なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

タグ:家の料理 ( 47 ) タグの人気記事

三食ひとり飯

オットが海外へ旅立ちました。
初海外旅行でトルコ一人旅です。
うらやましい半面、お盆で混んでるだろうしスラれないかなど心配は尽きません。
「いのちをだいじに」するのだ!オットよ!

でも私にとっては毎食好きなものを食べられるのです。
予算が決まってますが(-_-;)
お休みの日の三食をご紹介しましょう。


まず朝食。
d0225149_19433185.jpg


休みなのにいつも通り起きたのでちょいと頑張って、朝からスコーンを焼く。
スコーンはドライクランベリー入り、ミルクティーとピンクグレープフルーツジュースを添えた
コンチネンタルブレックファースト。
おほほほ…自称おしゃれ朝食よ♪
オットがいたら、「朝からおやつ焼いたの?」と聞くに違いない。

ベリー類のジャムがないのでピーナツバターを平然と添えるあたり
自分でも詰めが甘いと思う。


昼食。
d0225149_19452722.jpg


パッタイを作った。
本当はパッ・ガパオ・ムー(豚肉バジル炒め)かパッ・キーマオ(バジル炒め麺)を
作りたかったのだが、どこへ行ってもバジルが売り切れという奇跡の不運ぶりを発揮し
諦めた。

具は豚肉・小松菜・青ねぎ・卵・豆腐・にんにく・南ばん。
バジルに振られたやさぐれ感が全面に出たせいか、仕上がりが汚く、味も今ひとつ。
食卓で老抽と黒酢をかけたらうまかった。


夕食。
d0225149_1953580.jpg


パッ・ガパオ・ガイに見えますが、これは羊と香菜のカレー炒めです。
羊と香菜の餃子を作る予定だったが、包むのが面倒になって変更した。

具はラム・香菜・南ばん・玉ねぎ・にんにく・生姜・トマト。
キーマカレーを作る要領で炒め、味付けはガラムマサラ・塩・タバスコ・ナンプラー。

カレーの味なのに、ナンプラーと香菜がタイの風味を醸し出して
「君は何なんだい?」と聞きたくなる味。
無国籍料理屋で出しそうだな。
餃子の皮、何に使おうか…。

オットは香菜が大好きで、香菜の入ったモモ(ネパール餃子)が大好物なのですが
いっぱい食べるとお腹がゆるくなるのです。
私は一束いっぺんに食べても平気~♪


にんにくをいっぱい食べてスタミナ回復したので、明日からのお盆商戦
何とか立ち向かえそうです。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-08-11 20:15 | 食欲バンザイ
シンガポールのローカルフードの達人lee_makanさんのシンガポール旅行記を
穴が開くほど眺めながら私は考えていた。
「クレイポットライスが食べたい…。」

クレイポットライスは食べたことがある。
改装前のマリーナフードロフトで食べた。
飲み物のストールに並んでいる間に出来てアンティに「できてるよー!」と叫ばれたのと
お焦げが多すぎて可食部が少なかったのを覚えている。
10分もかからず出来たから生米から炊いていたのだろうか。

ただLeeさんが行かれた6本箸のLian He Ben Ji Claypotのは食べたことがない。
いつも大行列で遠巻きにしか見たことがなかった。

きっちり再現できてないけど、今のところ近い味のレシピです。
いざ調理開始!

材料 2人分

◎米
米(できればタイ米) 2合
水 360cc
塩 2つまみ
サラダ油 少々

◎具の鶏
鶏もも肉(骨付きならなお良し) 1枚
にんにく 1かけ
豆鼓醤 小さじ1
紹興酒(なければ日本酒) 小さじ1
醤油 小さじ1/2
老抽(中国のたまり醤油 なければ醤油小さじ2) 小さじ1
砂糖 少々
ごま油 少々

◎タレ
老抽 大さじ1(なければ醤油大さじ2)
醤油 大さじ1
ラード 小さじ1
 
青菜(小松菜・チンゲン菜など) 1わ
生しいたけ 4枚

1,米をゆすぐ程度に軽くとぐ。タイ米なら水に浸さないでそのまま調理する。
 日本米ならざるにとり、30分ほど置く。

2,具の鶏の準備をする。
 鶏肉を一口大に切り、にんにくのみじん切り・豆鼓醤・紹興酒・醤油・老抽・砂糖
 ごま油を入れてよくもみ込む。
d0225149_2132299.jpg


