おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

入院日記 2日目

1/19(木) 手術前日


6:30 起床
   あまり眠れず3時から起きていた。トイレ(今日から採尿)・洗面

6:50 担当看護師さん巡回 
   前日のトイレの回数を聞かれる。

7:30 朝食
ご飯,味噌汁(凍み豆腐・ねぎ),小松菜お浸し,チーズオムレツ,牛乳,ふりかけ,ケチャップ
d0225149_1134524.jpg


8:40 看護師さん巡回
   ご飯を食べた量を報告と健康状態のチェック。
   手術後に血栓防止の空気ポンプ機をはくので、ふくらばぎの太さを測る。   

11:20 病棟内の処置室で剃毛(シモのお毛をシェーバーで剃る)と、へそのゴマ取り。
    かなりこちょばしい&恥ずかしい。

11:40 売店(ホスピタルローソンだった)でOS-1とガーゼマスクを買う。
    病院は乾燥していて喉をやられそうだったので買った。

12:00 昼食
カレー(旨い!今回の全食事でNo,1),コーンサラダ,グレープフルーツ,胡麻ドレッシング
らっきょう,福神漬
d0225149_11355435.jpg


14:00 担当看護師さん巡回
    検温・下剤服用(大きな計量コップに氷入りで400mlくらい入っている。濃いポカリ味。)
    5分後に早くも大きい方がちょいと出る。つくづく私って騙されやすいなあ。

15:00 担当麻酔医さんと顔合わせ&問診(めっちゃ美女で手術が楽しみになった)
    過去2回の手術の事と、麻酔で気持ち悪くなりやすい事について細かく聞かれる。

    主治医(仮名:ジョージ)・担当医(仮名:レッツゴー)回診
    「元気そうだねー。明日がんばりましょう。」はい…。

    ICUの看護師さん訪問(これまたかわいいナースさん♪)。
    手術室に入ってから麻酔がかかるまでの流れを説明される。

    処置室でもう一回へそのゴマとり。
    その刺激でまたまたお通じ。処置室からトイレへ猛ダーッシュ!

16:30 病棟内の診察室でジョージ先生とレッツゴー先生の診察
    待ち時間で同じ日に手術する2人とおしゃべり。明日一日で4人手術するらしい。
    すげー。
    私の番が来て内診台に上がる。外来よりいい椅子だぞこれ。
    レッツゴー先生が内診やるんだけど痛いのなんの。お主まだまだだのう(心の声)。

17:00 このあたりから本格的にお腹ピー太郎になる。
    お腹かかえてげっそりしながらシャワーに行く。

18:00 夕飯
ご飯,味噌汁(もやし・麩),鶏の松風焼き,オクラの桜海老炒め,わかめときゅうりの酢の物
d0225149_11372572.jpg


18:30 明日付き添ってくれるオット母とオットが来る。
    面会ロビーでおしゃべり&ときどきトイレ(爆)

19:30 オットとオット母帰る。
    お腹ピーピーのピーク来襲。ピーすぎて肛門が痛い…(泣)

21:30 消灯
    濡れガーゼマスクで口を覆って寝る。
    でも深夜3時前に完全に乾いてしまうほど乾燥していた(怖)
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-28 11:43 | 挑戦 | Trackback | Comments(6)

天然酵母でパンをつくる

試練の時が続きましたが、やっと酵母液づくりのコツがわかってきました。
我が家の元種たち、出ておいで!

d0225149_15104854.jpg

ビンが汚い事と見分けが全くつかない事は目をつぶってください。


まず、いちばん泡が元気な甘酒酵母でバゲットをつくります。
以前バインミー用のバケットをつくったことがありましたが(こちら)、だいたい同じ配合で
作ってみました。

-------今回の配合---------------------------------------------------------
強力粉(リスドォル) 180g
米粉 38g(20g入れたかったのにバサっと入って38gになってしまった)
甘酒酵母の元種 50g
ぬるま湯 120cc
麦芽糖 2g
塩 3g
---------------------------------------------------------------------------


