なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

タグ:家の料理 ( 47 ) タグの人気記事


ある日オットが一冊の本を買ってきました。
「県民ごはん、つくってみました! 自宅で日本グルメ紀行」
著者:もぐら/大和出版


二人でこりゃうまそうだ、すごいなーとつら~っと読んで
いたのですが、「これ食べたい。」というのがあった。

新潟のイタリアン!!
だって焼きそば+トマトソースだ。味の想像がつかない。
ちなみにオットも私も新潟に縁もゆかりもない。
元群馬県民の私は海水浴やスキー場に行った程度だ。
二人して食べたことはない。それでも食べてみたい。


ググってみたら「みかづき」と「フレンド」の両店が有名らしい。
(すみませんが各自ググってください…)

ざっと特徴を頭に入れて、ゆるベジ仕様で作ってみましょう!



まずトマトソースをつくる。
著者のもぐら氏は市販のミートソースに工夫を凝らされて
いたが、こっちは肉はちょっとねえ…。
たまーーーーに肉を食べてるけど今回はシンプルにいこう。

たっぷりめの玉ねぎをみじん切りにしてオリーブ油で
薄いきつね色になるまで炒める。
みじん切りのニンニクを加え、香りが立ったらトマト水煮缶と
トマトペースト、塩少々を加え中弱火で5分程煮たらパスタにも
使えるトマトソースの出来上がり。


上記のトマトソースにコーン水煮と水煮缶の汁少々、醤油、塩こしょう、
ジンギスカンのたれ(←たまーーにのアレだ)などで味を調える。
ソースが水っぽかったら、水溶き片栗粉少々でちょっとまとめる。
d0225149_1075977.jpg


焼きそばをつくる。
今回の具はキャベツ・もやし・ピーマン・高野豆腐。
高野豆腐は細切りにしたあと、昆布&椎茸だし・醤油・みりん・
小麦粉で作ったタレで和えて焼く"もどき肉"仕様にします。
d0225149_1083954.jpg

本家はもやしとキャベツだけらしいが、栄養を考えて
このラインナップにした。


麺のみをフライパンで焼き付けている間、野菜を切る。
所々おいしそうな焦げ目がついたら、いったん皿などに空ける。
d0225149_10113425.jpg

少し油をしいて野菜を炒め、炒めた麺を入れ、添えつけのソースと
醤油で薄めに味をつける。
d0225149_1012872.jpg



皿に焼きそばを盛り、上からトマトソースをかける。
出来上がり!
イタリアンに付きものの生姜漬けはオットが苦手なので
添えませんでした。
d0225149_1012492.jpg



先に食べたオット「なんじゃこりゃーー!」と絶叫した。
えっ?何か異物混入?それか口に合わない?
「うまいっっ!これうまいぞぉっ!」

こわごわ食べてみたら、うまいです(≧▽≦)
理屈で答えられないが舌はうまいと言っている。
以下オットのイタリアン名言集。
「さっぱり食えるな。」
「これ、今家だからよく噛んでるけど店で買ったらすぐ食べ終わるな。」
「ご飯に合う。」
「これおかずのローテーション入り決定だな。」

という訳で、次回はトマトソースだけでなく更なる
バリエーションに挑戦したいと思います。

新潟の皆様、おいしいものをありがとう!
勝手に作ってごめんなさい(o_ _)o))

[PR]
by mayis-havaalani | 2013-10-16 10:32 | 食欲バンザイ

謎の穀物を調理する

シンガポールのスーパーで、よくわからない穀物を買いました。
なぜ穀物と分かったかというと、穀物売り場に並んでいたから。
d0225149_18522831.jpg

ふぅ~ん、「Buckwheat」ねえ…。とりあえずお買い上げ。
(↑英語が堪能で穀物に詳しい人ならもう分かるかな?)


