人気ブログランキング |

おうちで冬眠、ときどき放浪 penguinair.exblog.jp

なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
あまり車の事は詳しくないですが、乗ること自体は好きなので感想など記しておきます。

今回駅レンタカー釧路営業所でお借りしました。
プラン内容
Sクラス(軽自動車)・12時間までレンタル可・免責1,080円込
d0225149_12071404.jpg
特別プランなので車種等は行ってからのお楽しみです。

申し込み時に別途ノンオペレーションチャージ(NOC)サポートプランを付けて3,580円でした。
私はJAF会員なので、JAFサポートプランはつけていません。
(手続き時に確認等も特になかった)


借りた車のスペック
・日産デイズ
・平成26年式
・4WD/AT/レギュラーガソリン(タンク約30L)
・走行距離85,772km
d0225149_12073434.jpg
走行距離の割には元気な車体です。
車自体ピカピカで丁寧に整備されています。

メーターはデジタル表示じゃないので見やすいです。
運転時はあちこち注意を払うから、細かい数字だとかえって意識がそっちに集中してしまう気がする。
右の葉っぱマーク(ECO表示)が緑色に光って、3つ灯るとエコな運転をしているらしいです。
d0225149_12081395.jpg
軽自動車らしく、登り坂では圧倒的にパワーが足りないものの、平地ではアクセルを踏んだ時のレスポンスが良くて、加速と巡航速度が良い印象を受けました。

運転席と助手席です。
わりとホールド感があって疲れにくかった。
シートを上下調節できました。
d0225149_12082164.jpg
パーキングブレーキは足元でロック&解除です。
d0225149_12082698.jpg
エンジンスタートは昭和世代安心のキー回し
ドアロック付きのリモコンキーです。
d0225149_12083110.jpg
以前トヨタアクアに乗った時、電源ボタン押し(PCと同じ)でエンジンがかかって、おもちゃ感覚なような気がしてめちゃくちゃ不安だった。

足元にシガーソケット兼電源があります。
d0225149_12083735.jpg
カーナビは標準装備です。
CD/AM/FMが聞けます。
d0225149_12084292.jpg
カーナビを開けるとCDスロットとSDカードスロットがありました。
d0225149_12085022.jpg
毎回レンタカーを借りる際、車内のBGM問題に頭を悩ませます。
CDを持参するのがいちばん確実なのですが、荷物になります。
普段はソニーのウォークマンで音楽を聞いていますが、たまに借りる車の為にFMチェンジャーを買うのも何だし、どの車にもAUX端子が付いているとも限りません。

今回ウォークマンとオットが持っているAUX端子を持参しましたが見事に使えませんでした。
事前に問い合わせればよかったなあ。
今度音楽の持ち歩きはSDカードも考えなければならないか。


あとドリンクホルダーについて。
d0225149_12085795.jpg
レンタル時の車内チェックは、大体燃料タンクの開け方・パーキングブレーキの解除&ロック方法・ミラーやシートの調節・車外の傷チェックが占めます。

ドリンクホルダーは走り出してから気づくことが多いです。
今回も朝からドアの足元部分に置いていて「不便だなあ。飲みにくいなあ。」と思っていたら、昼頃になってやっと手元部分にドリンクホルダーを発見しました。
(説明書を読んで発見した始末)
d0225149_12090228.jpg

返却時の給油量は12L・走行距離数は223kmだったので、今回の燃費は約18.6kmでした。
今の軽は本当に燃費がいいなあ。
所有するかは別として、たまに乗るならいい車だと思いました。

# by mayis-havaalani | 2019-06-22 07:05 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
温泉で温まったあと、釧路市内へと戻ります。
道道から国道272号に合流する手前に現れた謎の建造物
d0225149_11522466.jpg
やけに幅広いなあ。
農機具しまう建物にしては吹雪のこと考えてないし何だろう?

標茶町までは雲が多い程度でしたが、釧路町を目の前にしてまたにわか雨が降り出しました。
結構な豪雨でワイパーと前照灯が大活躍です。

新しく出来た釧路外環自動車道(無料区間)に乗ろうかと思いましたが、そんなに混んでなかったので下道で釧路市内を目指します。

夕飯を購入すべく立ち寄ったのは、コープさっぽろ貝塚店です。
d0225149_11524474.jpg
コープさっぽろは小売業では珍しく店内撮影OKです。
SNSの拡散で宣伝がわりでしょうか。
d0225149_11525001.jpg
店舗に入るとご近所やさい売り場があります。
わりと珍しい野菜が売っていて毎回チェックしています。
d0225149_11525614.jpg
今回は新鮮なクレソンが大袋で売っていて、最後まで買おうか悩みましたが、一人では食べ切れない量だったので諦めました。
今思えば持ち帰ればよかったんじゃないか( ノД`)

