おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ちんすこうを作る

マーラーカオ(こちら)を作って以来、冷蔵庫の片隅でラードがずっといじけていました。
たまに使うとしてもチャーハンの時くらい。
出番はなかなかなく、酸化するのは時間の問題。

ネットをやっている時、ふとひらめいて「ラード お菓子」で検索したら
「ちんすこう」がヒット。
ふむふむ、家にある材料ですぐ作れる。よっしゃ、やってみよう。

d0225149_848052.jpg


〇材料 10~15個分
薄力粉 100g
きび砂糖 50g
ラード 50g

ボウルにラードときび砂糖を入れて、白っぽくなるまで練る(※写真は倍量で作っています)。
d0225149_8453793.jpg


次にふるった薄力粉を入れ、こねないようにまとめる。
こねればこねるほど、生地がベタついて扱いにくくなります。

生地をまとめている途中で半分に分け、シママース2つまみと抹茶を入れてみた。
これでパクリ雪塩ちんすこうと抹茶ちんすこうが出来る(はず…)。
d0225149_8461255.jpg


1~2cm程度に生地を等分に分け、ボタン型に丸める。
少し厚みをもたせたほうがいいです。

180℃のオーブンで15~18分焼いたら出来上がり。
焼き立てはやわらかいけど、さめたらパリッと固くなります。
d0225149_8465210.jpg


焼いている時、上の焼き色はつきにくいのに底の方は良く焼けて
がりがりに焦げやすいので、薄く成形すると焦げます。

片手間でできるし手土産にもおすすめです。
この際カロリーとにじみ出る油に目をつぶって味わってください。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-30 08:51 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(5)

麺・麺・麺

久しぶりにお弁当の紹介です。

最近暑い日が続き、口と頭と腕をよく動かす仕事なのでとにかく喉がかわきます。
冷たくて喉ごしの良いものが食べたい。
でもアイスでは腹に溜まらない。

鯔さん冷やし薬味うどん弁当がずっと気になっていたのでパクろう作ろう♪

〇冷やしうどん弁当
d0225149_18573575.jpg

全く違うものが出来上がった点については触れないでください…

具は焼きなす・パリっと焼いた油揚げ・青ねぎ。
おつゆはめんみを薄めただけ。
おろし生姜を用意していたのに台所に忘れ、帰宅したら腐っていた…(ToT)

冷やしうどんがおいしかったので、違う日はおそばにチャレンジ。

〇冷やしそば弁当
d0225149_1905687.jpg

具はなすと南ばんの焼き浸しの残り・揚げ玉・大葉・わさびだこ。
おつゆはまたまためんみ様。
わさびだこが腐らないかヒヤヒヤしたけど、さすがわさび!大丈夫でした。

さらに調子に乗って、ラーサラ弁当にチャレンジ。

〇残り物ラーサラ弁当
d0225149_196243.jpg

具は豚・もやし重ね蒸しの残り・たっぷり大葉。
おつゆは偉大なめんみ様+すりゴマ+黒酢。
麺の水気をしっかり切って胡麻油をまぶしておいたのに、食べる時にはのびのび・ほにゃほにゃ。
これは痛いな…。
うどんかそうめんで試してみたい。

従業員用の冷蔵庫はないので、クーラーバッグに大き目の保冷剤を4つ入れてロッカーに
保管しましたが、昼まで冷え冷えでしたd(^_^)b
今年は涼しくお昼休みを過ごせそうです。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-28 19:24 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(4)

ラベンダーが満開です

最近いろいろな事情によりシフトがちょこちょこ変更されています。
金の為に(爆)がんばっておりますが、来月少し更新をお休みするかもしれません。


お休みの日に近所を散歩していたら、ラベンダーの良い香りが一面に漂っていました。
d0225149_23432890.jpg


湿気の強い日だったので、ひときわ香りが感じられます。

ラベンダーといったら美瑛や富良野を思い出しますが、この季節混んでるし、
金もかかるし、近所で充分♪
そういえば帯広へ行く時、高速バスは美瑛と富良野を通ったのに、往復ぐうすか
寝てて写真撮れなかったなあ…(/_;)

d0225149_2349442.jpg


街路樹の下に植えられて、5~600mくらいのちょっとしたラベンダー通りになっています。
最近、とても朝晩涼しいので長く愛でられそうです。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-24 23:56 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