3,しいたけを半分に切る。青菜はさっと茹で食べやすく切る。
 タレの材料を合わせる(ラードが溶けない時はレンジに20~30秒かける)。
d0225149_2134968.jpg


4,土鍋に米・水・塩・サラダ油を入れ軽く混ぜ、平らにならす。
 今回は生しいたけを買い忘れたので干ししいたけを一緒に入れました。
d0225149_2142617.jpg


5,蓋をして強火にかける。ぐつぐつ沸いて蒸気が勢いよく出てきたら極弱火に
 して10分ほど炊く。

6,蓋を開けて、米の表面にカニ穴が開いたら、具の鶏と生しいたけを
 米の表面に平らに並べる。
 また蓋をして5分ほど極弱火で炊く。
d0225149_215578.jpg


7,鶏としいたけに火が通ったら鍋底を1分くらい中火にかけ、お焦げをつくる。
 そのまま10分程蒸らす。
d0225149_2161327.jpg


8,蓋を開け、いったん鶏を別皿に移し、タレをご飯にかけてよく混ぜる。
 鶏と茹でた青菜をご飯に戻し、さっと混ぜたら出来上がり。
d0225149_2171177.jpg


ご飯が蒸しあがって蓋を開けた時、「ホーカーの幸せな香り」がたちこめました。
にんにくと紹興酒のせいかな?
ニオイと記憶って結びつきやすいんですねえ。

お焦げもちゃんと出来ました。
鍋底の焦げも恐ろしいほどしっかり出来てます…
d0225149_2175361.jpg


ちなみにこの日の夕飯はクレイポットライスとおでん(爆)
まるで真冬の献立みたい。
季節先取りしすぎたなあ。
d0225149_2183736.jpg


今回は鶏で作ったけど手に入るなら中国腸詰と鶏で
什錦飯(Mixed Rice)を作りたい…。
もちろん酢漬けグリーンチリと香菜を忘れずに!
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-08-04 21:11 | 食欲バンザイ
先月漬けた黒糖梅酒・ポンカン酒・レモン酒・梅黒糖漬け(記事はこちら)。
暗くて涼しい押し入れに大切にしまい、一日の終わりにそっと取り出しては
「むふふ♡」と微笑みながらビンを眺める日々を送っていました。

ポンカン酒とレモン酒は一週間で飲めるだろ、とたかをくくっていたが、果実成分が出るまで
一カ月かかるんですね(涙)
飲めない酒飲みはじっと耐えておりました。

そして一カ月経った黒糖梅酒(左)と梅黒糖漬け(右)↓
d0225149_2142314.jpg


今のところカビも生えず順調な生育状況です。

そういえば、「黒糖梅酒 黒すぎる」というキーワードでいらっしゃった方、
安心して下さい。うちの黒糖梅酒も黒すぎです。
黒糖の成分が沈殿しているのが気になるのよねえ。
一週間に一度、軽く振って対流させているんだけど梅の実が潰れないか心配。

そしてポンカン酒とレモン酒の味見ターイム♪(=^~^)o∀ウィー
d0225149_21103812.jpg

きび砂糖で漬けたせいか色映えしませんがどうでしょうか。
二つとも色で判別不可能なところが痛い。

まずはポンカン酒。(両方ともソーダ割り)
d0225149_21124340.jpg


おおー、ポンカン味だ~<中身のないコメント
しっかり果肉成分が出て、瑞々しい甘酸っぱさです。
これは来年大量につくりたいぞ。

続いてレモン酒。
d0225149_21153644.jpg


おうっっ、酸っぱい!あれだけ砂糖入れたのに。
でも暑いからこの酸味がクセになりそうだ。
ジンジャーエールで割ったらおいしそう。

半年後の黒糖梅酒と梅黒糖漬けの味見が楽しみです。
できれば一年ぐらい寝かせたいけど、全部飲みきらないよう気をつけます。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-07 21:27 | 食欲バンザイ
先日ご紹介した五目ご飯(こちら)を食べながら私は違和感を感じていた。
「なにか重大なことを忘れている…。」
思い出した。うま煮を紹介してないよっ!