家に帰って辞書を引いてびっくりした。
正解はそばの実でした。
そば粉なら、この辺は有名な産地も近いしいっぱい売ってるけど、
そばの実って手に入りにくい。
しかもシンガポールで買うなんてー(マレーシア産の有機栽培でした)。


とりあえず茹でてみる。そして少々蒸らす。
d0225149_18594822.jpg

d0225149_190222.jpg



味見してみたら何故か納豆の味と香りがする!!
頭がぐるぐるしたまま調理続行だ。
とりあえず、納豆味を生かして麻婆春雨の肉がわりにしてみた。
d0225149_194096.jpg

肉ほどではないが、ぷちぷちした食感でもどき感満載だ。


違う日はタコライスのタコミートに投入した。
d0225149_19899.jpg

スパイスのおかげで納豆の香りは薄れている。
これがいちばんおいしかった。


残念な例も載せてみる。
玄米と一緒に炊き込んで、そばの実ご飯にした。
d0225149_19104376.jpg

ご飯のボソボソが強調されるのに、おねばの量はいっちょまえ。
そして台所に漂う激しい納豆臭…。
主食なのに手をつけられない荒くれ物と化した。


違うそばの実だったら納豆化しないんだろうか。
誰か手に入れて実験してほしい。

ちなみに私は、納豆は進んで手を出さないものの
食べられるレベルです。
[PR]
by mayis-havaalani | 2013-05-25 19:19 | 食欲バンザイ

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



皆様、元日はどのようにお過ごしでしょうか。
2~3日前から「北海道は大荒れ・暴風雪に注意」との予報が出ていたので
どっさり食糧を買い込み、籠城の構えでおりました。

がっっ、しかし!!
予想以上に雪降ってねーーー(~_~メ)
(オットが今外見たら、雪はチラチラだけど風が強いと。)

朝いつもの時間に起き、お節を食べて、ニューイヤー駅伝を
見ながら一杯呑み(爆)、だらだら過ごす…。


去年はサボって元日カレーでしたが、今年はお節作ったよ!
d0225149_15461584.jpg


今年はベジタリアン仕様お節を作りました。
思うところあり、ただいま我が家は肉・卵・牛乳を控えてます。
たんぱく源は魚と豆類でとっています。

・黒豆
・五家宝ごぼう
・酢ばす
・レモン入り紅白なます
・車麩のモチコチキン風焼き
・栗きんとん
・昆布と小女子の佃煮
・昆布巻き
・伊達巻

卵食べてるけどまあいいや。
ラーメンだけは止められない我が夫婦。チャーシューメンLOVE♪

ついでにお雑煮もご紹介。
d0225149_15574436.jpg


今回の具は
餅…角
汁…すまし汁(煮干し・干し椎茸だし)しょうゆベース
具…かに入りすり身・人参・大根・ごぼう・ねぎ・ほうれん草・干し椎茸

あっさり具沢山!



ちなみにオット家(道民)のお雑煮は?
餅…角
汁…すまし汁(昆布だし)しょうゆベース
具…豚肉・人参・ねぎ・ごぼう・ほうれん草…あれ、俺覚えてねえ…orz

mayis実家(群馬)
餅…角
汁…すまし汁(かつおだし)しょうゆベース
具…鶏肉・人参・大根・ごぼう・ねぎ・里芋・ほれん草・三つ葉

どちらも地域の特色が出ている、と言うより家の好みかな?




今年一年、勝手に冬眠しないよう更新していきたいと思います。
[PR]
by mayis-havaalani | 2013-01-01 16:20 | 食欲バンザイ

天然酵母でパンをつくる

試練の時が続きましたが、やっと酵母液づくりのコツがわかってきました。
我が家の元種たち、出ておいで!

d0225149_15104854.jpg

ビンが汚い事と見分けが全くつかない事は目をつぶってください。


まず、いちばん泡が元気な甘酒酵母でバゲットをつくります。
以前バインミー用のバケットをつくったことがありましたが(こちら)、だいたい同じ配合で
作ってみました。

-------今回の配合---------------------------------------------------------
強力粉(リスドォル) 180g
米粉 38g(20g入れたかったのにバサっと入って38gになってしまった)
甘酒酵母の元種 50g
ぬるま湯 120cc
麦芽糖 2g
塩 3g
---------------------------------------------------------------------------


