか、とにかく広い。
d0225149_20453810.jpg
d0225149_20454933.jpg
遺跡の反対側は広い牧場です。
かっこいいお馬さんがいるぞ。
d0225149_20455463.jpg
容疑者Aみたいに撮れちゃった。
d0225149_20455985.jpg

迂回したり写真を撮ったりで1時間かけて真歌公園にたどりつきました。
いよいよ今日のメインイベントです。
d0225149_20461144.jpg

by mayis-havaalani | 2019-01-23 06:37 | 放浪 | Trackback | Comments(4)
オットから「今回朝ごはんは付けてないからね。」と聞かされていましたが、チェックイン時に"期間限定で軽朝食を無料サービス中"と伺いました。
「太っ腹だ!」と思う一方「軽朝食というぐらいだからパンとコーヒー、良くてゆで卵がつくぐらいだろう。それともおにぎりかな?」と大して期待せずに1Fのレストラン北海へ行きました。
結果からいうと"軽く"ないです。



窓辺に面したテーブルにお料理が用意されています。
d0225149_19001848.jpg
d0225149_19000141.jpg


飲み物も無料で用意されています。
冷たい飲み物はお水・オレンジジュース・ウーロン茶
温かい飲み物はお茶(ほうじ茶)・白湯・コーヒー
d0225149_18172342.jpg
初日は宿泊客が多かったので、我々がとったお料理をご紹介します。
オット 1皿目
d0225149_18173097.jpg
mayis 1皿目
ご飯控えめを死守!
d0225149_18173562.jpg
初日のメニューは
ご飯・味噌汁(わかめ・長葱)・漬物(たくあん)・パン(角食)
スクランブルエッグ・筑前煮・肉団子・焼魚(塩鯖)・湯豆腐
つきこんにゃくと生揚げの煮物・南蛮味噌・味海苔・サラダ・納豆

これのどこが"軽朝食"なんだ?
立派に和定食なんですけど。

この時はちょうど糖質制限食に区切りをつけ「旅行中だからやや気をつけて好きに食べるか!」とお互い協定を結んでいます。

オット 2皿目
パンを半分だけ食べて残り半分は私へ
d0225149_18174281.jpg
mayis 2皿目
湯豆腐がおいしい。つきこんにゃくの煮物も好み。
d0225149_18174718.jpg
特においしかったのが「ホテルのおかあさん手作りの南蛮みそ」です。
ダイエット中なのに、とんだご飯泥棒に遭ってしまいました。
d0225149_18175229.jpg


2日目の朝食です。

鶏団子とじゃが芋のうま煮・スクランブルエッグ・味海苔・肉団子
d0225149_18180762.jpg
湯豆腐
地元静内の「丸善河田食品」さんの田舎豆腐です。
固めでさっぱり飽きない味。
こういうシンプルに食べるのがおいしかったです。
d0225149_18181299.jpg
d0225149_18185954.jpg
南蛮みそ・卯の花・焼魚(鰆)・サラダ・漬物(たくあん)・納豆
d0225149_18181671.jpg
ご飯・味噌汁(紅藻・長葱)
d0225149_18182321.jpg
パンは地元静内の「手づくり工房さくら」さんの天然酵母使用の角食です。
ここのパン屋には何と「たくあんサラダパン」があるらしいです。
我々は1回だけ岡山市のキムラヤベーカリーで食べたことがあります。
意外と美味しかったのを覚えています。
d0225149_18184186.jpg


オット 1皿目
「好きなもの食べるんだ(`・ω・´)」
d0225149_18182939.jpg
mayis 1皿目
サラダの下にしっかり湯豆腐を確保
d0225149_18183467.jpg
今日も元気におかわり!

オット 2皿目
「スクランブルエッグが終わったら生卵が出てきた」
d0225149_18184838.jpg
mayis 2皿目
どんだけ湯豆腐食べるんだ
d0225149_18185231.jpg