そしてこんな感じに仕上がりました。
d0225149_1522887.jpg

相変わらずクープも気泡も出てない。
途中でガス抜きしすぎたなー。

ただ表面はカリッと、中はしっとりもちっと焼けている。
よくみるとフランスパンぽい粘りのある生地の気泡が見えるし、前回のような
口を切る「全身これ凶器」の歯ごたえではない。
甘酒の香りは消えてお味噌のようなほっとするいい香りがする。
次がんばろう。


お次は酒粕酵母でフォカッチャを作ります。
実は昨日(2/26)結婚記念日でして、お祝いディナーにピザを焼こうとがんばりました。
これも以前作った塩麹入りフォカッチャの配合をちょいと変えて作ります。


-------今回の配合---------------------------------------------------------
強力粉(リスドォル) 220g
薄力粉 80g
酒粕酵母元種 50g
砂糖(都合によりトレハロース) 15g
塩 5g
ぬるま湯 200cc
オリーブ油と太白ごま油 あわせて20g
---------------------------------------------------------------------------


d0225149_1539115.jpg

お祝いなので具は豪華に!
○シーフードトマト ベース:トマトソース
冷凍シーフードMIX・オリーブ・トマト・モッツァレラチーズ・バジル

○マスタードチキン ベース:マスタードクリームソース
鶏ももソテー・アスパラガス・ブラウンマッシュルーム・コーン・溶けるチーズ

とってもおいしかったんだけど生地が厚すぎたー(>_<)
もっちりしてるんだげど外はかりっと焼けて、お腹にたまった( ̄(∞) ̄) ブヒィ~
今度は敷きこむ生地を半量にしよう。
具が多かったので生地の味まで気づかなかった。


最後にお菓子も作っちゃえ。
ヨーグルト酵母と甘酒酵母のコラボでクグロフを作りました。
d0225149_15502231.jpg

クグロフ型でないと雰囲気が出ないなあ。

普段はインスタントドライイーストで作っていて、その時の生地は
ふわふわ~&しっとり~の口どけの良い仕上がりになる。
どちらかというと「お菓子」らしさが全面に出ている。

今回天然酵母で仕込んだものは、完全に「お菓子の皮をかぶったパン」だ。
持ち重りするほどどっしりと重量感があって、生地がみちみちと粘っこい。
そして甘くない。
醗酵するときに糖分を全てエサに使ったのかなあ。
(かといって生地からアルコール臭はしない。)

ラム酒漬けレーズンが入っているからそれで甘味は補えているけど
シンプルな蒸しパンのような味と食感だ。
天然酵母を使ったクグロフの配合をもう一回考え直さないといかんな~。

詰めが甘い私らしく、3つとも中途半端な仕上がりになってしまった。
まだまだだ。
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-27 16:16 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)

入院日記 1日目

これから子宮筋腫の手術・入院中の出来事を記しておきます。

※この記事中の事は私が入院した病院での流れや出来事であり
他の病院や病状によっては経過が異なることがあります。






1/18(水) 入院日

6:15 起床 
    いつも通り家事をして、身支度と手荷物の確認。最後までバタバタ。

8:30 オットの運転で病院へ行く。
    駐車場の空きがなく焦るが何とか停められた。

9:25 入退院受付にて入院手続きをする。
    診察券・保険証・入院保障書・高額医療限度額認定証の4点を出す。   
    診察ファイルを持って婦人科へ行く。

9:40 婦人科窓口にファイルを渡して受付。そのまま麻酔科へ移動。
    外来の人に混じってひたすら待つ。

10:30 麻酔科診察室に呼ばれる。
    →指先で酸素と心拍数を計る(酸素100/心拍数64)。
    
    →麻酔科問診票に沿って麻酔科医と面談。
     過去2回の手術の部位・内容・年齢・経過を聞かれる。
    
    →手術時間は正味1時間30分・準備を合わせて2時間半が目安。
     麻酔のリスク説明と、背中の腰椎に痛み止めを入れる為に管を入れる。
     手術前日の夜9時から絶食。手術当日の朝8時までにORー1の500mlを
     1本飲むこと。
    