そしてこんな感じに仕上がりました。
d0225149_1522887.jpg

相変わらずクープも気泡も出てない。
途中でガス抜きしすぎたなー。

ただ表面はカリッと、中はしっとりもちっと焼けている。
よくみるとフランスパンぽい粘りのある生地の気泡が見えるし、前回のような
口を切る「全身これ凶器」の歯ごたえではない。
甘酒の香りは消えてお味噌のようなほっとするいい香りがする。
次がんばろう。


お次は酒粕酵母でフォカッチャを作ります。
実は昨日(2/26)結婚記念日でして、お祝いディナーにピザを焼こうとがんばりました。
これも以前作った塩麹入りフォカッチャの配合をちょいと変えて作ります。


-------今回の配合---------------------------------------------------------
強力粉(リスドォル) 220g
薄力粉 80g
酒粕酵母元種 50g
砂糖(都合によりトレハロース) 15g
塩 5g
ぬるま湯 200cc
オリーブ油と太白ごま油 あわせて20g
---------------------------------------------------------------------------


d0225149_1539115.jpg

お祝いなので具は豪華に!
○シーフードトマト ベース:トマトソース
冷凍シーフードMIX・オリーブ・トマト・モッツァレラチーズ・バジル

○マスタードチキン ベース:マスタードクリームソース
鶏ももソテー・アスパラガス・ブラウンマッシュルーム・コーン・溶けるチーズ

とってもおいしかったんだけど生地が厚すぎたー(>_<)
もっちりしてるんだげど外はかりっと焼けて、お腹にたまった( ̄(∞) ̄) ブヒィ~
今度は敷きこむ生地を半量にしよう。
具が多かったので生地の味まで気づかなかった。


最後にお菓子も作っちゃえ。
ヨーグルト酵母と甘酒酵母のコラボでクグロフを作りました。
d0225149_15502231.jpg

クグロフ型でないと雰囲気が出ないなあ。

普段はインスタントドライイーストで作っていて、その時の生地は
ふわふわ~&しっとり~の口どけの良い仕上がりになる。
どちらかというと「お菓子」らしさが全面に出ている。

今回天然酵母で仕込んだものは、完全に「お菓子の皮をかぶったパン」だ。
持ち重りするほどどっしりと重量感があって、生地がみちみちと粘っこい。
そして甘くない。
醗酵するときに糖分を全てエサに使ったのかなあ。
(かといって生地からアルコール臭はしない。)

ラム酒漬けレーズンが入っているからそれで甘味は補えているけど
シンプルな蒸しパンのような味と食感だ。
天然酵母を使ったクグロフの配合をもう一回考え直さないといかんな~。

詰めが甘い私らしく、3つとも中途半端な仕上がりになってしまった。
まだまだだ。
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-27 16:16 | 食欲バンザイ

甘酒をつくる

以前、塩麹を作ったとき(こちらです)冬になったら麹で甘酒を作りたいな~と
ぼんやり考えていた。

そして冬が来たらヒマな時間ができた。
オットの実家から大量のもち米をもらった。
麹は常にお手軽価格で売っている。

こりゃ作るしかないっしょ!


◎材料
もち米 1合
水 2合
麹 200g

1,もち米はよく研いでたっぷりの水(分量外)に浸し、一晩おく。

2,もち米の水気をしっかり切り、分量の水で炊く。
  私はおこわコースで炊いてます。

3,炊きあがったら、かき混ぜながら米粒をつぶす。
  ばあちゃんは「皆殺しにしてくんない」と言っていたが…Σ(゚д゚;)「よく潰せ」ってことです。
d0225149_18365632.jpg


4,えんやこら混ぜていると60℃くらいになるので(指入れられるけど熱っ!てくらい)、
  麹をほぐしながらまんべんなく混ぜる。

5,炊飯器を保温モードに設定し、釜の上にザルと布巾をかぶせて6~7時間置く。
 1時間ごとに混ぜる。

1時間経ってかき混ぜてみると、粘りがなくなってさらさら状態です。
d0225149_18431278.jpg

早くもほのかに甘酒の香りがする。

7時間経ったものがこちら↓
d0225149_18444087.jpg

色がうっすら飴色に変わってどろどろのお粥状です。
ちょっとなめてみたらとっても甘い!