角食はトーストしたほうがもっちり感が出ておいしかったです。
ヨーグルト使用かな?ミルクの香りとわずかにさわやかな酸味が感じられました。


ごちそうさまでした。
正規の朝食の和御膳もおいしそうだったので、そちらも食べてみたいです。

by mayis-havaalani | 2019-01-21 07:13 | 放浪 | Trackback | Comments(6)
静内ではホテルローレル(HP)へ泊まりました。
国道沿いにあり、都市間高速バスの発着所にも近いので利便性の高いホテルです。
旅行も予約も直前でオットが決めたので、私自身は何も分からず向かいました。
d0225149_19461778.jpg
d0225149_19475530.jpg
お部屋はダブルルームでした。
ベッド幅が140cmあるので体格のよい二人でも安心して眠れます。
d0225149_19462334.jpg
d0225149_19462848.jpg
何よりオットを喜ばせたのは幅広デスクとリクライニングできるオフィスチェア
「すげー!仕事進みそうー!」と早速仕事を始めていました。
d0225149_19463273.jpg
d0225149_19471203.jpg
トイレとお風呂です。
トイレはウォシュレット完備です。
d0225149_19465345.jpg
お風呂は足が伸ばせるやや大き目のサイズです。
このホテルには温泉が付いていますが、何ぞの問題で大浴場に入れなくてもゆっくり入れそうです。
d0225149_19470055.jpg
TV台の端はドレッサー兼机と荷物置きになっています。
d0225149_19463739.jpg
荷物置きの下には館内着と半纏が用意されていました。
このホテルは館内着とスリッパで行動して良いとのことでした。
オットはゆったりした館内着が気に入って、滞在中ずっと着て仕事をしていました(汗)
d0225149_19464165.jpg
お部屋からは真歌公園の小高い山が見えました。
d0225149_19554144.jpg

チェックイン時に頂いた案内です。
d0225149_19471807.jpg
グリーンチャンネルが気になって早速TVをつけたら競馬をやっていました。
d0225149_19472730.jpg
そういや浦河町のホテルに泊まったときも、TVをつけたらすぐグリーンチャンネルが出て、その時は馬の競りを放送していた気がする。


チェックインの際、ワンドリンクサービス券を頂いたのですが、オットはずっと仕事してるし、私は一人で飲むのが気が引けたので結局使いませんでした。
勿体ないことをしたなあ。
d0225149_19472387.jpg
仕事に没頭するオットを置いて、先に温泉に入ってきました。
最上階の6階からは、大きな窓から静内の景色をのぞめます。

新冠方面と太平洋
d0225149_19531981.jpg
静内市街と日高山脈
d0225149_19532402.jpg
浦河町方面と真歌公園
d0225149_19532986.jpg

こちらの温泉は日帰り温泉も兼ねています。
6階は座敷とTV、リクライニングチェアがあってひとっ風呂浴びたあともゆっくり休むことができます。

温泉は弱アルカリ性の冷鉱泉です。
少し潮の香りがしてさっぱりした肌あたりです。
海沿い特有の塩っ気の強さはなく、よく温まりました。

ビジネスホテルで男性の利用客が多いせいか、男風呂のほうが湯船も脱衣所も大きいそうです。
女風呂はカランが6個だけなので、曜日や時間帯によっては混雑しそうです。


ひとっ風呂あびていい気分で帰ってきた私に、オットが衝撃の一言を放ちます。

「おれ、このデスクが気に入った。連泊してもいい?」

いやー自由業ならではのフリープランですね!
フロントに聞いたらOKとのことで、同じ部屋を引き続き抑えてもらえました。
さてぽっかり空いた明日の自由時間はどう過ごすか。

by mayis-havaalani | 2019-01-20 07:46 | 放浪 | Trackback | Comments(2)
新冠町を過ぎると新ひだか町静内です。
d0225149_19125757.jpg
今回は私のお願いで、季節外れの有名観光地へ連れてきてもらいました。
静内郊外にある二十間道路桜並木です。
d0225149_19132368.jpg
ここは約7kmの直線道路にエゾヤマザクラが咲き誇る、道内でも屈指の桜の名所なんですが、毎年開花時期がGWとかち合う上、道内から車が殺到し国道が大渋滞を起こす「行きたいけど行きたくない」場所です。
満開の様子はこちらのHPでご覧ください。
d0225149_19132622.jpg
真冬なら誰もいない・近づかないだろうと思って連れてきてもらいました。
オットは「別にいいけど…。」呆れていました。

静内市街からは車でも15分ぐらいかかります。
街の真ん中にあるイメージだったけど、意外と奥まで行くんだねえ。
d0225149_19133161.jpg
牧場地帯を抜け、坂を登り切るとキタ━━y=-(゚∀゚)・∵━━ン!!
d0225149_19133611.jpg

道路が白いところは地吹雪です。
日高だから晴れて温かいだろうと思ったら風が強い!寒い!!
寒冷地用のコート着てくればよかったなあ。
d0225149_19225123.jpg