    →顎と口の中を見る(手術中、呼吸の管を入れる為)。


11:00 婦人科へ戻ったあと、X線科へ移動
     口腔内のレントゲンを3枚撮る。

11:30 婦人科へ戻る
     待ち時間の間、麻酔科で渡された麻酔説明書・承諾書の2枚に
     署名をする。身内の署名が必要なのでオットも署名する。
     オット、空腹に耐えかねて待合イスでおやつを食べる(--;)

12:00 婦人科診察室へ入る(オットも一緒)
     →主治医から手術内容の説明を受ける(正式病名:壁内子宮平滑筋腫)
     手術内容(腹腔鏡下子宮筋腫摘出((核出))術)・輸血と手術中のリスクの説明。
     待合イスで手術承諾書に署名する(オットも署名)。

12:30 病棟へ案内される。
    →私ともうお一人(Aさんとしておく)と一緒に向かう。
     途中で病棟内設備の案内あり。
    →病室は4人部屋で私は窓際だった。広くて明るくて清潔。
     (この病室は皆でわいわい…というより、それぞれカーテンを予め閉めていて
     個人のプライバイシーを尊重という感じで気楽だった。) 

床頭台にお昼が用意してあった。お腹空いてたので助かった~。
d0225149_2146753.jpg

肉うどん(ほうれん草・麩・ねぎ),白菜とケラゲの酢の物,バナナ

13:00 「俺やることないから帰っていい?」とオット帰宅。
    私だってやることないんだよ…。さっさと病衣に着替えて横になって
    ウォークマン聞きながらうつらうつら。

14:00 担当看護師さん訪問&挨拶
    本人確認用の情報がいろいろ書かれたベルトを手首に装着する。
    病棟案内,入院計画・経過の説明,体調について問診。

15:00 ヒマなので病院内をふらふらする。TVカードを買う。
    オットに電話する。

16:30 看護師さん引き継ぎの巡回

16:50 シャワーを浴びに行く。
    (シャワー室が3ブースあって、空いてればいつでも入れるのでうれしかった。)
夕飯まで読書にふける。

18:00 夕飯
d0225149_21441238.jpg

鱈の焼き漬け(おろし野菜ソース),筍とニンニクの芽入りザーサイ炒め(炒り卵)
トマトサラダ,ご飯

18:30~21:00 今日一緒に入院したAさんとずーーっとおしゃべりする。

21:30 消灯
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-26 21:58 | 挑戦 | Trackback | Comments(2)

甘酒をつくる

以前、塩麹を作ったとき(こちらです)冬になったら麹で甘酒を作りたいな~と
ぼんやり考えていた。

そして冬が来たらヒマな時間ができた。
オットの実家から大量のもち米をもらった。
麹は常にお手軽価格で売っている。

こりゃ作るしかないっしょ!


◎材料
もち米 1合
水 2合
麹 200g

1,もち米はよく研いでたっぷりの水(分量外)に浸し、一晩おく。

2,もち米の水気をしっかり切り、分量の水で炊く。
  私はおこわコースで炊いてます。

3,炊きあがったら、かき混ぜながら米粒をつぶす。
  ばあちゃんは「皆殺しにしてくんない」と言っていたが…Σ(゚д゚;)「よく潰せ」ってことです。
d0225149_18365632.jpg


4,えんやこら混ぜていると60℃くらいになるので(指入れられるけど熱っ!てくらい)、
  麹をほぐしながらまんべんなく混ぜる。

5,炊飯器を保温モードに設定し、釜の上にザルと布巾をかぶせて6~7時間置く。
 1時間ごとに混ぜる。

1時間経ってかき混ぜてみると、粘りがなくなってさらさら状態です。
d0225149_18431278.jpg

早くもほのかに甘酒の香りがする。

7時間経ったものがこちら↓
d0225149_18444087.jpg

色がうっすら飴色に変わってどろどろのお粥状です。
ちょっとなめてみたらとっても甘い!

