おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る

怪しい大福をつくる

以前「ポンポコ研究所」でタイの怪しい大福が
紹介されていた
のですが、着色料で毒々しく
お化粧された餅に比べ、なんとなくアピールに
欠けたあんこに物足りなさを感じたのです。

「私だったらこうしたいな~。」という夢を
実現させました。
d0225149_13134656.jpg

渋い?
作ってる人が地味だからなあ。
でも中身は凝ってみた。
d0225149_13141040.jpg

東南アジアに敬意を表したラインナップです。


では順にご紹介いたします。

1、緑豆大福
d0225149_13143999.jpg

お汁粉や月餅でおなじみの、体の熱を取る
働きがあるとされる緑豆のあんこに
桑の葉茶のほろ苦さがアクセントの求肥を
合せました。
これがいちばん和菓子っぽい出来だった。
d0225149_13151083.jpg

50円の差をケチって皮つき緑豆を買ったら
あんこがセメント色に変身Σ( ̄ε ̄;|||
ケチらず皮むき緑豆を買えば、手間がかからず
黄色のあんができたのに。


2、ボボチャチャ大福
d0225149_13153865.jpg

マレーシアやシンガポールで食べられている
お芋各種とタピオカが入ったココナッツ汁粉を
あんにしました。
タピオカの代わりに茹で小豆とコーン入り。
皮もココナッツミルク入りです。
d0225149_1316148.jpg

キャッサバ芋が手に入らないので、さつま芋・
長芋・里芋の3種を投入。
具についての異論は受付けません。


3、レンズ豆大福
d0225149_13163114.jpg

天野朋子氏のマクロビ本に載っていた
「レンズ豆をドライフルーツで煮るとまるで
栗ペーストのよう!」が本当なのか作ってみた。
レーズンが材料に入っているのと、色どりを
考えてブドウジュース皮を合わせた。
d0225149_13165155.jpg

工程は比較的簡単だが、ねっとねとの豆を
ミキサーにかける作業はうちのミキサーでは
無理だった。
やむなく水を入れてミキサーにかけ
煮詰めて水分を飛ばす。
味は…栗と言うにはちと遠い。
レーズン味の粉っぽい豆味だ。


4、ミロ大福
d0225149_13172833.jpg

今回の白眉であるミロ生大福。
3種はすぐ思い浮かんだが最後の1つが
決まらずオットに「ねーねー、茶色の大福って
何がある?」と無茶ぶりした。
コーヒー、チョコといった月並みな答えのあと
「ミロ!(`・ω・´)」と好物を答えた。

…これだよ!
マイローを忘れていたよ!

d0225149_13175645.jpg

ローソンのロールケーキの生クリームだけを
冷凍庫で固め、緑豆あんとミロを合わせた
あんでくるむ。
求肥の水分はもちろんミロだ。
強い子になれるようちゃんと牛乳で溶いたd( ̄ー ̄)



今回の求肥は,白玉粉とタピオカ澱粉を
4:1の割合で作った。
(タイの大福もタピオカ入りだったような)
d0225149_13182273.jpg

翌日でも皮がモチモチだ。
さすが食品添加物

大量に残った怪しいあんこをどうしよう。
鏡開きは怪しいお汁粉か。
d0225149_13195540.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://penguinair.exblog.jp/tb/20205202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ポンポコ研究所 at 2014-01-11 20:49
タイトル : ไดฟูกุ(ダイフーク)
タイのファミリーマートは、1993年に1号店が開店したポンが、97年の通貨危機でタイ側パートナーががたがたになって日本人主体の経営になったり、店舗拡張をやりすぎて収益が悪化したりと、色々なことがあったポン 2012年からは、CRC(Central Retail Corporation Limited)をパートナーとして再出発ポン ※タイのファミマ(Siam FamilyMart Co.,Ltd)は、持ち株会社であるSFM Holding Co.,Ltd.(50.29%) と、日本のファ...... more
Commented by lovely_padme_37 at 2014-01-08 15:58
ズッゲーーーーーーーー (^^♪
ずっげーーーーー 
オラこんなの真似できねーだよ ^^;