車はほとんど通りません。
地元の方か、この近くにカラマツ加工センターがあったので、運搬するトラックだけでした。
d0225149_19185966.jpg
桜の中には枝に支柱をされていたり、倒れるかと思うほど斜めになった幹の太い木がありました。
植えられて約100年経つそうで、私が見た中にずっとこの景色を見てきた桜が居るのかな。
d0225149_19144000.jpg
d0225149_19182946.jpg
桜並木に接する牧場が広大すぎる。
シチューとかのCMに出てきそうだなあ。
"ザ・北海道"ってラベルを貼られそうな景色だ。
d0225149_19143562.jpg
「せっかくだから終点まで行くかい?」とオットがゆっくり運転してくれました。
何せ低速で運転していても、写真撮っても誰も来ないw
d0225149_19141395.jpg
真ん中地点には案内の石碑と看板があります。
d0225149_19145011.jpg
d0225149_19150580.jpg
途中からカラマツと桜の二重並木になりました。
春は色のとり合わせがきれいだろうなあ。
d0225149_19242410.jpg
終点であり、北側の起点はごく普通の交差点でした。
真冬だから特に飾り付けとかないのかな。
d0225149_19252893.jpg
ああ楽しかった!
オットは「(・、・)フーン」というクールな反応でしたが、運転自体は楽しかったようです。


静内はお馬さんがいっぱい!
国道沿いにも牧場がありますが、郊外へ行けば行くほどたくさんお馬さんを見られました。
カメラ構えたら固まっちゃった…
d0225149_19152850.jpg
シメントリーな構図
d0225149_19153445.jpg
お洋服の綿がすごい!まるで半纏だ。
大切に育ててもらってるんだねえ~(なぜか感涙)
この後おじいさんに連れられて厩舎へ戻っていきました。
d0225149_19153819.jpg

by mayis-havaalani | 2019-01-19 14:10 | 放浪 | Trackback | Comments(6)
オットと2人で新ひだか町へ行ってきました。
直前になって決めた旅で、オットはいつも通り仕事持参ですがそれなりにあちこち周ってくることが出来ました。

出発時は時折吹雪の中高速をひた走ります。
d0225149_18541209.jpg
鵡川町の手前で晴れて、雪も少ないので雪解けの時期になったかと勘違いするほどいい天気です。
d0225149_18543271.jpg
日高厚賀ICで降りて国道を進みます。
d0225149_18543576.jpg
そして国道235号の名物といえばこれ!
何年かおきに塗り直しているそうです。
d0225149_18544019.jpg
新冠市街の手前では、馬産地ならではの風景を見ることができます。
サラブレッド銀座駐車場です。
トイレ・駐車場・展望台がありますが、トイレは冬季閉鎖中です。
d0225149_18550725.jpg
d0225149_18545668.jpg
展望台からは広大な牧場と海、遠くに日高山脈が見渡せます。

馬がいる!
d0225149_18552474.jpg
馬のふりしてエゾシカがいる(;´∀`)
d0225149_18545185.jpg
ここではもう一つ珍しいものを見られます。
新冠泥火山です。
d0225149_18551990.jpg
この泥火山はマグマ等の一般的な火山活動ではなく、大地震に伴って亀裂が出たり、泥が出たりするのが特徴だそうです。
去年は北海道地震のあとも日高地方を震源とする大きな地震があったし、この辺りは地震活動が活発なので、今後この泥火山がどうなっていくのか心配です。
d0225149_18554007.jpg
駐車場からはいちばん大きい第8丘、国道からは第7丘が見られますが、2つとも牧場内にあるので個人がホイホイ立ち入ることはできません。
あとこの辺はねずみ捕りの名所です。お気をつけください。
d0225149_18560097.jpg
道の駅サラブレッドロード新冠でトイレ休憩です。
d0225149_18564444.jpg
トイレだけ済ませてさっさと立ち去ろうと思ったら新しいお店が出来てる!
寄っていきましょう。
d0225149_18565030.jpg
d0225149_18565462.jpg
店内は小さめですが、4店が四隅に配置され真ん中にイートインスペースがあります。
町民割引があるらしく地元の方で大賑わいでした。

パン・スイーツの「みると」でおやつを探します。
d0225149_18565844.jpg
ケーキおいしそう~。デコレーションも凝ってる。
d0225149_18570224.jpg
大好きな大福がある…しかも曜日限定…これは運命?