日配品の地元の味コーナーです。
釧路ラーメンは極細麺なんだね。
d0225149_11530181.jpg
そういやお弁当のヤムヤムにうつつを抜かして、釧路ラーメンを食べたことがないや。
そのうち食べよう(いつだよ)。

おおっ、ざるそばも釧路らしく緑の麺だ。
しかも生麺仕様だし。
d0225149_11530762.jpg
鮮魚コーナーには鯨肉が置いてありました。
私は鯨に馴染みのある世代じゃないけど、ケース1台割いてるということは売れてるのかな?
d0225149_11531788.jpg
鮮魚売り場の生寿司コーナーです。
ネタもお仕着せばっかりじゃなくて色々揃ってておいしそうです。
d0225149_11531225.jpg
何食べようか…。
ずっとボリュームある弁当続きだったから、さっぱりしたものが食べたいなあ。
何を選んだかは後ほど。


駐車場でメーターを確認したら、そんなにガソリンは減っていなかったです。
事前のルート検索で約200kmぐらいの行程だったから、結構いい燃費じゃないか。
d0225149_11532219.jpg

返却時間まで1時間半残っていましたが、ちょうど雨雲が切れたのでガソリンスタンドに寄って返却しました。
事故や飛び石等のトラブルもなく、無事帰れて安心しました。
小雨の中ホテルに戻ります。
d0225149_11533094.jpg
エレベーター内のレンタル品一覧ポスターで驚いたこと
自転車が借りられる!
d0225149_11540734.jpg
※北海道は春~秋までのようです
デポジットとか要るのかな?
今度泊まる時は考えてみよう。

「お部屋入らないで」札を下げていたので、ドアノブには新しいタオルやパジャマなどのアメニティバッグが下げられていました。
d0225149_11533664.jpg
本日の夕飯はこちら
d0225149_11534364.jpg
刺身盛り合わせ
上段左からめばちまぐろ・真鯛・トラウトサーモン
下段左からほたて貝柱・さめがれい・にしん
追加で大葉(大好き)・フリーズドライの味噌汁に家から持参したゴボウ茶葉をつっこんだ汁

さっぱりしたもので済ませて胃腸スッキリ!(するはず…)
この日もドライブ疲れで8:30には寝てしまいました。

# by mayis-havaalani | 2019-06-19 16:08 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
オットがシドニー旅行で買ってきたお土産を食べ散らかし、感想を述べたいと思います。

coles lamington fingers raspberry flavoured
(350g 18pack)
d0225149_11311797.jpg
謂れは諸説あるが、オーストラリアを代表する国民的菓子であるラミントン
スポンジ生地にアイシングとココナッツシュレッドをまぶしたもの
おいしい上に簡単なので、おやつや手土産やバザーの商品などでよく作るらしい

こちらはオーストラリア全土にあるスーパーマーケットcolesのPB商品
パン売り場にクッキーやマフィンやら置いてあって、そこにあったそうだ
1パック$2.5($1=75円で188円)

材料
d0225149_11312253.jpg
栄養成分
うれしいことにkcal表記がされている
(逆に現実感が迫ってうれしくない?)
d0225149_11312778.jpg
開封するとココナッツとラズベリーの甘く華やかな香りが漂う
意外と相性が良い組み合わせなんだなあ
d0225149_11314044.jpg
大きさは約6cm×3cm×3cm
半分に切ってひとくちサイズになる
d0225149_11313579.jpg
海外物にしては驚くほど甘さ控えめ!
しっとり・ふわっとした口当たりは、ニューウェーブの和菓子のよう
ココナッツのシャリッとした食感がいいアクセント
オットも「トルコのロクム(求肥的菓子)に比べて食べやすい。やさしい味で何となく島根っぽい和菓子感覚。」と言っていた。
d0225149_11314540.jpg
中のスポンジの細かすぎるほどきめ細かいところが工業製品を感じるが、デリカシーのある甘さと食べやすさで花丸をつけたくなる
これだけで行った価値ありの一品
d0225149_11315096.jpg
18切れあったのにあっという間に食べ切ってしまったΣ( ゚Д゚;)
オットが現地で食べまくったのが分かった気がする


coles jam lamingtons
(6pack)
d0225149_11320114.jpg
ラミントンにはジャムを挟んだものもあるという
ラズベリーラミントンはほどよい酸味のおかげで食べやすかったが、ジャムが挟んである時点で激甘指数が心配になる