ポンさんとこで見たけどホントに毒々しいというか色が(@_@;)
あぁいう色のお菓子 SINでもあったもんなーと思い出しw

mayisさんの地味色だけど和の色だしステキだわ ♪
『和の色名』って授業受けてたのに何も思い出さないww

それにアイデアが流石!!!って思いました。。。
いやーーー近いから余ったら言って下さい(これもしつこいかw)

求肥ってふかす? 焼く?は違うよね・・・ 練るだけではならないよね?
自分で調べろ!ってかww そそ!私 ケーキ苦手だけどお餅・団子とか好きなのよ ホホホ
Commented by carambola at 2014-01-08 20:17
あれ、鯔今回の渡タイで
怪しい大福買ってきたよ(笑)
フレーバー違いだけど、
そっか、所長がすでに取り上げてたのか
↑つまんなーい(-_-)

しかしそれを真似して自分で作るとは…
よくやった!と誉めていいやら(笑)?
残りはどこかのお店に
並べてもらったらどうかな?
って、今流行りの農y…(^_^;)))
Commented by lovehorse at 2014-01-09 20:27
mayisさんは、天才!
ほんとーうに、すごいわ!
食べてみたいような、眺めていたいような…^^
ご主人の感想はどうでした??
Commented by mayis-havaalani at 2014-01-10 10:07
padmeさん こんにちは。

実は和菓子を作るのはこれが初めてなので、出来が
今ひとつです。
padmeさんに差し上げるのはもうちょっと研究してからにします(^^)

求肥はレンジでチン!で加熱しました。
本によって言ってることがバラバラで、まとめるのに苦労
しましたよ…。
「和の色」。うん、そうかも。
Commented by mayis-havaalani at 2014-01-10 10:12
鯔さん こんにちは。

鯔さんが買った怪しいダイフーク見たい~!o(^o^)o
アップ心よりお待ちしています。

普段怪しいものばっかりつくってますけど、今回の大福で
怪しさのレベルを2段階上げた気がしますw
完全ネタだから売り物にならないでしょう…(--;)
Commented by mayis-havaalani at 2014-01-10 10:16
lovehorseさん こんにちは。

いやいや、アップで撮ると粗が目立つので、布や
向きで巧妙に隠してあります。

オットの一番は意外にも「緑豆」でした。
クセがなく和菓子っぽいのが勝因かと。
「ボボチャチャ」は私はシンガポールの思い出に浸れたのですが
オットは「カロリーメイトみたいな栄養食だな!」と
よくわからないコメントをしてました(^^;)
Commented by tanukidaponta at 2014-01-11 20:53
いやいや
ものすごいポン~~~
怪しさ倍増ポン~(笑)

やっぱり、モチにタピオカを入れた効果は絶大ポン!
タイの名物と称して、サッポロで店を開くポン~~!

で、TBさせてもらったポン
Commented by Annepa at 2014-01-11 23:53
いやあ 考えてますねぇ(^^)
怪しさはたっぷりだけど、日本的にはタイの大福よりいいかも?
餅屋さんから見ても画期的かも(笑)
Commented by mayis-havaalani at 2014-01-13 13:27
狸田所長 こんにちは。

わーい!怪しい人に怪しいってほめてもらえたー\(^▽^)/
クオカで加工していないタピオカ澱粉が売っていたのですが
送料がかかるので今回はやめました。
(↑の澱粉は札駅の冨澤商店で購入)

タイの方向けは何味がうけるのかな~。
こちらもトラバ頂戴しに行きます。
Commented by mayis-havaalani at 2014-01-13 13:32
Annepaさん こんにちは。

本職の方にほめていただいて恐縮です。
大丈夫です!商売敵には永遠になりませんので=З

ブログ始めたときはほのぼの系にするはずだったのが
化けの皮がどんどん剥がれて怪しい物生産ブログに
なってます(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mayis-havaalani | 2014-01-08 13:38 | 食欲バンザイ | Trackback(1) | Comments(10)