飲むときにはお湯や水で1:1に薄めて飲みます。
おろし生姜をたっぷり入れて飲むと、風邪の引きはじめによく効きます(ほんとに効いた)。
最近は牛乳や豆乳で割って飲むのが好きです。
え~?!と驚かれるかもしれないけど、焼いたお餅にからめておやつに食べてます。
白玉だんごでもおいしいと思う。

More 甘酒でも酵母おこしに挑戦だ
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-25 19:10 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(2)

入院時の持ち物

「子宮筋腫の手術の持ち物ってどうしたらいいんべぇ…。」と私も悩みました。
経験者に聞いたり、あちこちサイトを見たり。
今回は私が持参したのもです。


◎事前に記入しておく書類(※私が入院した病院)

・入院保障書
本人・世帯主と連帯保証人が記入する。連帯保証人は定職に就き、かつ収入がある人。

・麻酔科問診票
既往症・手術経験とその部位と内容・服薬してるか・嗜好品の頻度・体調・血のつながった
家族で麻酔で気持ち悪くなったことがあるか

・薬剤投与のためのアレルギーチェック
アレルギーの種類・薬や注射で発作が起きたか・抗生物質(化膿止め)でなったか

・入院についての自己申告書
3か月以内に他の病院に入院したことはあるか。あればその症状・病院名など

・入院時質問票
緊急連絡先・日常行動で介護はいるか・入れ歯,コンタクト,メガネはしてるか
仕事はしているか,またその内容は

・病衣貸与申込書
私は入院期間全日借りました。一日74円でした。

ふう~。書類だけで大仕事だ。




◎持ち物(大きなボストンバッグ)

・バスタオルとタオル各4枚   

・でかパンツ(グンゼくらい)・靴下・肌着 各4枚
 →手術後お腹に腹帯をしてパンツを履かされるので大きいほうがいい。
  あと傷に当たって痛くなくて良い。ガーゼがずれて血がつく事があるので
  ボロボロ・のびのびのパンツを持参しよう。

・スリッパ
 →真冬だからボアのスリッパを持っていったら暑くて蒸れた。綿でいい。

・箱ティッシュ 1個

・スーパーのビニール袋 7枚
 →洗濯物を入れたり、売店に行く時に便利。

・割り箸・プラスチックスプーン 各1個
 →ホコリよけにジップロックに入れておく。退院前に捨てていった。

・ストロー 3本
 →ICUへの持ち物で指示があったが今回使わなかった。

・ふたつきコップ
 →倒したりこぼしたりしたのでフタは大事!
  潔癖症の方は飲み物用と歯磨き用と2つ持っていったほうがいいかも。
  私は1つで済ませましたが…ちゃんと毎回洗ったよ!

・生理用品
 →ナプキンとパンティーライナー。手術後ちょっと血が出るので多めに持っていくといい。

・化粧品・歯ブラシ・歯磨き粉・ヘアターバン
 →化粧水・乳液・ボディソープは小分け容器に詰め替えする。
 →あかすりはホテルのアメニティのを持ち帰ってそれを使う。そして捨てて帰る。
 →病院内は乾燥しているのでハンドクリームとリップクリームは必ず持っていく。