材料
チョコの味がしたからコーティングチョコでもまぶしてるのかと思ったら、アイシング+ココア+油なんだなあ
d0225149_11320686.jpg
栄養成分
d0225149_11321080.jpg
大きさは約6cm×6cm×3cm
結構大き目だ
d0225149_11321541.jpg
ジャムはりんご+ラズベリーのちょっと酸味のあるねっとり系だった
味はジャムが入ったとしてもまだ甘さ控えめで、日本でも受け入れられるレベル
こっちのコーティングのほうがココナッツと合う
パクパク食べられて危険
d0225149_11322156.jpg
また一気に食べ切ってしまった…
ちなみにオット2個・mayis4個を食べた
ああデブまっしぐら(;_;)
d0225149_11322630.jpg
日本でも売ってくれないかな~
東京やオーストラリア人の多いニセコだったら売ってそうだけど、この辺じゃ聞いたことも見たこともない
オット以上に私がラミントンにハマってしまったので、ただ今レシピを鋭意研究中

# by mayis-havaalani | 2019-06-17 11:46 | 食欲バンザイ | Trackback | Comments(2)
中標津町から約30分で別海町西春別地区へやってきました。
ここで穴場のモール温泉に入ります。
d0225149_23183706.jpg
モール温泉と言えば帯広が有名ですが、釧路支庁にもあります。
本別町・鶴居村・標茶町・別海町などに存在しています。
これも広大な釧路湿原のおかげでしょうか。

どこも泉質の良さで甲乙つけがたいのですが、今回は帰り道の経路を考えて、西春別温泉ペンションクローバーハウスにやってきました。
国道243号に面しています。
d0225149_23191331.jpg
正面玄関を開けると左手に靴箱があって、ここでスリッパに履き替えます。
d0225149_23193701.jpg
d0225149_23194589.jpg
レジで料金を先払いします。
大人440円 中人140円 小人70円
こちらは銭湯料金で入れるようです。
d0225149_23200081.jpg
貴重品はレジ横のコインロッカー(100円)に預けます。
d0225149_23200868.jpg
トイレは男女別に用意されています(洋式/水洗)
d0225149_23201723.jpg
浴室の前にはソファと椅子がありました。
手前に和室がありましたが、閉め切っていたので使えるかは不明です。
d0225149_23202916.jpg
ロビーには自販機があります。
d0225149_23203792.jpg

脱衣所です。
d0225149_23212103.jpg
コインロッカーがありますが、カギが抜かれて使えません。
(何かあったのでしょうか…)
洗濯機もありますがこのペンション専用かもしれません。
d0225149_23213319.jpg
d0225149_23214123.jpg
ドライヤーは10円投入式です。
比較的短時間なので、長髪の方は40円は必要です(笑)
d0225149_23214849.jpg
温泉の成分分析表です。
d0225149_23215697.jpg
d0225149_23220272.jpg

先客さんがいらっしゃったので湯船の写真は撮りませんでした。
(興味ある方はググってみてください)


内湯と露天風呂があります。
内湯は細長い長方形で5~6人が入れるぐらいの比較的小さな造りです。

カランは8個ぐらいだったかなあ(うろ覚え~)
シャンプーとボディソープつき
カランとシャワーは昔ながらのお湯が赤・水が青の押すレバーです。

お湯のレバーを押すと温泉水が出てきました。
非常にツルツルした肌当たりです。
薄茶色で時折腐植質の欠片が見られます。

温泉成分のせいなのか、栓の金属部分が変色していました。
タイルは温泉成分でとても滑りやすく、歩く時気をつかいます。


内湯に入りました。
お湯はサントリー黒烏龍茶の色で、湯船の足元が見えにくいぐらい濃い黒褐色です。
壁から塩ビ管が伸びていて、まるで滝か豪雨の後のように源泉が注がれています。
ドババババ…と湯船に注がれる音が風呂場に響きます。

お湯表面にはモール泉特有の細かい白い泡が立っています。
肌にもきめ細かい泡が沢山つきます。
お湯の感触はまるで化粧水のようです。
例えるならDHCのマイルドローションが近い感じ。
ここまでツルッ&ぬるっな温泉は久しぶりでニヤニヤしちゃう。

湯加減はぬるめなので、ゆっくり入っていられます。
ちょいと源泉をなめてみましたが、お吸い物ぐらいの塩加減の味がしました。


露天風呂に入ります。
3~4人くらい入れそうな正方形のお風呂です。
こちらにも源泉がザバザバ注がれています。

小ぶりな庭と、近所のサイロが見えます。
お湯が黒すぎて階段が見えなくて、慎重に入ります。

内湯よりさらに温度が低めなので(確実に38℃以下)、ぬるめ好きな方は楽しめそうですが真冬は温度がどうなっているか心配です。


釧路市までの帰り道が心配で滞在時間は1時間程でしたが、ぬるめの温泉の割にはしっかり体が温まっていてびっくりしました。
帰路のほとんどをシャツ1枚で過ごしたほどポカポカしていました。

