おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る

焼きまんじゅうをつくる

私は群馬生まれの群馬育ちです。
北海道へお嫁に来て何年か経ちますが
未だに上州弁が抜けません。

群馬のソウルフードの一つ「焼きまんじゅう」
d0225149_17133749.jpg

※元祖呑龍山田屋本店より

すかすか・むちむちしたちょっと酒まんじゅうに
似た味のまんじゅうに、ツヤツヤこってりな
みそだれを塗って炭火で香ばしく焼く。

あんこ入りの焼きまんじゅうがあるそうだが
あんこ星人の私もちょいとあんこは御遠慮
願いたい。

帰省した際は必ず買って食べます。


mayisの独断と偏見焼きまんじゅうランキング

1,岩崎屋
→食べなれた味。名物黒い焼きそばと一緒に食べる。
2,元祖呑龍山田屋本店
→まんじゅうがうまい。ここの最中もうまい。
3,助平屋
→高校生の時、よく買い食いした思い出の店



当然ながら北海道では全く売っていません。
今の時代、通販でお取り寄せが可能ですが
なんでも作りたがりのわたくし、故郷を
思い出しながら作ってみました。



◎材料 2~3人分
・まんじゅう
強力粉 150g
薄力粉 150g
玄米&ヨーグルト元種 100g
インスタントドライイースト 1g
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/4
ぬるま湯 40~80cc
冷やご飯 100g
甘酒(市販) 100g
注:元種は処分で入れたのでなくても出来ます。
その場合イーストを3gに増やしてください。

・みそだれ
砂糖・みりん・赤味噌・日本酒 各お玉1杯
黒砂糖 大さじ2
はちみつ 大さじ1



1,冷やご飯と甘酒をミキサーにかけ粥状にする。
d0225149_171739.jpg


2,ボウルに、液体以外の材料を量りながら入れる。
  全て量ったら1の粥状を入れる。
d0225149_17172536.jpg


3,ぬるま湯を少しずつ入れながら、ねちょっと
  手にまとわりつくくらいの緩めの状態まで入れる。
  今回40cc入りました。
d0225149_17174884.jpg


4,10分ほどこねる。最初はネチョネチョだけど
  最終的につるんとした生地になる。
d0225149_17181252.jpg


5,2倍の大きさになるまで一次発酵させる。
  (冬で室温が低いせいか保温しても2時間半かかった)

6,この間にみそだれを作る。
  材料を全て鍋に入れ、中弱火で煮詰める。
  冷めるとたれが固まるので、へらで書いた筋が
 すぐ消えるくらいの濃度で火を止める。
d0225149_1719197.jpg


7,パンチを入れ4分割後、30分ベンチタイムをとる。

8,4分割した生地をさらに6分割して丸める。
  (焼く時大きな竹串で刺すなら4分割にする)
d0225149_17192751.jpg


9,蒸し器にはく離紙をひいてまんじゅうを並べる。
  蒸すと膨らむのでつかず・離れず程度の距離で。
d0225149_17194793.jpg


10,蒸し器に並べたまま倍の大きさに
  なるまで二次発酵させる。
d0225149_172086.jpg


11,中火で15~20分蒸す。
d0225149_17202390.jpg

ちょっとまんじゅうの味見を(作る人の特権♪)
あっ、味が薄くてスカスカ・ネッチリでうまい!
これだよ~(T▽T)
d0225149_17204612.jpg


12,熱いうちに縦3 or 縦4等分に分ける。
  一般的な細い竹串→縦3
  青竹の太い串→縦4
d0225149_17211042.jpg


13,串で刺す。まんじゅうは冷めたら固くなるので
   温かいうちに焼く。もし冷めたら温めなおす。   
d0225149_17212935.jpg


14,魚焼きグリルにアルミホイルを引いて
  (たれが焦げて掃除が大変)、両面に焼き目が
  つくまで焼く。
d0225149_17215580.jpg


15,焼けたまんじゅうの両面にたれをたっぷり塗る。
d0225149_17222149.jpg


16,再度まんじゅうをさっと焼き、たれを照り程度に
  さっと塗って出来上がり!!
d0225149_17223721.jpg



食べている時、自分でふる里の味をある程度
作れた感激で胸がいっぱいになって、少ししか
食べられなかった(笑)
手間はかかるけど、これで通販代が浮いたぞー
d0225149_17245248.jpg

オカンに写メで報告したら「すごいねー!でもみそが
黒くないね。」と言われた。
オゥイエス、解ってる。
群馬の黒々としたみそだれを追求するなら、
黒砂糖をお玉1杯にして、砂糖を大さじ4にすれば
黒いみそだれになると思います。