飲むときにはお湯や水で1:1に薄めて飲みます。
おろし生姜をたっぷり入れて飲むと、風邪の引きはじめによく効きます(ほんとに効いた)。
最近は牛乳や豆乳で割って飲むのが好きです。
え~?!と驚かれるかもしれないけど、焼いたお餅にからめておやつに食べてます。
白玉だんごでもおいしいと思う。

More 甘酒でも酵母おこしに挑戦だ
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-25 19:10 | 食欲バンザイ
鯔さんのこだわりの塩麹づくりを見て、ふと自分の塩麹はどうなっているか
確認してみた。

d0225149_2015677.jpg


こんなちっとんべぇ、とっとと使っちゃえばいいんに…(ああ懐かしの上州弁)
香りは甘酒の香り、ほのかにアルコール臭、酸やアンモニア臭は無し。
味は塩辛い甘酒味で旨味成分が濃くなっている気がする。
しかもちょっとだけ発泡してる(爆)

発泡→醗酵?→醗酵と言えばパン→休みだから時間はある→おっしゃパン作ろう♪
連想ゲームの末、塩麹(の処理を兼ねた)フォカッチャを作ることになりました。


今回の作り方は、昔見た本に載っていたのを書きとめてずっと作っています。
著者と本のタイトルを忘れてしまった(-_-;)
私が10代の頃の本だからざっと20年弱経っている…(怖)

☆今回の配合☆
強力粉 140g
薄力粉 130g(※強力粉が終わったので仕方なく入れた)
米粉 30g(※薄力粉も終わったので入れた)
インスタントドライイースト 3g
きび砂糖 15g
塩 3g
塩麹 6g(※容器にこびりついていた全部を計量)
ぬるま湯 200cc
オリーブ油・太白ごま油 合わせて20g(本当は全量オリーブ油だが終わっちゃったので)

1,ボウルで材料を量りながらどんどん入れていく。
d0225149_20371944.jpg


2,ゴムべらで生地がまとまるまで2~3分こねる。とろろ芋状になればOK。
d0225149_20391334.jpg


3,生地をフタ付きのタッパーに移して、冷蔵庫の野菜室で一晩醗酵させる。
もしくはボウルにラップをかぶせ、暖かいところで1時間醗酵させる。

4,生地の裏表をそっと返すようにしてゴムべらで丁寧にガス抜きをしてから
天板に生地を流す(生地はかなり柔らかい)。
生地を均一に平らにしたら暖かいところで40分ほど2次醗酵させる。
d0225149_2046818.jpg


うちではこんな感じでゴミ袋とボウルを活用してます。
オーブンレンジでやると電気を食うし、必殺車の中で醗酵!は冬の北海道では無理。

5,生地の膨らみをつぶさないように表面に太白ごま油(※本当はオリーブ油:分量外)を
塗り、220℃のオーブンで20分焼く。
d0225149_20521858.jpg


出来上がり
d0225149_20515847.jpg

今回はとってもいい気泡が入っている\(^o^)/
時間はかかるけど捏ねる作業がないから楽なパンです。

香りも味も麹らしさは感じません。粒も練り込まれて見えないです。
後味にかすかに甘酒味が感じられるのと、チーズのような
香ばしい香りがします。

いつも作っている生地より状態がかなりゆるく、でろんでろんで
フォカッチャのトレードマークである穴が開けられないくらい柔らかい生地でした。

塩麹で肉が柔らかくなる=何かがタンパク質を分解している?
塩麹も小麦粉のグルテンを分解している???
アーー、ワタシハ ワカラナイ…。

野菜の塩麹漬けは苦手だけどこれならおいしく食べられる。
もし残った塩麹があったらお試しください。
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-01-12 21:17 | 食欲バンザイ
今年の6月に漬けた黒糖黒霧島梅酒がやっと飲みごろになりましたー!(感涙)
※漬けた時の記事はこちら、一カ月目の記事はこちら