手土産にも使えそうなクッキーも置いてあります。
パンもおいしそうだしどれにしようか迷うなあ。
d0225149_18570646.jpg
ふとオットを見ると、あるショーケースに釘付けになっています。
好きなトッピングを選べるコッペパンが食べたいようです。
面白そうだから私もそれにしよう~。
d0225149_18571405.jpg
注文はタッチパネルで行います。
d0225149_18572417.jpg
オットは湯種こっぺぱんにソース焼きそば+あらびきソーセージ+キャベツがはさんである『おすすめ8』を、私はデニッシュこっぺぱんにタッチパネルで十勝粒あんと北海道バターの2種を押して選びました。
ちなみに私が選んだ組み合わせは『おすすめ13』にしっかり登録されていました。
ちゃんとおすすめの内容見なさいよ…(-_-;)

出てきた紙を持ってレジにて先払いです。
d0225149_18573055.jpg

車の中でいただきます!
パンの大きさは約5×8cmとスマホより1~2回り小さいくらいですが、ぎゅうぎゅうに具が入っているので食べるとボリュームたっぷりです。


湯種こっぺぱんは、お餅のような生地のもっちり感が特徴です。
コッペパン=ぱさぱさの印象がある方でも大丈夫じゃないかな。
d0225149_18581996.jpg
デニッシュこっぺぱんは、クロワッサンタイプではなくリッチなブリオッシュを編み上げたような感じでした。
生地のミルキーさが前面に出ています。
d0225149_18582367.jpg
レジで並んでいる間にパンも買っていました。
揚パンきなこ(110円)です。
d0225149_18582770.jpg
見た目七味唐辛子っぽさが満載でしたが、粗挽きの香ばしいきな粉と白黒胡麻がたっぷりまぶされ、パン自体がもちもちしているのでまるで和菓子のようです。
後引いてビニール袋についたきな粉まで食べてしまった。
d0225149_18583275.jpg
この後は静内へ向かいます。

by mayis-havaalani | 2019-01-18 19:49 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
去年の話ですが釧路へ行ってきました。
d0225149_16401883.jpg
(豪雪の釧路 恐ろしいアイスバーンでした)

オットの仕事にくっついて行ったので、観光はしていません。
部屋でひたすらネットサーフィンにふけっていました。
(だったらブログ更新しろよとのお言葉は甘んじて受け止めます)

釧路と言えば、オンリーワンのザンギ弁当を誇るお弁当のヤムヤムです。

過去の対戦はこちら

出発前に何軒か美味しそうなお店をリストアップしていましたが、折からの寒波による積雪と(釧路で積雪なんて珍しいんです!)、御陰様で旅行先でも仕事まみれな為、わざわざ運転して食べに行って時間を取られるより部屋で食べよう、とオットが言いました。

「おれ、いい方法知ってるよ!ヤムヤムはホテルの部屋まで出前してくれるんだ。」

確かにメニュー表を見ると「ご注文総額1,500円以上でデリバリーサービスも承ります」と明記してあります。
以前ザンタレ弁当とヤムヤムスペシャル弁当を注文して出前してもらったそうです。
(あんなでかい弁当晩に2つも食べたんか…そりゃ太るわけだ)

あらかじめホテルのフロントで、出前を頼んでいいか了承をとりました。
※今回は部屋までOKでしたが、ホテルによってはフロント受け取りまたは出前禁止のところもあります。事前にご確認ください。
またホテルの場所によっては配達エリアから外れる場合があります。

注文したのは、このブログでは毎度おなじみのヤムヤム海運店です。
d0225149_16460602.jpg
ホテルへの行きがけにメニュー表だけ頂きました。
特に新メニューは出ていなかったので、2人でじっくりねっとり選びます。
d0225149_16404044.jpg
「今混んでいる時間帯なので、お届けは1時間後になります。」とのことだったので、この間にオットは仕事、私はさっさと風呂に入ります。

1時間後、待望のヤムヤムの弁当が到着!
1人前の弁当でもずっしりと重みを感じますが、2人前だと手ごたえが桁違いです。
d0225149_16404710.jpg
☆注文内容☆
(以下値段は全て税込み)

オット:ザンギ弁当(もも肉/ご飯普通盛り) 630円
d0225149_16410056.jpg
mayis:Bコンビ チャーハン+ザンギ 680円
d0225149_16411096.jpg
単品:辛味噌スタミナ 550円
d0225149_16412794.jpg
合計:1,860円


