おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る

<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

我が弱小ブログにコメントをくださる、バリ島&お料理マスターのcarambolaさん
北海道ではさして珍しくない三角揚げ(三角形の油揚げ)を紹介(こちら)していた。

>あまり見かけない三角形の揚げ.
>しかもデカイ!
>これ,どうやって食べるんだろう?
>一口大に切っちゃったら…なんかもったいないよね(笑)


私も元・北関東民なので非常に気になっていた。
なんで三角???

オットや仕事仲間に聞いてみたら
「え…?三角形って珍しいの?普通に料理してるよ。味噌汁とかおでんとか。」
と、なしてそんな事聞くのさあんた状態でした。

三角形のお揚げさんは北海道の他、東北や関西でもあるそうで
北海道だけが独自路線を保っている訳ではないようです。

d0225149_2241839.jpg

切ってみると、まるでお座布団のような厚みがある。
味噌汁よりちょいとあぶって生姜醤油で食べたいなあ。

私は普段小揚げの徳用パックを冷凍庫に常備しています。
d0225149_2253646.jpg

生活感もりもりな写真ですみません…。

一つが縦約8cm×横5cm×厚さ2cmの大きさです。
ATMカードやクレジットカードとほぼ同じくらい。

さて、北海道で「なんで○○?」となっている食材を使って
五目ご飯を作ってみましょうo(*^▽^*)o


材料は、三角揚げ・小なると(中の渦が緑色)・丸天・ひじき・ごぼう・人参・こんにゃく・
干し椎茸・豚肉・白米・もち米です。
d0225149_2262212.jpg


まず材料を全て細切りにします。
d0225149_2265270.jpg


材料をごま油で固いものから順に炒め、干し椎茸の戻し汁・醤油・砂糖・みりん・酒・
酢少々・和風だしの素で味をつけ炒め煮します。強めの甘じょっぱさが目安。
d0225149_2274969.jpg


白米ともち米(充分にうるかす)を1:1の割合で用意し、味付けした材料と一緒に
炊きます。

炊きあがったらほぐして出来上がり。
d0225149_2282656.jpg


※これはオットのおばあちゃんの得意料理なので、北海道スタンダードでは
ないですが、料理の一例として載せてみました。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-29 22:10 | 食欲バンザイ | Trackback(1) | Comments(8)
手土産にスフォリアテッラ風のパイ菓子を作りました。

スフォリアテッラはイタリア・ナポリ名物の貝殻の形をしたパイ菓子です。
中にリコッタチーズのクリームを詰めます。

d0225149_17353153.jpg

※辻調おいしいネットより

作り方を見ると、素人には簡単に出来そうにはないので
かなり端折った作り方でやりました。

実際の工程はこちら
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-26 18:02 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(4)
最近売り出された気になる商品「ブラックサンダーまんじゅう」。
当店のイチオシ!!とPOPが貼られ、かごに山盛りで売られている。

d0225149_1557468.jpg

(1個入り 85円)
「ソフトに見えてわりと腹黒」…ワシのことかね?

この商品をうれしそうに観光客の皆様が買っていかれます。
(私の職場は観光施設のすぐそばです。)
そんなにうれしそうならこっちも買っちゃったよ。
HPを見たら地域限定発売品らしい。北海道オンリーか?

d0225149_1611734.jpg


中はこんな感じです。
ココア味のまんじゅう皮にチョコクリーム、クランチでアクセント。
チョコレート好きにはたまらない商品です。
何というか…ちょっとねっちょりしている。
超甘党の私でも苦いコーヒーを所望する。

バーコードの上に何かいる↓
d0225149_1662661.jpg


これが噂の(?)ブラックサンダー仮面かしら。
ぱっと見、野球の球審に見えなくもない。
この微妙な腰の引けっぷりが笑える。

自信を持ってお薦めする!とは言わないが、小腹が減ったときに
ぴったりの一品です。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-22 16:16 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)

プリンが有名な喫茶店

先日、息抜きでふらっと名寄へ行ってきました。
車で行けば1時間半のところ、路線バスなので片道2時間半…(-_-;)
充分お昼寝を堪能しました。

駅前を歩いているとパンとケーキの甘~い香り。
事前に地図を見てなかったけど動物的本能でたどり着いた。
喫茶ブラジルです。
d0225149_1529870.jpg


中に入るとおいしそうなケーキやパンがたくさん並んでいます。
「喫茶はどちらですか?」と尋ねたら、一人だったせいか菓子コーナーの奥の座席へ
案内されました(2Fもあります。)。

d0225149_15324559.jpg

奥左がキラ星のごとく生菓子の並ぶショーケース(逆光で光っちゃった)。
奥右が2階席への階段です。

焼きカレーが目当てだったのにパン&チーズ好きの私はこれを選んだ。
d0225149_1536677.jpg

パン・ケース・グラタン ホワイト(620円)
ホットコーヒー(食事と一緒の注文だと250円)