帯広爆食紀行 完

今回は旅の合間に食べたおやつをご紹介します。


暑かったので、北海道ホテルでパンを買う時、一緒にアイスクリームを買いました。
d0225149_2052874.jpg

ルーキーファーム 十勝ミルキーアイスクリーム 

d0225149_20161555.jpg

原材料表記もこれだけ。
十勝産のジャージー牛乳を使用したアイスクリームです。

d0225149_20172530.jpg

ジャージー牛乳だから濃厚でクドイのかな~と食べてみたら、そっけないほど
あっさりした口当たり。
アイスというより白くまのように、しゃりしゃり・さっと溶けていきます。
でも牛乳の甘味も感じられる。
アイスとソフトクリームの中間かな。

駅前の長崎屋で買ったお茶↓
d0225149_20211510.jpg

韓国産のとうもろこしのひげ茶。

なんか輸入物が目につくなあ~と思ったら、ドンキホーテグループだったのね。
飲んだら甘くてびっくりしました。
d0225149_20404976.jpg

シンガポールで甘い緑茶を飲んだ時以来の衝撃だった。
コーンスープのような、ポリコーンのようなあの香ばしくて甘い味。
これで顔がすっきりするのかなあ…。

お土産は定番品の柳月・メープル三方六。
d0225149_20292873.jpg

メープル味のバウムクーヘンです。

d0225149_2031024.jpg

個包装はされてないけど、一口幅に予めカットされています(20切れくらいだったかな?)。
中の生地も外側にかかったお砂糖のコーティングもメープル味。
みみっちいけど、少しずつはがして食べるのが好き。


こんな感じでよく食べた帯広旅行でした。
次はレンタカーで(またはオットの運転で)パン屋めぐりと新たなモール泉探求を目指すぞ!
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-22 20:42 | 放浪 | Trackback | Comments(10)

帯広爆食紀行 その4

仕事に追われてちょいと時間が経ったら帯広の記憶が薄れてる(>_<)
たった一泊二日で4まで行くとは思わなんだ。
デジカメのメモリを見ながらいってみよう!


ホテルをチェックアウトし、通学の子供達や通勤される方と一緒に路線バスで
帯広駅へ向かいます。
特に渋滞もなく(北海道で渋滞があるのは札幌だけ)スムーズに駅へ到着!

さて、駅へ着いたら構内のエスタ西館1階にある「とかち食物語」へ。
ここは十勝の名物がコンパクトに揃ったデパ地下のようなところ。
六花亭・ますやパン・豚丼のぶたはげ・ラーメン青龍・地元で有名なケーキ屋さんなど。
お食事・お土産・おやつが一気に揃います。

朝食後のデザートに食べたのはこちら↓
d0225149_19401546.jpg


十勝しんむら牧場 クリームテラス」のミルクソフトクリーム(¥280.-) チョコ・ミックスも有り。

牧場直営の新鮮ミルクで作られるソフトクリーム。
渦巻きも豪快だ!
しつこさのないミルクと生クリームの甘味が口に残る。
さっぱりより濃厚タイプなんだけど喉が乾かない。
コンデンスミルクからくどさを取った味、と言えばいいのか。

ソフトクリームを平らげた後は、向かいのブースのパン屋さん「トラントランますや」で
昼食のパンを購入。

ますやパンは帯広で指折りのパンの有名店です。
買うなら少し離れた「ボヌールますや」か「ますや麦音」の方が種類がたくさんあるのですが
バスの時間があったのでこちらで買いました。

こちらは店の面積は小さいのですがオーブンを備え、常に焼き立てを提供しています。
食卓パンより惣菜パン・菓子パンの品揃えが豊富です。

d0225149_19555992.jpg

向かって左から あんぱん(¥115.-),あすなろクロワッサン(¥130.-),白スパサンド(¥170.-)