うま煮とは…北海道でお節料理の一品として食べられる、鶏・根菜類・こんにゃく・
なるとなどを甘じょっぱく炊いた料理である。
残ったら五目ご飯や茶わん蒸しの具としてリメイクする家庭もある。
具や作り方は家庭や地方により異なる。
(ワタクシ調べ)


結婚して間もなく、オットの実家で初めて頂いた時は「これ…いり鶏とどう違うのだ?」
と心の中で思っていた。
母の味と違うのは、味付けと緑のなるとが鎮座していたことだった。

うま煮・いり鶏・筑前煮…。
似て非なる料理たち。


ではオットのおばあちゃん直伝のうま煮を作ってみましょう。

材料は鶏もも肉・ごぼう・人参・筍・ふき・こんにゃく・干し椎茸・
なると・揚げかまぼこ・いんげん・里芋です。
あとよく入れるのは、蓮根です。
季節やお好みにより加減してください。

先月まで地場産のふきと笹筍(長くて細い山菜の筍)が出回っていて
使いたかったのですが手に入らなかったので水煮を使いました。


まず材料を乱切りにします。
d0225149_1975277.jpg


鍋にごま油を熱し、鶏を先に炒め、固い物から順に入れて油をまわします。

水・和風だしの素・砂糖・醤油・酒を入れ、30分ほど炊きます。
d0225149_1982135.jpg


みりん少々を加え、だしが煮詰まって照りが出れば出来上がり。
d0225149_1985154.jpg


一般的なピンクのなるとでも作れますので、ご家庭のいり鶏に
パンチが欲しい時にぜひどうぞ。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-06 19:15 | 食欲バンザイ

完敗ポン・デ・ケージョ

前回の記事で失敗作を堂々と人に贈り、レシピまで載せちゃった
非常に厚かましいワタクシ。
レシピに不安を感じ、本日作り直しました。

今回は白玉粉100g×2回分。
片方は絹ごし豆腐を入れ、片方は牛乳を入れる。
ここまでは順調だった。

d0225149_21384823.jpg


左→牛乳入り
右→絹ごし豆腐入り
それぞれ混ぜたあと、溶き卵と塩・オリーブ油を投入したところ。

そして混ぜる。…が。

でろでろろ~ん
d0225149_21413391.jpg


ありゃ~、水分量が多かった(´ヘ`;)
分かりやすい分量を取れば、粉200g/豆腐100g/卵1個がいいんだけど20個以上
出来てしまう。
作りやすい(少人数家庭向きの)レシピだと粉100gがいいよなあ…。
また材料買って試さないと。

でろんでろんの生地に薄力粉と片栗粉を足して二等分にし、
片方にベーコンとがっつり荒びき黒胡椒、もう片方にはブラックオリーブと
粗みじん切りにしたバジルを加える。
完全におつまみ仕様です。
d0225149_21541099.jpg
 

焼きあがって晩酌タイム。
ベーコンは鉄板だ!ビールが進むぜ!
オリーブ入りはバジル無しの方が良かったかもしれない。
オリーブが合うなら豆鼓も合うかもなあ。

d0225149_2224235.jpg

レシピが完成するのはいつになるやら┐(-。ー;)┌
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-04 22:06 | 食欲バンザイ
知り合いのお餞別にとポン・デ・ケージョを作って贈りました。
ポン・デ・ケージョはブラジルでよく作られる、もちもちしたチーズパンです。
本場ではキャッサバでんぷんで作るそうだが、こちらでは手に入らないので
白玉粉で作ります。

d0225149_20233366.jpg


※失敗つづきのためレシピ削除しました。
きちんと仕上がり次第レシピをアップします。
これを見て作った方ごめんなさい<(_ _)>
唯一の安心はまだ「ポンデケージョ」で検索がかかってないことだ。

先日からひどい花粉症でボケボケだったワタクシ。
ミキサーに豆腐・卵・油・チーズを入れ、ブイ~ッと調子よくピュレ状にし、
ボウルにあける。
そこへ白玉粉を何の疑問を持たずバサッと入れ、混ぜ始めた。