これ写真では分かりにくいですがパンの厚みが凄いのだ。
一辺が約10センチ/厚さが約5センチ。4枚切りパンと同じか少し大きいかくらい。
このパンがまたうまいのです。
皮がパリっと香ばしくて、中身はもちっと粘りがあって、味はシンプルで滋味深い。
この角食買いたかった…。

中はホワイトソース・えび・コーン・マッシュルーム・くり抜いたパンの中身と
上から溶けるチーズがたっぷりかかっています。
最初に中のグラタン部分を食べて、後でケースのパンを食べるといいそうだ。
おいしくてがっついて食べたら口の中火傷した。

ここのお店はとろけるような滑らかな口どけのプリンで有名なお店です。
でも一人だと何でもかんでも買って食べるのは難しい(>_<)

焼きドーナツやパンもあったのに買えなかった…。
またリベンジ予定です。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-19 15:53 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(8)

夏はラーサラ

肌着の一種ではございません。
「ラーメンサラダ」の略です。
何でも略す事に若干の抵抗感があるがこれが通り名だから言ってしまう。

北海道の夏の麺料理の代表格であるラーメンサラダ(以下略)。
札幌の老舗ホテルである札幌グランドホテルの料理長が考案した料理です。

d0225149_8263329.jpg

元祖ラーメンサラダ…950円
※札幌グランドホテルのHPより。美味そう。
ホテルだからサービス料とか付くんだろうか…。

麺はスーパーに生ラーメンが各社競って大量流通しています。
d0225149_8273166.jpg

具は特に決まりはないのでお好みです。
周りにインタビューしたらレタス・キュウリ・トマトを入れる家多し。
たんぱく質は鶏やエビ、ちょっと豪華に豚しゃぶしゃぶなど。

タレも各家庭でそれぞれ異なる。
冷やし中華のように甘酢ダレ一辺倒ではなく、中華・ゴマ・洋風など
異種格闘技戦のようだ。
もちろんスーパーでラーサラのタレも売っている。


今回のうちのラーサラ
d0225149_828839.jpg

これを朝食に頂きます。
朝ラーサラはうちぐらいしかやらないんじゃないか?

冷蔵庫で溶け始めたパクチーをどうにかしたかったので、トマト・新玉ねぎ・
レモン・タバスコ・オリーブ油・塩でサルサソースを作る。

蒸し鶏を作りほぐして準備しておく。
(朝は楽したいから…。)

朝、生ラーメンを茹でて水でしっかり締める。
レタスと間違って買ったサンチュをちぎり、鶏と麺と一緒に盛り付ける。

中華ごまドレッシングとサルサソースをかけていただきます。

【男前】弁当の鯔さんがラーサラ弁当を作っています!(こちら)
ポンポコ研究所の狸田所長が緑のラーサラを作っています!(こちら)
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-17 08:31 | 食欲バンザイ | Trackback(2) | Comments(8)
ちょいと西興部(にしおこっぺ)村へ行ってきました。
それはこの村の名物、村長ラーメンを食べたかったから。

村長ラーメンは西興部村の村長が考えた自慢のラーメン。
特産の鹿肉と行者ニンニクを使ったラーメンだそうだ。
名前がストレートなのがますます気になる。食べに行くべし!

d0225149_15151967.jpg


いかにも鹿が走りまわっていそうな道を通って到着!

d0225149_1517731.jpg


西興部ホテル森夢(リム)です。
ホテル・レストラン・温泉・公民館・図書館の入った施設です。
1階にあるレストラン「グリンリーフ」で頂きます。

辛さレベルが「並・中・激辛」と3段階あるが、どう来るかわからないので
「並」を選択。


来たーー!
d0225149_15312574.jpg


村長ラーメン(900円)

すっきり醤油ベースの汁に唐辛子のピリピリが効いたスープです。
並でも「辛ラーメン」と同じくらいかな。
辛さでヒリヒリより、食べていくうちにじわじわサウナのように暑くなってくる。

行者ニンニクを初めて頂いたのですが、見た目は幅広で肉厚のニラ。
味は野趣溢れるニラとニンニクの芽の部分が合わさった味に似ている。
かなりたっぷり入っています。3~4株は入っているだろうな。
そして大量のモヤシと炒めてドン!と載っているので麺にたどりつかない…。

鹿肉は煮豚のようにホロっと炊いてあります。
何だろう…「肉味のおいしい血合い」の味がする。
クセはありません。ラム・マトンが好きなら鼻歌で食べられる。
甘じょっぱい味付けが勝っているので初めての方でも抵抗なく食べられると思います。


量は多いし、辛いし、汗だくで平らげました。
お冷やもおいしかった♪
森林地帯だからお水がおいしいのかな。

Moreお食事中の方は読まないでね
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-14 15:54 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)

男は黙って…豚丼弁当

本日のお弁当は豚丼です。
d0225149_19241014.jpg


普段の弁当はおにぎりオンリーですが今日は余裕があったので作りました。
(ぶっかけ上等…。)

シチュー用に買っておいた豚ももかたまり肉から必要量をキコキコとスライスし、
少量の砂糖をもみこんで冷凍庫に突っ込んでおきます。
砂糖をまぶすと肉が柔らかくなると、誰だか料理研究家が言っていた(と思う)。

朝、肉を解凍して片栗粉をまぶし、フライパンで焼き付け、
醤油・みりん・砂糖で甘じょっぱく味付けすれば出来上がり。
「甘辛い」ではなく「甘じょっぱい」、これが北海道の味付けだ!

