人気ブログランキング |

おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

oBIKEのデポジットが返金された!?

期待の新規事業だったシェアサイクリングoBIKEが夜逃げ同然でシンガポールから去り、返金保証されているはずのデポジットを返ってくる望み薄で申請しました。
前回の記事はこちら
d0225149_20581452.jpg
(写真はイメージです)


無駄だとは思いつつ、まずアプリからデポジットの返金申請をしておく。
「My Wallet」→「My Deposit」→「Refund Deposit」
d0225149_21031015.jpg
d0225149_21033584.jpg

oBIKEが全く情報を更新しないので、ネットを彷徨いシンガポール消費者協会(CASE)のfacebookでユーザー専用の申請フォームを見つける。
d0225149_20572234.jpg


このフォームにログインする為にGoogleアカウントが必須で、個人情報だだ漏れではないか…と恐怖しながら入力する。

d0225149_20572723.jpg
・oBIKE Account Name(わかる。必要だねえ)
・Mobile Number(8桁しか入力できない。ローカル用じゃないか)
・登録したEmail Address(これも必要か)
・Menber ID(必須じゃろうて)
・住所
・郵便番号
・デポジットの支払方法はどれ? クレジットカード/ペイパル/デビットカード/他にもあったような

ここまではよかったものの、難関はこの下から。

・デポジット払込の電子履歴
(明細のPDFを貼り付けたけど日本語大丈夫なの?)

・国民登録番号(NRIC)
(えええ~?シンガポーリアン専用じゃないか。パスポート番号でいいのか?必須項目だから空欄だと「入力してください」って出ちゃうんだよなあ)

・oBIKEアカウントの証明
(アプリ画面のスクショを貼りつけた覚えがある)

結局電話番号は「その他の連絡先」に国番号から入れた。
これ以外にも色々入力した覚えがあり、かなり手こずった。
入力するのに必死で画面をスクショする余裕もなかったなあ。

ここまでが先月の話。



つい最近、ATMで通帳記帳したら見慣れない入金がある。
帰宅して慌ててカード明細にログインしてみたら、oBIKE Hong Kongの引き落としが取り消されてる!
d0225149_20573495.jpg
金額・日付・レートも同じだった。
ぬか喜びかもしれないけど「やっぱり返して」って言われたって返さないぞ!!


そうと決まればアプリもアンインストールしてやれ。
返金問題がどうなるか分からなかったので今まで保留にしておいた。
d0225149_20575259.jpg
アプリを開いて画面下部の「User Guid」をタップする。
いちばん上の「Member Centre」はタップしても開けなかった。
残金がUSD5.71残っているけど、高くついた授業料としてサヨナラしてやる~。
(チャージした金額は「いかなる理由があろうとも返金されない」そうです)
d0225149_20592493.jpg
「Account holder」→「Delete account」をタップする。
ちっ、あの時また乗るだろうと勢いでチャージしたら激しい雷雨で乗れず、会社もバンザイしやがって…ブツブツ。
d0225149_20573823.jpg
『ホントに取り消すの?』みたいなとぼけた画面が出てくるが「Confirm deletion」をタップする。
本当に大切なことは細かい字で書いてあるって誰かが言っていたが、次に行く。
d0225149_20574174.jpg
oBIKE passwordを入力し、OKをタップする。
ここまでスクショしながらやっているが、スクショする度に「シェアしますか?」と出るのが笑える。
しねーよ!!(悪態ついてごめんなさい)
d0225149_20574847.jpg
さあ楽しいアンインストールのお時間です!
d0225149_20575605.jpg
私の個人情報どれだけ抜かれたのかしら?
サヨ~ナラ~♪ヽ(^o^)丿”

トラックバックURL : https://penguinair.exblog.jp/tb/27300851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mayis-havaalani | 2018-12-22 21:42 | 徒然 | Trackback | Comments(0)