ロビーから見えた謎の井戸状構造物
あれは源泉汲み上げ用か?
d0225149_23264899.jpg
2階にペンションのお部屋があるようです。
車がないと厳しいけど、ここで湯治もいいかもなあ。
d0225149_23221435.jpg
1階はレストランが併設されています。
こちらの生姜焼きがおいしいらしいです。
d0225149_23221970.jpg
看板に偽りなしの見事な温泉でした。
今度はのんびり入りたいなあ。
d0225149_23192864.jpg

# by mayis-havaalani | 2019-06-11 06:17 | 放浪 | Trackback | Comments(0)
がっつり唐揚弁当を食べた後はデザートを頂きましょう。
近所の道の駅にもアイスクリーム屋さんが入っていますが、せっかく車を借りているので、簡単には行けないお店を目指します。

忘れんぼ大魔王は自宅に北海道道路地図を忘れましたが、駅レンタカーは標準でカーナビが装備されているので安心です。
d0225149_22565270.jpg
国道沿いに「井戸掘ります 温泉・井戸水」という巨大な看板を見かけました。
掘ったら温泉が出るんだ…。
さすがでっかいどう。

国道241号→国道243号を別海町方面へ進みます。
雨どころか風まで吹いてきました。
(※路肩に安全に駐車中です)
d0225149_22571130.jpg
今頃釧路はどうなっているのかなあ。


国道243号→道道885号を中標津町方面へ進みます。
時折牛糞のニオイがして懐かしい気持ちになります。
(私の実家は畑・牛舎・豚舎・鶏舎に囲まれたど田舎です)
d0225149_22571725.jpg
広大な原野&牧草地帯を走ること約10km、信号のある交差点があります。
d0225149_22572371.jpg
交差点にあるこの看板が目印です。
道道505号へと右折し、計根別方面へ進みます。
d0225149_22572994.jpg
またかわいい看板があるので、看板が見えたら左折します。
(※これは逆方向から撮影しました)
d0225149_22595216.jpg
そのまま直進して、ちょっと心細くなった頃左手に見えるのが山本牧場です。
d0225149_22582167.jpg
d0225149_22590352.jpg
こちらの牧場の敷地内でmilcreamというソフトクリーム屋さんを営業しています。


お店はコンテナを改造したのでしょうか。
こういうのをラスティックとか言うんだっけ?(;^ω^)
おしゃれです。
d0225149_22583588.jpg
d0225149_22584426.jpg
インターホンを押して少し待ちます。
d0225149_22585171.jpg
メニューです。
d0225149_23070998.jpg
お店の方イチオシのソフトクリーム自家製コーンで、トッピングにバーボンメープルシロップを選びました。
バーボンメープルシロップは、メープルシロップをバーボンの樽に入れて熟成したもので、アルコールは全く入っていないそうです。
運転中なので安心しました。
d0225149_22590810.jpg
せっかくなので養老牛放牧牛乳も買いました。
d0225149_22594097.jpg


早速いただきます♪
ソフトクリーム自家製コーン(500円)+バーボンメープルシロップ(100円)
d0225149_22591861.jpg
なんか素直な味がする。
一瞬もの足りない感じさえするが、これが「自然な甘味なのか」と納得するぐらい優しい牛乳の甘さがする。
シロップは甘さよりバーボン特有のほろ苦さと木の香りが感じられました。
d0225149_22592499.jpg
またワッフルコーンがうまい~。
卵たっぷりハイカラな味がする。
大満足!

養老牛放牧牛乳(小300円)
d0225149_22594549.jpg
d0225149_23000461.jpg
私の地元(群馬県)に結構昔からノンホモ牛乳を販売しているメーカーがあり、紅茶研究家の某氏も絶賛していたことで有名だった。
お高いから普通の牛乳しか飲んだことないけど、どんな味なんだろう。

上にクリーム層が出来ているのがわかりますか。
d0225149_23001073.jpg
うっかり振らずに飲んだら、クリーム層がかぽっと口の中に飛び込んできて、せっかくの牛乳を吹き出しそうになりました。
そのまま一気飲みしちゃったから正直味を覚えていないが(こら)、「やさしい。」というのは覚えてる。


お隣の牧場に居たお馬さん
しっかりした体形だからばん馬さんなんだろうか。
d0225149_23004862.jpg
お馬さんに見とれて、バックして方向転換した際うっかり脱輪しそうになりました(怖)
JAF会員だけどここで救援呼んだら何分かかるのかなあ~(棒読み)

次も新たなアトラクションへGO!

# by mayis-havaalani | 2019-06-10 06:52 | 放浪 | Trackback | Comments(2)