左:黒糖黒霧島梅酒    右:梅黒糖漬け(アルコールなし)
d0225149_21264389.jpg


はっはー、バレました?半年間ちびちび飲んでたからなあ…
てのはウソでして。
子宮筋腫になってから飲酒を控えていたので、梅酒大好きな友達に
半分差し上げたのです。

ふたを開けた時の香りがいいなあ。
待望の味見です!

d0225149_21303840.jpg


黒砂糖のコク&濃い甘味と梅の酸味のバランスがいいです。
ロックですいすい飲める。
調子にのって飲んで悪酔いしそうだ…。

濁りが出ているのはフルーツリカーよりアルコール度数が低い
焼酎で漬けたせいです。
来年はブランデー梅酒と黒糖梅酒の2本立てで作ろうかな。


お次は酔いざましに梅黒糖漬けの味見です。
お湯で倍に薄めて飲んでみます。
うーんまずそうなコーヒーのような見た目。
d0225149_21482421.jpg


だはあ~~!甘いけど酸っぱい!!
健康にいい味がする(涙)
これはちょっと調子が悪い時にお薬代わりに飲んだほうがいいみたい。
漬かった梅もシワシワがすごいけど食べられます。

この量だと早いうちに飲みきってしまいそうなので
来年は一升漬けに挑戦じゃーヽ(^o^)丿
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-12-28 22:03 | 食欲バンザイ

メリークリスマス☆

3日連続吹雪の北の大地よりお送りします(笑)
ホワイトクリスマスなんて言いますが、暴風雪は勘弁してほしかったー。
今朝なんて前が見えないくらいの猛吹雪でした(ToT)


新婚時代はローストチキン・サラダ・スープ・デザートをばっちり作って
キャンドルをつけてディナー☆とかやっちまってたんですが(大照)、
何年も経つとお互い仕事だし、疲れるし、そんなにご飯食べられなくなったし
ケーキ作るだけでいいよね~、で終了です。

今年はキャラメルアップルチーズケーキを作りました。
チーズケーキ大好き!焼きリンゴ大好き!
組み合わせたら旨いじゃろう…と作ってみました。
d0225149_17184017.jpg

がっついた後の写真でごめんなさい。

d0225149_17213953.jpg

上から、
1:酸味の効いたサワークリーム
2:どっしり濃厚なニューヨークチーズケーキ生地
3:キャラメリゼしたりんご
4:キャラメルソース+チョコがけグラハムビスケット
以上の4層構造です。


耐熱皿に型紙を敷いて砕いたビスケットを敷きつめ、上からキャラメルクリームを
つなぎ程度に流し入れ、キャラメル炒めしたリンゴを敷く。
d0225149_17315262.jpg


チーズケーキ生地はミキサーでがーっと混ぜる。
通販でおなじみのマジック〇レッド使ってます。
d0225149_1734771.jpg


型に生地を流し入れ、160℃のオーブンで蒸し焼きにしたあと、
サワークリームと粉砂糖を混ぜたものを上にのせ、余熱で2~3分火を通し
均一な薄さになるよう伸ばし焼く。
一晩冷蔵庫で冷やして出来上がり。

甘苦くて濃厚で、一口食べると疲れが吹っ飛ぶようなおいしさです。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-12-25 17:46 | 食欲バンザイ

塩麹をつくる

体調不良が続きますが、いろいろ折り合いをつけながら何とか生活しています。
最近特に目が疲れるようになってPCから離れていました。
忘れられないように(笑)、アップしなきゃ。


三升漬けを作った時(記事はこちら)麹が50グラムほど余ってしまいました。
よし、あちこちのブログで見かける塩麹とやらをいっちょ作ってみよう♪

材料は麹・塩・水といたってシンプル。
※作成にあたってこちらの記事を参考にしました。

適当なビンがなくて消毒用エタノールで拭いたプラの漬け物容器を使ったけど
ちゃんと腐らないで醗酵できるんだろうか…。
d0225149_14122888.jpg


作ったのは9月下旬でしたが、8日で出来上がりました。
(出来上がり写真なし)
見た目は作った時とあまり変わりませんが、少しトロッとして甘酒のような
薄甘い香りがします。