無事バスに乗りこんで、ひと眠りしたあと頂きま~す♪

d0225149_200838.jpg

ますやパンの名物白スパサンド。
短く切ったスパゲッティとハム・ミックスベジタブル・強烈に胡椒の効いた特製ドレッシングの
パスタサラダが挟んであるサンドイッチです。
他にもいろいろな種類のサンドイッチがあるのに、いつも買ってしまう(十勝民でないのに)。
ドレッシングの味が企業秘密らしい。
例えるなら給食のフレンチドレッシング+ちょいとマヨネーズ+カラシ+塩+がっつり胡椒の味。

あすなろクロワッサン(写真なし)
十勝のあすなろファーミングの牛乳を使ったクロワッサン。
大きくて食べごたえがあります。
私好みの皮も生地もサクサクタイプなんだけど、生地から油がしみ出てくる程油っこい。
むうう…残念です(-_-;)

あんぱん(写真なし)
十勝産の小豆を使用したつぶあんぱん。
他、こしあんぱん・うぐいすあんぱんもあり、あんこ星人狂喜乱舞。
あんこがしっかり甘い。これは牛乳必須の甘さです。
パンも基本をきっちり抑えた甘め・ふわふわ生地で万人向けの仕上がりです。


一応今回で終わりのはずでしたが、まだ食べたものがあったのであと一回!
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-20 20:19 | 放浪 | Trackback | Comments(8)

帯広爆食紀行 その3

今回泊った宿は十勝川温泉郷の「十勝川温泉 湯元富士ホテル」です(HPはこちら)。
d0225149_21243255.jpg


・温泉つき しかもモール温泉源泉かけ流し
・交通至便
・安い(爆)
以上3拍子揃った宿です。

帯広駅前から路線バスに乗って約30分で到着。
バス停の目の前がホテルなので真冬しんどい思いをしなくていい。(雪中行軍は危険)
すぐそばにコンビニのセイコーマートもあるので安心♪

ロビーはアンティークな家具が置かれ全体的に大正モダンな雰囲気です。
ただしロビー以外は一般的ビジネスホテルの内装でした…。
客室数が少ないのでわさわさした雰囲気がなく落ち着いている。

今回泊った部屋です。
d0225149_2127086.jpg

和室6畳 風呂なし・トイレ付き。一人で一泊だから充分!
入ったらもう布団が敷いてあるのがいい。
ぐうたらしたいのにお布団敷きの方が来ると気を使いますよね。

湯沸かしポット(家庭用サイズ)・グラス・湯のみ・お茶・栓抜き・テレビ(BS放送対応)・
金庫・空の冷蔵庫・エアコンと基本的な装備が揃っています。

大事なおトイレは…↓
d0225149_21283891.jpg

ウォシュレット付きトイレと、赤ちゃんが沐浴できそうなほどデカい洗面。
蛇口にシャワー切り替えもあるから、頭を洗う事を考えてかな。
アメニティはせっけん・くし・歯ブラシ・ドライヤー。

今回の一番の目的である温泉(※撮影はしていません。)
十勝とドイツの2か所でしか湧いていない貴重な植物モール泉です。
ここのお湯はどこよりも褐色が強い。お湯がコーラ色だ。
そして湯の花が多い。
モール泉の湯の花は初めて見ましたが、「木や草が朽ちた細かな炭」っぽい。

お湯は肌当たりがさらっとしていて、お肌スベスベになります。
温度はぬるめなのに身体はしっかり温まる。
内湯ひとつだけなので繁忙期は大変そうだけど、行ったのが平日だったので
ほぼ貸切状態でした。

温泉を満喫して、ビールを飲んで、パンを平らげて布団でごろごろ…。
いつの間にか寝ていました。

翌朝、ひとっ風呂浴びたあと朝食バイキングへレッツゴー。

d0225149_21302963.jpg

内容は標準的な内容でした。
あるだけ良いと思おう。
何故ならこの後○○を食べる予定だから…ふふふ。


そしてまだまだ帯広紀行は続くのだ。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-16 21:38 | 放浪 | Trackback | Comments(8)