オット:ザンギ弁当(もも肉/ご飯普通盛り)
d0225149_16405491.jpg
説明不要のボリューム感、食べればやみつき・食後はゲップ連発。
豪快にそぎ切りされたもも肉は、ひと口噛むと肉汁があふれます。
d0225149_16410427.jpg
揚げ物in揚げ物なおかずも健在
今回は赤ソーセージ・ちくわ天・紅大根・昆布の佃煮・カリカリ梅
あれ、キャベツの千切りすら入ってないの?
オットは食べ終わった後「しばらく食べないでいいや…。」とため息をついていました。

mayis:Bコンビ チャーハン+ザンギ
d0225149_16411908.jpg
お好みのメインを組み合わせられるコンビセット。
前回店内で出来上がりを待っていた時、出前注文で人気だったセットを頼んでみました。

ザンギ→もも肉3切れ(ザンギ弁当と大きさ一緒)
チャーハン→なると・卵・長ねぎ・チャーシュー
紅生姜添え
d0225149_16545845.jpg
チャーハンは中華屋的な分かりやすい濃い目の味付けです。
塩・コショー・味の素!以上!!みたいな感じ。
チャーシューがゴロゴロ入っていて食べ応えがあります。
それなのに直径約25センチの大皿に入っているのに、今までの弁当達に慣らされてきたのか満足できない(ぉぃ)
次回は最初に戻ってザンギ弁当を食べて己を鍛え直すか…。


単品:辛味噌スタミナ
d0225149_16413291.jpg
牛スジ・豚バラ・豚ホルモンの3種類の肉がピリ辛のこってり甘辛味噌ダレで炒めてあります。
野菜が群を抜いて少ないヤムヤムに珍しく、キャベツとニンニクの芽がふんだんに入っているのがうれしい。
特に硬すぎることもなく食べられました。
d0225149_16413798.jpg
タレが余ってしまい、流すのも失礼だし臭いや詰まりの元なのでチャーハンに絡めて無理やり食べ切る。
これのせいか、夜以降むちゃくちゃ喉が渇きました。




翌日も真冬日かつオットは多忙。
目と鼻の先に、移転オープンした新築の釧路市立図書館があるのにホテルの部屋でぐたぐた過ごします。
d0225149_16414633.jpg
夕飯もヤムヤムの出前です。
既に決定事項で胃腸の調子など顧みておりません(`・ω・´)
昼過ぎには配達予約の電話を入れて「5時に持ってきてください。」とお願いしました。

5時ジャストにお弁当到着!
セロテープで上部をびっちり止めて、動かないようにしてあります。
d0225149_16415751.jpg
d0225149_16420331.jpg

☆注文内容☆

オット:ミートカツ 680円
d0225149_16420891.jpg
mayis:カツカレー 700円
d0225149_16421458.jpg
単品:牛サガリステーキ 620円
d0225149_16422515.jpg
合計:2,000円


オット:ミートカツ
d0225149_16423108.jpg
釧路名物スパカツのお弁当バージョンでしょうか。
向うは熱々の鉄板の上で、舌のヤケドとミートソースのハネを覚悟で頂きますが、こちらはプラ容器なので猫舌の方も安心です。
d0225149_16430291.jpg
オットに味を聞いたら「アルデンテではないぶっといスパゲティに、昔風のミートソースが載っている。」と言っていました。
d0225149_16423758.jpg
私は皿の淵にたまった油の多さを見逃しませんでした。


mayis:カツカレー
d0225149_16424998.jpg
昨日のBコンビと同じ皿にトンカツがびっしり・ぎっちり入っています。

食べてみると衣が薄くカラッと揚がっていて、肉厚の脂の少ない肉を使っています。
非常にジューシーで嬉しい驚きです。
ヤムヤムは鶏肉だけでなく豚肉にも強いのか。
d0225149_16425554.jpg
カレーの具はお肉が数切れのみでほとんどルーです。
小麦粉でドロドロ過ぎず、スパイシー過ぎず、「普通の」中辛カレーでした。
d0225149_16430856.jpg

単品:牛サガリステーキ
d0225149_16431505.jpg
二口~三口サイズの大き目に切られたお肉が10切れぐらい入っています。
味は韓国風な焼肉の味で、ニンニクと醤油、唐辛子の辛味がアクセントになっていました。
味が濃いのでレタスに巻いて食べたかったです。


2日で6品食べましたが、メニュー完全制覇まで程遠い状況です。
糖質制限を始めちゃったから、次回は野菜と酢持参で単品メニューを攻めていくしかないのかなあ。
次に行く時は新メニューが出ていますように。

by mayis-havaalani | 2019-01-11 10:38 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)