旬のサンマを三枚におろして一晩漬けこんで焼きました。
d0225149_14185372.jpg

朝から熱燗が飲みたくなるいいお味~♪
麹の甘さでこなれた塩味がサンマの脂と相まって、強いうま味を引き出してる。
サバやイワシ、ホッケとも合いそう。

焼く時は↓のようにオーブンペーパーを敷くと、焦げ付きを防げます。
それぐらい激しい焦げ付きなんです/(´ヘ`;)\
d0225149_14301865.jpg

この写真では豚肉と生姜を漬けて焼きました。
さっぱりした生姜焼き風に仕上がりました。

塩麹はかたまり肉でも柔らかく仕上がります。
鶏もも肉を一枚そのまま漬け、皮目をしっかり焼いてからじゃが芋・ニンニクと
一緒にオーブンで焼いたら簡単ローストチキンの出来上がり☆
d0225149_143793.jpg

今度は豚のかたまり肉で豪快に作ってみたい。


お肉や魚に塩麹を少しまぶしつけて冷凍しておくと、解凍して焼けば
味つけ不要で一品出来上がるので重宝しています。
今は肉・魚しか漬けてないので野菜の漬け物も後で試してみます。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-10-27 14:52 | 食欲バンザイ

三升漬けをつくる

通院先で風邪をもらってきました…((+_+))
昨日・今日と夏のように暑いし、朝晩は羽毛布団でないと寒い。
なかなか体調が整いません。
皆様もお体御自愛ください。


さて、北海道で定番の保存食のひとつである三升漬け(さんじょうづけ)をつくりました。
麹・南ばんと呼ばれる青唐辛子・醤油を1升:1升:1升の同割で漬けることから、三升漬けと
呼ばれています。
家庭により大根や瓜を入れるところもあります。
今回は職場のお姉さま方に聞いたやり方で作りました。



材料 ジャムの中びん約2個分

南ばん 小ひと袋(重さは146gでした)
米こうじ 150g
醤油 150g+後で足す分適宜
d0225149_17561953.jpg



1,南ばんを小口切りまたはみじん切りにする。
注:この時手袋をはいてないと辛味成分で手がヒリヒリします!
d0225149_1815970.jpg


2,こうじを細かくほぐす。
固形のこうじはなじみやすいようにほぐして下さい。
今回買ったこうじは、あらかじめ細かくほぐされてありました。
d0225149_1842072.jpg


3,ボウルに南ばん・こうじ・しょうゆを全て合わせる。
d0225149_1864846.jpg

熱湯消毒したビンに詰める。

4,ふたをして1~2時間程度放置すると、こうじが醤油を吸ってぱらぱらになるので
ひたひたまで醤油を足す。
またふたをして冷暗所(うちは北側の部屋の押入れ)で、ときどきかき混ぜながら
一週間から10日ほど熟成させる。

こうじが細かくなって醤油となじみ、甘味が出たら出来上がり。
d0225149_1818115.jpg

保存は冷蔵庫です。
ひと冬越すと、とてもまろやかになるそうな…。

夫婦二人とも辛い物が苦手なので甘長南ばんで作ったら、全く辛くないかわりに
多少酸味が出てしまった。
こういうのは顔しかめるくらい辛くないとつまんないなあ。

そのままご飯のお供にも、お刺身イカや大根と和えて酒のつまみにもイケます。
鯔さんの【男前】豚バラもろみ焼丼弁当を見て、豚小間切れ三升漬け焼き弁当を作ってみました。
d0225149_18245325.jpg


もろみじゃないけど麹だから…はとこくらい??
下味は三升漬けと日本酒で15分ほど放置してから焼きました。
焼いたから激辛になるかとおそるおそる味見したけど辛くな~い♪
焼いたことにより、さらに酸味が際立つおまけつき(-_-;)
もしや…腐らせた?
オットの評価も「味しっかりついて旨いけど酸っぱいな。」でした。

作る際はひるまず激辛南ばんか一般的な南ばんでお試しください。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-09-28 18:41 | 食欲バンザイ