焼きまんじゅう屋さんでは、米と米麹できちんと
甘酒をつくって、その発酵力を生かしてイーストを
使わずまんじゅうを作るとか。
むう…プロの技。真似できるかいな。
麹菌が活発になる冬の間、ちょっと挑戦してみたい。
[PR]
トラックバックURL : https://penguinair.exblog.jp/tb/20032096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovehorse at 2013-11-28 05:40
スゲー!ハンパないっすね。これ。
美味しそうに、丁寧に作られて、すごい。
尊敬~!
しかし、初めて知りました。焼き饅頭。
群馬以外には輸出されてないのかな?
結構ポピュラーなオヤツなんですか?
味噌味とは、魅力的なお菓子ですね~。
日本酒に合いそう!(←いつもの発想)
Commented by mayis-havaalani at 2013-11-28 09:04
lovehorseさん おはようございます。

相変わらず見た目がアレですが、何とか作れました!
焼きまんじゅうは群馬全域と埼玉の一部地域だけの、
完全に郷土食です。
どうも東京に1軒だけ焼きまんじゅう屋があるそうです。
つぶれなきゃいいのですが…。
味噌だから日本酒ですね!ビールだと腹が膨れすぎて
あとが大変です(人体実験済み)。
Commented by lovely_padme_37 at 2013-11-28 11:02
いやーーー スンゲーww

絶対こんな手間のかかるの作れないし・・・
あ、余ったら近いので取りに伺えますので今後いつでもww
(ケーキ・クッキーはチト何だけどこういう系OKですw)

こっちに来たら思わないですか?
お取り寄せの送料の高さ!!!

千円以下の物でも送料は1200円とかするのあるし、メゲて送料無料の物しか買わないもの・・・
てか、結構要らない物も多いし・・・って気付けよ!ってww

日本酒でもビールでもワインでも何でも良い私ww
Commented by tanukidaponta at 2013-11-28 21:50
焼きまんじゅうというのは、もしかすると1回くらいは見たことがあるかもしれないポンが、ほとんど記憶にないポン...

麹の活動は、温度が高いほうが活発ポンで、冬は加温しないといけないポンが、コントロールしやすいポンで、冬向きの食べ物なのかもしれないポン

実物を知らないポンが、パンとは違うものポン?
Commented by lee_makan at 2013-11-29 06:24
また、すごいものを作ってますね!
自分では作れないので、mayis-havaalaniさんのお隣に住みたい♪
あ、ちょうど我が家の隣、空き家ですけど、どうです?(笑)
Commented by mayis-havaalani at 2013-11-29 18:26
padmeさん こんばんは。

いやいや、相変わらず盛り付けがずさんな私です。
ずさんより悲惨だな(T△T)

送料高いですよね~!!
前記事のキムラヤベーカリーのパンをお取り寄せしたくても
「北海道:1,470円」…ハイ~却下=З
絶対パン代よりかかるでしょ?!って思ってやめました。

甘くない物作りの腕、磨いておきますo(^o^)o
Commented by mayis-havaalani at 2013-11-29 18:37
狸田所長 こんばんは。

おおっ、所長の周りに群馬県民がいるんでしょうか?
東京唯一の焼きまんじゅう屋は都電雑司ヶ谷駅の近くに
あるそうです。気がのったらどうぞ。

今回パンと同じような作り方ですが、パンではないです。
お饅頭とも違うし…「天然酵母の蒸しパン」かなあ。
地粉にどぶろくを混ぜて蒸したらまんじゅうが出来たと
何かの本で読んだことがあります。
こりゃマジで甘酒作って検証しないとならんかな~。
Commented by mayis-havaalani at 2013-11-29 18:42
Leeさん こんばんは。

私がつくるものはロクでもないものが大多数ですよ?!
ブログに載せないボツが結構多いです(笑)
関西かぁ~いいなあー(*^▽^*)
たこ焼き・青ねぎ・関空・うどん・かやくご飯…
夏の暑さがなかったらすぐ行くのに!!
Commented by tanukidaponta at 2013-11-30 10:05
>こりゃマジで甘酒作って検証しないとならんかな~。

甘酒に
 酵母入れたら
  以下自粛...

mayis-havaalaniさんは、おそらく大きな勘違いをしていると思うポン
甘酒も麹菌も、糖分を二酸化炭素+アルコールに変えることはできないポンで、粉に入れたところで膨らまないポン
一方で、上に書かれたようなどぶろくには酵母が入っているポンで、ちゃんと饅頭でもパンでもできるポン

狸田も、ちと作ってみたくなったポンが、前に紹介してもらっていたタピオカ芋澱粉のパンも作っていないポン...
Commented by mayis-havaalani at 2013-12-01 10:39
狸田所長 こんにちは。

なるほどねえ~。甘酒入れただけじゃベタベタした粉団子に
しかならないんですね。
昨日麹とイーストを買ってきたので烏賊自粛を作ってみます。
楽しみー(どぶろくが)!

私も頂いたタピオカ澱粉を使い切ってしまいました(ToT)
とろみづけや、うどんのつなぎに使いやすいので。
クオカか富澤商店で買えないかなあー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mayis-havaalani | 2013-11-27 17:44 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(10)