帯広爆食紀行 その2

カレーを腹いっぱい詰めこんだあとパン屋さんへ向かいました。
十勝には魅力的なパン屋さんがたくさんあるのですが車はない。
暑いし徒歩なので一軒だけです。

この時気温は32℃。
へろへろになりながら10分ほど歩き続けます。
d0225149_8304325.jpg


駅から徒歩圏でどこか‥と向かったのが北海道ホテル(HPはこちら)です。
d0225149_8311621.jpg

公園の緑に囲まれ静かで落ち着いたホテルです。
いつか泊まりたい…。

ホテルの正面玄関を入ってすぐ右手にショップ「Everything North 」があります。
焼きたてパンの他焼き菓子・ケーキ・選び抜かれた十勝地方のチーズやハム・お土産品などがぎゅっと詰めこまれています。

私が到着したのは14時頃だったのですが、パンはかなり品薄状態でした。
残念ですがさっと選んで購入。

↓上から時計回りにバゲット(¥210.-),ミルククロワッサン(2個入¥262.-),
パン・ド・カンパーニュ(¥420.-)
d0225149_834304.jpg


ショップ一番人気のバゲット。
d0225149_8374037.jpg

よく焼けていて、バリバリと良い歯ごたえの皮です。
生地はしっかり粘りがあるのにキメ細かくてふんわりと口当たりが軽い。

生ハムとカマンベールチーズをはさんでサンドイッチにして食べました。
d0225149_8383069.jpg

もぐもぐザクザク食べているうちに、私の腕ほどの長さのバゲットを一本食べ切っちゃった(爆)

十勝産の醗酵バターと牛乳をふんだんに使用したクロワッサン。
d0225149_8392043.jpg

移動中潰してしまいましたが、とても美しい層の立ち上がりです。
食べると表面はパリッ・中はしっとりでリッチな味わい。
あんまり食べカスが散らばりません。
さすがホテルメイドはお上品だわ。
私は外も中もサクサクなのが好きなので「ふむ‥これはこれで良し。」という感想です。

作るのに一日かけるというパン・ド・カンパーニュ。
d0225149_8401589.jpg

家に帰ってから食べましたが、皮のパリパリ感が失われず生地はしっとり。
長時間発酵ならではのイーストの良い香りがします。
生地の酸味がチーズに合うのだ。
ああ~、私にワインとうまいチーズをくれ。

スモークサーモン・クリームチーズ・きゅうりと大葉の塩もみ(弁当のおかずの残り)と
はちみつ・バターでタルティーヌ(オープンサンドです)にして頂きました。
d0225149_8462177.jpg


いつか泊まって朝食で思い切りパンを食べたい。
どこまでも軽やかで上品なパンでした。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-15 08:55 | 放浪 | Trackback | Comments(12)

帯広爆食紀行 その1

一泊二日で帯広へ行ってきました。
目的は「ゆったりモール温泉でつるつる・すべすべになっちゃうわよ☆」のはずが
「食え食え・どんどん食え!」にすり変わってしまいました。

高速バスに揺られること約3時間半。
帯広到着。
この日は今季一二を争う程の真夏日で、汗が止まりません。
湿気が少ないので日陰に行けば幾分ましですが、暑いものは暑い。

到着したのはちょうどお昼どき。
さっさと駅前の長崎屋に移動してお昼を食べましょう。

お昼に選んだのはカレーショップインデアンです。
d0225149_19334138.jpg
サイトは(こちら)



入口のエスカレーターをのぼり、食品フロアを右手に奥へとずんずん進むとフードコートが
あります。
インデアンは一番左奥です。
(写真ではかろうじて正面奥に写っています。)
d0225149_19404252.jpg


お昼どきで大変混雑していたので13時過ぎまで本屋のフロアに移動して時間をつぶし
いざ突入!