混ぜてから頭が真っ白になった。
白玉粉が水分をふくまないんですよ。
よく考えれば分かったのに。

余った材料もないし、買い直す時間もないのでミキサーに失敗物を入れ
モーターで強制的に分解かつ攪拌。

もったり・ねちょっとして扱いにくかったので、ふるった薄力粉を50gほど足し、
くるみと荒びき黒胡椒、冷凍庫で眠っていた溶けるチーズを足してアクセントをつける。
スプーンで強引に形を整え、焼いた。

d0225149_20244659.jpg


毒見してみたら、あら、もちもちしていい感じ♡
これでいっちゃえ♪

おやつに、おつまみにもできる一品に何とか仕上げました。

※このレシピでいつも作っているので失敗することはまず無いと
思いますが、何だか不安になってきたから後で作り直してみます。


7/4 作り直しました。
失敗しました。(/_;)
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-07-02 20:37 | 食欲バンザイ
我が弱小ブログにコメントをくださる、バリ島&お料理マスターのcarambolaさん
北海道ではさして珍しくない三角揚げ(三角形の油揚げ)を紹介(こちら)していた。

>あまり見かけない三角形の揚げ.
>しかもデカイ!
>これ,どうやって食べるんだろう?
>一口大に切っちゃったら…なんかもったいないよね(笑)


私も元・北関東民なので非常に気になっていた。
なんで三角???

オットや仕事仲間に聞いてみたら
「え…?三角形って珍しいの?普通に料理してるよ。味噌汁とかおでんとか。」
と、なしてそんな事聞くのさあんた状態でした。

三角形のお揚げさんは北海道の他、東北や関西でもあるそうで
北海道だけが独自路線を保っている訳ではないようです。

d0225149_2241839.jpg

切ってみると、まるでお座布団のような厚みがある。
味噌汁よりちょいとあぶって生姜醤油で食べたいなあ。

私は普段小揚げの徳用パックを冷凍庫に常備しています。
d0225149_2253646.jpg

生活感もりもりな写真ですみません…。

一つが縦約8cm×横5cm×厚さ2cmの大きさです。
ATMカードやクレジットカードとほぼ同じくらい。

さて、北海道で「なんで○○?」となっている食材を使って
五目ご飯を作ってみましょうo(*^▽^*)o


材料は、三角揚げ・小なると(中の渦が緑色)・丸天・ひじき・ごぼう・人参・こんにゃく・
干し椎茸・豚肉・白米・もち米です。
d0225149_2262212.jpg


まず材料を全て細切りにします。
d0225149_2265270.jpg


材料をごま油で固いものから順に炒め、干し椎茸の戻し汁・醤油・砂糖・みりん・酒・
酢少々・和風だしの素で味をつけ炒め煮します。強めの甘じょっぱさが目安。
d0225149_2274969.jpg


白米ともち米(充分にうるかす)を1:1の割合で用意し、味付けした材料と一緒に
炊きます。

炊きあがったらほぐして出来上がり。
d0225149_2282656.jpg


※これはオットのおばあちゃんの得意料理なので、北海道スタンダードでは
ないですが、料理の一例として載せてみました。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-29 22:10 | 食欲バンザイ

夏はラーサラ

肌着の一種ではございません。
「ラーメンサラダ」の略です。
何でも略す事に若干の抵抗感があるがこれが通り名だから言ってしまう。

北海道の夏の麺料理の代表格であるラーメンサラダ(以下略)。
札幌の老舗ホテルである札幌グランドホテルの料理長が考案した料理です。

d0225149_8263329.jpg

元祖ラーメンサラダ…950円
※札幌グランドホテルのHPより。美味そう。
ホテルだからサービス料とか付くんだろうか…。

麺はスーパーに生ラーメンが各社競って大量流通しています。
d0225149_8273166.jpg

具は特に決まりはないのでお好みです。
周りにインタビューしたらレタス・キュウリ・トマトを入れる家多し。
たんぱく質は鶏やエビ、ちょっと豪華に豚しゃぶしゃぶなど。

タレも各家庭でそれぞれ異なる。
冷やし中華のように甘酢ダレ一辺倒ではなく、中華・ゴマ・洋風など
異種格闘技戦のようだ。
もちろんスーパーでラーサラのタレも売っている。


今回のうちのラーサラ
d0225149_828839.jpg

これを朝食に頂きます。
朝ラーサラはうちぐらいしかやらないんじゃないか?