・エコバッグ大小 各1こ
 →大きいサイズはICUへ行く時の通い袋や、シャワー室へ行く時に。
  小さいサイズは売店に行く時や洗面の時に使う。

・小型の置き時計(100円で充分)
 →「〇時に熱を測ったら〇度でした。」とか看護師さんに時間を報告するので必要。



◎手荷物品・貴重品

・診察券・保険証・限度額認定証

・入院時に持参する書類一式
 →枚数が多くてクリアファイルに入れて持って行った。 

・携帯・充電器

・財布とお金

・手帳

・ボールペン
 →入院中も書類を書いたり、お小水と便の回数を記録したりするので要る。

・本やマンガなど暇つぶしの読み物
 →あんまり難しい本だと麻酔明けは気持ち悪くなって辛い。

・ウォークマンなどのMP3プレイヤー・イヤホン

・生命保険会社に出す入院手術治療証明書
 →生命保険会社から送られた紙を渡したけど病院での書式の診断書で返された。
   



◎個人的にこれ持っていって良かった品

・ふりかけ 
 →病院食はおいしかったけどご飯、特にお粥が進まない。
  そんな時に自分の好きなふりかけをパパッとかけるだけでパラダイス。

・S字フック
 →せっかくエコバッグを持ち込んでも掛けるものがないとどうもならん。

・クリアファイル
 →入院中も何かにつけ書類をもらうのであると便利

・ミャンマー製ORS
 →狸田所長からお見舞いに頂いた品。手術前日のお腹ぴーぴー状態に
 しみわたった~☆ あれがなかったら脱水症状間違いなしだった。
 持って無い方(ほとんどだよ)は大塚製薬のOS-1をどうぞ。
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-23 15:50 | 挑戦 | Trackback | Comments(0)
長期休暇の間ぜひやってみたかった事が「天然酵母を育てる」だった。
どうせ家でおとなしくしてるし、常にストーブたいて温かくしてるので
腰を据えて取り組める。
発酵食品好き・腐ったもん食べても平気なアイアンマッスルを持つ私にぴったり。


そんな訳で今月初めからチャレンジしているのだが玉砕続きだ。



☆華麗なる敗戦の歴史☆
・ヨーグルト酵母…カビ生やした。
・自家製甘酒酵母…強烈な酢の臭いがして投げた。
・ヨーグルト酵母元種併用式…いつまで経っても醗酵せず変色した。



4回目となった今回は酒粕で仕込んだ。
今度こそカビないように用具とガラスびんを入念に熱湯消毒し、
フタにガーゼをかぶせて少しふたを開けた状態で4日経ったら醗酵しましたよーー!!
d0225149_2049622.jpg

泡が元気にブクブク立って、思わずビンに「がんばったね~♪」と話しかけちゃった(^^ゞ

早速この酒粕酵母液で蒸しパンを作ってみました。

〇材料
薄力粉 150g
酒粕酵母液 50g
きび砂糖 30g
塩 ひとつまみ
豆乳 100cc
お好みの具(レーズン,チーズ,甘納豆など) 適宜

1,ボウルに薄力粉・きび砂糖・塩を入れホイッパーでぐるぐるよく混ぜる。
d0225149_20544641.jpg

2,1のボウルに酵母液と豆乳を入れ、ダマができないようささっと混ぜる。
d0225149_20565851.jpg

3,お好みの具を入れ、ささっと混ぜる。今回はとら豆の甘煮を入れた。
d0225149_20582664.jpg

4,生地を紙カップに入れ、上にぬれ布巾をかぶせて温かいところで3~4時間醗酵させる。
あまりふくらまなかったが、生地表面に細かい気泡が浮いていた。
d0225149_212074.jpg

5,蒸し器で強火で約20分蒸す。
 出来上がり。はい失敗作一丁~~!(ToT)
d0225149_2132230.jpg



見た目も食べても生地がねちねちして、ういろうのような食感だ。
かろうじて生地下側のうまく醗酵できたところだけ、ふんわりきめ細やかな口当たりになっている。
d0225149_2163166.jpg


今日この酒粕酵母液でパンの元種を作ったが、これまた失敗した。
部屋が寒いのか、はたまた手順がだめだめなのか…(昨日・今日と底冷えですね)。

ふふふ…私は諦めない。
新たな刺客を送り込むべく準備してあるのだ。
~続く?!~
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-18 21:18 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(4)
とっくに退院しているのにブログをさぼっていて、ちっとも闘病記録が進んでないので
さっさと書かないと忘れそうだ。


--------------------------------------   
入院前にこれだけ済ませました
--------------------------------------


1,会社に有給休暇を申請する
この際だから有給全部つかうぞオラー!
入院日が1/18なので、2日前から2月末日まで休みをもらった。


2,美容院に行った
少し短めにして、徹底的にボリュームをそいでもらった。
これで入院中もラクラク~♪


3,限度額適用認定書の取得
病気を入院・手術などの治療によって治すと高い治療費が困りもの。
しかし、この認定書を予め用意しておくと、自己負担額が80,100円で済みますよ~、
というありがたいもの。
ネットをさまよっている時に見つけたのだが、肝心の社会保険庁のHPで要領を得なかったので
直接社会保険事務所へ突撃。
※国保の場合は市町村の健康保険課で申し込みです。