まずメニューを見て注文し、お金を払い、番号札を受け取ります。
そして番号が呼ばれたら注文した品を取りに行きます。
よくあるフードコート方式ですな。

今回注文したのはこちら↓
d0225149_19451574.jpg

インデアンカツチーズ (¥714.-)

仔牛肉をたっぷりと使い、まろやかでサラっとした辛さのインデアンルーにとんカツとチーズを
トッピングした品です。
他にも野菜ルーやシーフード、ハンバーグカレーなどがあります。
十勝っ子達がメニューに一瞥もくれず「野菜チーズ大辛!」など注文する様子は
必見です。

見るからにコテコテ感満載なカレーですが、カツがカラッとジューシーに揚がり
衣が薄くてきめ細かく、スプーンですくいやすい一口大に切られて載っているので
さくさく食べ進めます。
衣でお口をケガしなくてうれしい。

またルーとチーズが相性ピッタリ。
日本的とろっとしたルーカレーなのですが、お肉たっぷりなのに胃にもたれにくい。
食べたらまた思い出して食べたくなる、不思議なカレーです。

他のも頼みたいのにバカの一つ覚えでこれだけしか頼んだことがありません。
カツカレーをインデアン以外で注文することが稀なんだよね。

さて、エネルギー充電したあとは、お約束・パン屋さんへ向かいます。
~続く~
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-14 20:31 | 放浪 | Trackback | Comments(6)

やきそば弁当の新商品

おそらく今日から売り始めたやきそば弁当の新商品です。

マルチャンやきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味 (¥118.-)
d0225149_20455580.jpg


北海道限定のコラボレーション商品です。
お土産に使えそうだ。

たらこやき弁・あんかけやき弁に続くヒットになるか?!
いざ実食なり。

d0225149_2053139.jpg

中に入っていたのは粉末ソース・調味油・ふりかけと中華スープ。
あれれ…かやくはないのね。

お湯を入れて3分待って、戻し湯で中華スープを作りましょう♪
d0225149_20561454.jpg


粉末ソースと油を入れて、ふりかけをぱらぱら…んん?!
d0225149_20573319.jpg

青のりイパーイ♡

そりゃそうか、のりしお味だもんね。
でもこれ、職場でお昼に食べるにはちと厳しすぎる(ーー;)

よく混ぜて出来上がり~♪
d0225149_2133882.jpg


お味は…激ジャンクどす(ToT)。
しょっぱーい。脂っこーい。
濃い味好きなオットも「ジャンクな塩焼きそばだな。」とボソっと言うほどだ。

お口直しに焼きうどん弁当作っておいてよかったわー。
d0225149_21121618.jpg


感想は「一回食べたら良い思い出になります。話のネタに最高です。」。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-11 21:18 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)
先月漬けた黒糖梅酒・ポンカン酒・レモン酒・梅黒糖漬け(記事はこちら)。
暗くて涼しい押し入れに大切にしまい、一日の終わりにそっと取り出しては
「むふふ♡」と微笑みながらビンを眺める日々を送っていました。

ポンカン酒とレモン酒は一週間で飲めるだろ、とたかをくくっていたが、果実成分が出るまで
一カ月かかるんですね(涙)
飲めない酒飲みはじっと耐えておりました。

そして一カ月経った黒糖梅酒(左)と梅黒糖漬け(右)↓
d0225149_2142314.jpg


今のところカビも生えず順調な生育状況です。

そういえば、「黒糖梅酒 黒すぎる」というキーワードでいらっしゃった方、
安心して下さい。うちの黒糖梅酒も黒すぎです。
黒糖の成分が沈殿しているのが気になるのよねえ。
一週間に一度、軽く振って対流させているんだけど梅の実が潰れないか心配。

そしてポンカン酒とレモン酒の味見ターイム♪(=^~^)o∀ウィー
d0225149_21103812.jpg

きび砂糖で漬けたせいか色映えしませんがどうでしょうか。
二つとも色で判別不可能なところが痛い。

まずはポンカン酒。(両方ともソーダ割り)
d0225149_21124340.jpg


おおー、ポンカン味だ~<中身のないコメント
しっかり果肉成分が出て、瑞々しい甘酸っぱさです。
これは来年大量につくりたいぞ。

続いてレモン酒。
d0225149_21153644.jpg


おうっっ、酸っぱい!あれだけ砂糖入れたのに。
でも暑いからこの酸味がクセになりそうだ。
ジンジャーエールで割ったらおいしそう。

半年後の黒糖梅酒と梅黒糖漬けの味見が楽しみです。
できれば一年ぐらい寝かせたいけど、全部飲みきらないよう気をつけます。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-07 21:27 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)