冷蔵庫で溶け始めたパクチーをどうにかしたかったので、トマト・新玉ねぎ・
レモン・タバスコ・オリーブ油・塩でサルサソースを作る。

蒸し鶏を作りほぐして準備しておく。
(朝は楽したいから…。)

朝、生ラーメンを茹でて水でしっかり締める。
レタスと間違って買ったサンチュをちぎり、鶏と麺と一緒に盛り付ける。

中華ごまドレッシングとサルサソースをかけていただきます。

【男前】弁当の鯔さんがラーサラ弁当を作っています!(こちら)
ポンポコ研究所の狸田所長が緑のラーサラを作っています!(こちら)
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-17 08:31 | 食欲バンザイ
ブログタイトル、「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが
香港の点心「大根餅」と、そこから派生したシンガポールの「キャロットケーキ」を
つくりました。

まずは大根餅(レシピはこちら)
たまにむしょうに食べたくなる。
おかずに良し。おつまみによし。焼くだけなのでお招きの食事にも良し。

レシピの浮き粉が買えなかったので片栗粉に変えた。
焼き豚を50gの為に買うのが惜しくておやつカルパスを買って済ませた。

d0225149_20161863.jpg


まあ順当な仕上がりと味でした。
辛いソースがないのでラー油と黒酢で頂きました。


さてキャロットケーキをつくる。
だが困ったことにシンガポールで実際に食べたことがない!!( ̄へ ̄|||)

シンガポールのホーカー(屋台飯)&レストランガイドのマカンスートラ2009年度版を見ると
「大根餅に醤油・卵・ニンニク・ネギ・pickled vegetablesを入れて炒める」(←超意訳)
と書いてある。
pickled vegetablesって何?
私漬け物苦手だし、今家にある漬け物ってニシンの切り込みしかないよ…。
明日仕事だし、ニンニクもやめよう。

シンガポールのローカルフードマスター、lee_makanさんのブログをじろじろ見て
イメージトレーニングする。
よし、ホワイトスタイル(胡椒がんがん味)に挑むぞ。

出来た。
d0225149_20311831.jpg


食べたけど、な~~んかいまいちな味…。

大根餅自体に問題がある。
この配合だと歯触りが「もちっ・ねちょっ」としているので、香港スタイルには適している。
が、切って炒めるとなると「ねちょっ」がフライパンの焦げを生み、寝ぼけた味と
歯触りへと変化してしまう。

あちこちのサイトで見るキャロットケーキは白くて「さくっ・ぷるっ」と
しているもんなあ。

さくさくの歯ごたえの餅ねえ…。
トッポッキ(韓国のうるち米でできた餅)を使えば簡単に再現できるかな?
今度はちゃんと浮き粉を買って、完全な作り方を試さないとね(ーー;)
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-10 20:54 | 食欲バンザイ

初めての…

梅酒をつくりました。

毎年作りたくても作れなかった梅酒さん。
今年は梅が並び始めたのとほぼ同時に手に入れ、雪辱を果たしました。

d0225149_18261954.jpg

左:黒糖梅酒 右:梅の黒糖漬け

黒糖梅酒は、芋焼酎の黒霧島で漬けこみました。
初心者のくせにいきなり変化球勝負です。
黒糖をつまみに黒霧島のお湯割りを呑むことがあるので、おそらく合うだろうと思って。

◎材料
・梅 500g
・黒砂糖 350g
・黒霧島 1リットル

梅の黒糖漬けは、黒砂糖を買いすぎたので急きょこしらえました。
本当は、はちみつ漬けにしたかったけど何とかなるだろう。
カビないで漬かりますように(>人<)

◎材料
・梅 500g
・黒砂糖 400g


勢いにまかせて、こんなものも作った。
d0225149_18344527.jpg

左:ポンカン酒 右:レモン酒

気まぐれでお値下げ品の3つで100円のポンカンを買った。
食べてみたら2つは瑞々しく甘味も充分だったけど1つは「…。」
ええい、コレクションを増やしちゃうわよ♡

◎材料
・ポンカンとレモン 各100g
・きび砂糖 80g
・ホワイトリカー(35度) 200cc

この砂糖が沈殿して固まっているのが気になる…。
煮沸した箸でぐわし!とかき混ぜたい衝動にかられる。
時が解消してくれるのか。

ポンカン酒とレモン酒が飲めるまで最短で一週間。
梅類は三カ月。
楽しみがひとつ増えました。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-06-09 18:50 | 挑戦