申し込みは世帯主(=オット)が行い、申請書に記入する。
1週間ほどで到着。
ぺらっぺらの小さい紙ですが、これがなかったらどんだけ払うんだろう。


4,入院グッズを買う
面倒くさがりなので「入院だからって旅行と同じ感覚で用意すればいいだろ~」とか
思っていたがちょいと考えが甘かった。
書くことが多くなりそうなのでまた後日。


5,自己血輸血の採血&入院説明
採血の前に入院説明があった。
いろいろ案内の紙やしおりをもらうのでクリアファイルが必要。
入院受付へ行く時間や手術開始はお昼頃とか伝えられます。

腹腔鏡手術に備えて、400mlを一単位採血します。
一般的な献血とそんなに変わらないけど、看護師さんがずっと付いていて経過を見ている
ので安心だった。
ただ、リュープリン注射の副作用でめまい・だるさが出やすくなっているので
貧血になりやすい!!(※この日は絶対付き添いが必要です)


6,家の掃除
これが一番大変だった(笑)。
手術の日の付き添いでオットのお母さんが来てくれたのだが、ベースキャンプは当然我が家なので
呆れられないよう隅まで入念にお掃除。

最後まで注射の副作用に悩む
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-17 18:17 | 挑戦 | Trackback | Comments(0)

ベジポタラーメンとな?!

入院中食べたかったもの…ラーメン・餃子・カツ丼・ファーストフードなど
脂っこくて味が濃くて、体に悪いと思いつつ誘惑に勝てない食べ物たちだった。

消化不良が治って真っ先に食べにいったのはラーメン!
昨年オープンしたての「とこ豚(とん)屋」です。
※今回は全て携帯で撮ったので写真は今ひとつ、いえ今みっつです。

d0225149_2231442.jpg

ローカルな話で恐縮だが、旭川東郵便局に行くたびに気になっていたのだ。
前の店が何だったか思い出せない。

d0225149_226752.jpg

小上がり・カウンター・テーブル席とバランス良くシンプルな内装。
全席禁煙はありがたい。
私は喉が弱いのでタバコの煙で咳が止まらなくなってしまうのだ。
(旭川ってタバコに寛容な店が多いです)

d0225149_2294828.jpg

すでに来店済みのオットから「ベジポタラーメンがうまいよ。」と聞き
ねぎらーめん・ベジポタスープ・塩味を注文する。
オットはちゃーしゅーめん・ベジポタスープ・味噌味を注文。

張り紙によりますと…

濃厚ベジポタスープ
男爵いもをすりつぶし、ペースト状にした玉ねぎをとんこつスープに
あわせたものです


…どんなのか想像がつかないぞ。


ベジポタキターー(・∀・)ーー!!
d0225149_22163840.jpg

ねぎらーめん・ベジポタスープ・塩味 900円

表面に背脂がのってるけどスープを飲んでみるとそんなにクドさを感じない。
カップスープより少しさらっとした濃度でぽたぽたしてる。
牛乳を入れる前のシチューを濃い味にした感じ(ああ解りにくい)。

麺は太めのちぢれ麺で食べごたえがある。あんまり黄色くない。


オットが注文したちゃーしゅーめん・ベジポタスープ・味噌味 1000円
d0225149_22273545.jpg

すでに食い散らかした図。

スープにニンニクと唐辛子の風味が効いていてパンチがあるけど
ベジポタの優しさが隠れちゃってる気がするなあ…。好みの問題ですがね。
チャーシューがしっかり厚切りで肉食オットも満足でした。



冬の間は体が温まって良さげだけど、値段を考えると
行きつけの店の合間に行く店かなあ。
まだオープンしたてなので今後もっと味が練れてくるかもしれません。
楽しみー♪
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-10 22:42 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)

あっという間に2週間

退院して2週間が経ちました。

小さい傷のくせに痛みは一丁前、微熱・消化不良・だるさが続き
とにかく眠くて一日14時間ぐらい眠ったり、文字通り"冬眠"生活を送っていました。

それでも今週の頭くらいから徐々に動けるようになり、昨日は雪の中を4キロほど
歩けるまで回復しています。
(さすがに今日は筋肉痛でダウン)


明日からまた気分一新、無理をしないでブログ投稿していきたいと思います。
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-09 22:24 | 徒然