ご飯にちぎったサンチュを敷いて肉をのせ、マヨネーズと山椒をトッピングします。

一番忙しい日曜日をボリューム弁当で乗り切ったどー!!
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-12 19:36 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)
北海道の初夏を彩る花といえばライラック。
ボ~っとしている間にあちこちで満開になり、ここ最近の急な雨で散りそうです。

d0225149_20303842.jpg


この日は日差しが強く、薄紫色のお花が白とびしています…。
風も強くてピントを合わせるのも一苦労(うう、オートフォーカスなのに)。

イチリンソウの後はこのお花。
忘れな草だったっけ…調べていません<(_ _)>
d0225149_20345131.jpg


定点観測
d0225149_20353780.jpg


緑が急にわっ!と増えました。
鳥のさえずりや木の葉の清々しい香りを楽しみながら橋を渡ります。
毎日ちょっとだけ森林浴をしています。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-11 20:40 | 徒然 | Trackback | Comments(4)
ブログタイトル、「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが
香港の点心「大根餅」と、そこから派生したシンガポールの「キャロットケーキ」を
つくりました。

まずは大根餅(レシピはこちら)
たまにむしょうに食べたくなる。
おかずに良し。おつまみによし。焼くだけなのでお招きの食事にも良し。

レシピの浮き粉が買えなかったので片栗粉に変えた。
焼き豚を50gの為に買うのが惜しくておやつカルパスを買って済ませた。

d0225149_20161863.jpg


まあ順当な仕上がりと味でした。
辛いソースがないのでラー油と黒酢で頂きました。


さてキャロットケーキをつくる。
だが困ったことにシンガポールで実際に食べたことがない!!( ̄へ ̄|||)

シンガポールのホーカー(屋台飯)&レストランガイドのマカンスートラ2009年度版を見ると
「大根餅に醤油・卵・ニンニク・ネギ・pickled vegetablesを入れて炒める」(←超意訳)
と書いてある。
pickled vegetablesって何?
私漬け物苦手だし、今家にある漬け物ってニシンの切り込みしかないよ…。
明日仕事だし、ニンニクもやめよう。

シンガポールのローカルフードマスター、lee_makanさんのブログをじろじろ見て
イメージトレーニングする。
よし、ホワイトスタイル(胡椒がんがん味)に挑むぞ。

出来た。
d0225149_20311831.jpg


食べたけど、な~~んかいまいちな味…。

大根餅自体に問題がある。
この配合だと歯触りが「もちっ・ねちょっ」としているので、香港スタイルには適している。
が、切って炒めるとなると「ねちょっ」がフライパンの焦げを生み、寝ぼけた味と
歯触りへと変化してしまう。

あちこちのサイトで見るキャロットケーキは白くて「さくっ・ぷるっ」と
しているもんなあ。

さくさくの歯ごたえの餅ねえ…。
トッポッキ(韓国のうるち米でできた餅)を使えば簡単に再現できるかな?
今度はちゃんと浮き粉を買って、完全な作り方を試さないとね(ーー;)
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-10 20:54 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(6)

初めての…

梅酒をつくりました。

毎年作りたくても作れなかった梅酒さん。
今年は梅が並び始めたのとほぼ同時に手に入れ、雪辱を果たしました。

d0225149_18261954.jpg

左:黒糖梅酒 右:梅の黒糖漬け

黒糖梅酒は、芋焼酎の黒霧島で漬けこみました。
初心者のくせにいきなり変化球勝負です。
黒糖をつまみに黒霧島のお湯割りを呑むことがあるので、おそらく合うだろうと思って。

◎材料
・梅 500g
・黒砂糖 350g
・黒霧島 1リットル

梅の黒糖漬けは、黒砂糖を買いすぎたので急きょこしらえました。
本当は、はちみつ漬けにしたかったけど何とかなるだろう。
カビないで漬かりますように(>人<)

◎材料
・梅 500g
・黒砂糖 400g


勢いにまかせて、こんなものも作った。
d0225149_18344527.jpg

左:ポンカン酒 右:レモン酒

気まぐれでお値下げ品の3つで100円のポンカンを買った。
食べてみたら2つは瑞々しく甘味も充分だったけど1つは「…。」
ええい、コレクションを増やしちゃうわよ♡

◎材料
・ポンカンとレモン 各100g
・きび砂糖 80g
・ホワイトリカー(35度) 200cc

この砂糖が沈殿して固まっているのが気になる…。
煮沸した箸でぐわし!とかき混ぜたい衝動にかられる。
時が解消してくれるのか。

ポンカン酒とレモン酒が飲めるまで最短で一週間。
梅類は三カ月。
楽しみがひとつ増えました。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-09 18:50 | 挑戦 | Trackback | Comments(6)