なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

今週が始まった!

世間とだいぶズレてますが、私の「ブルーマンデー」は金曜日。
シフトの都合でそうなります。

反対に週末が火・水曜です。
お店に行っても人が少なく、人混みの苦手な私はほっとします。
レストランの休みが多いのが玉にキズ…。

がっちり働こうと思い、ぶっかけ丼です!

d0225149_8235091.jpg

見た目が豪快すぎて汚いなあ…。


麻婆白滝・ねぎ卵焼きのせ丼です。

麻婆春雨の春雨に白滝を代入し、食物繊維アップとカロリーダウンをはかってます。
はじめに白滝をチリチリになるまで炒るのがコツ!
具は野菜品不足の救世主のニラともやし様。

これだけではさびしいので、白ねぎ入り卵焼きをどかっと載せました。
夕飯の使い回し感が薄れます(笑)


外は大雨ですが、いってきます(^o^)丿
[PR]
# by mayis-havaalani | 2011-04-08 08:33 | 食欲バンザイ
私の心の故郷はシンガポールです。
何回も旅行に行ってます。
緑豊かな都市国家、経済発展と観光に力みなぎり、次々と
新しいことを仕掛けていく。

ただ、私が好きなのはそんなピカピカの面ではない、ホーカーと
呼ばれる屋内屋台飯の天国であるところ。

チキンライスはシンガポールの名物のひとつです。
シンプルながら鶏肉の加熱の仕方・ライスの香り高さ・スープの
味わいなど奥が深い。
私も行く度に色々な店を食べ歩いてます。
いつもは骨付きもも肉で作るけど、今回は特売品の手羽先で
作ってみました。


d0225149_8123100.jpg



手羽先はさっと湯通しして、スープ+炊飯用+αの水と葱の
捨てるところ・生姜の皮・皮つきニンニクとともに圧力鍋で20分ほど
加熱し、そのまま鍋ごと冷まします。

フライパンにニンニクと生姜のみじん切りを香りよくごま油で炒め、
生米を炒め、手羽先でとれたスープ・塩・酒と混ぜ、炊飯器で炊きます。

醤油とごま油でタレを作り、冷めた手羽先に塗ります。
スープは塩で味を調え、葱のみじん切りを散らします。
皿にご飯・手羽先・きゅうりを盛って出来上がり。

奥の緑色の中身は中華風ねぎ油ソースです。
青ねぎのみじん切り・おろし生姜・塩・中華スープの素少々を
小鉢の中で混ぜ合わせ、うす煙が立つまで熱したサラダ油を
かけ回せば出来上がり。

チリソースはこの辺では売ってないので、柚子胡椒と三升漬けで
代用しました。

本当はタイ米と紹興酒で作りたいけど、なんちゃってでも、それなり
に仕上がります。
あと野菜の小鉢を添えれば栄養もばっちり!
[PR]
# by mayis-havaalani | 2011-04-07 08:06 | 食欲バンザイ
早々に風呂を済ませ、夕食もマッハで食べ、普段ニュースしか見ないTVを見ている
うちに眠ってしまいました。
…まだ8時過ぎだったのに。

起きたのはam4:30。
旅の時は早起きが苦もなくできます。

朝焼けを楽しみながら散歩をして朝食を済ませ、高速バスの時間を時刻表で確認して…


帰りの便 予約してない。

手元の時刻表には「浦河~札幌間 前日までに要予約」と明記されています。
が~~~ん… やってもうたで賞…。
なんで昨日、札幌の窓口で往復で買っておかなかったんだ!

この時am5:45。最寄のバス停の発車時刻はam6:12。
ホテルのチェックアウトを考えると時間がありません。

まず携帯でJR利用の帰り方を調べてから道南バスへお電話。
「本来は予約して頂かなくてはなりませんが、もう発車しているので運転手に直接聞いて
ください。満席で乗れない場合もあります。」
と、ありがたい忠告を頂戴してからチェックアウト。

バスは時刻ピッタリにやってきた。あっ空席たくさんあるぞ!
運転手さんに「予約し忘れたんですが乗れますか?」と聞くと、黙ってうなずいた。
よかった~~、これで駅まで全力ダッシュしなくていいんだ。
それにJRは1,000円高くて1時間多くかかるし。

ほっとして札幌までずっと寝たままでした。


朝の渋滞に巻き込まれることなく時刻表どおりに札幌バスターミナルへ到着。
うち方面へのバスの乗り継ぎもスムーズに出来たので、お昼前に自宅へ到着しました。

どたばたしすぎて、帰りは写真どころか札幌土産もなし。


教訓:旅の準備はしっかりとする。
[PR]
# by mayis-havaalani | 2011-04-06 09:28 | 放浪
今回泊ったホテルはビジネスホテル ホテルイーストです。
d0225149_17271630.jpg

浦河駅から少し離れますが国道に面し無料P有り、高速バスの止まるバス停から徒歩約1分、コンビニは徒歩約5分と出張族やサラリーマンに人気のホテルです。

2階のあるお部屋を開けると…
デスクまわり↓
d0225149_17245024.jpg

TVは液晶の地デジ対応、空の冷蔵庫、湯沸かしポットと茶器セット、
机の中にドライヤーなど。
今回禁煙室のリクエストを忘れていたので喫煙室に通されたのですが
全くニオイが気にならなかったのでそのまま泊りました。
(どうせ一晩だし格安素泊まりプラン利用だったので…)

ベッド↓
d0225149_17275842.jpg

セミダブルサイズ、固めのスプリングで腰痛持ち&バス移動で坐骨が
しびれた私にありがたい。
部屋着持参なので浴衣は着ませんが荷物の削減になりますね。

バスルーム↓
d0225149_17285231.jpg

平均的なよく見るユニットバスです。
トイレはウォシュレット付き。
シャワーのカランに温度調節が付いているので、お湯を出しっぱなし
にしなくていい。
私はお湯と水のカランを動かして丁度の温度にするのが苦手です。

今回海側の部屋だったのでカーテンを開けると
d0225149_17291791.jpg

はい駐車場と国道ビュー(笑)
夜は暗くて海は見えないし海岸を堪能したばかりなのでOKです。

さびしい夕飯の風景…
d0225149_17294588.jpg

TVを肴にノンアルコールビールで乾杯。
浦河産のおひょうと八角の生寿司を頂きました。
「八角 魚」で検索してみてください。びっくりする風貌ですが
脂がのってこりこりした歯ごたえで刺身・焼き両方美味しい魚です。



このホテルの周りはスナックだらけなのです。
そこもサラリーマンのツボなのか?!
女性一人が安心して食事を楽しめる店はないかなあ…

私は行きませんでしたがホテルの裏に銭湯があります。
狭いお風呂が苦手な方はそちらへどうぞ。
[PR]
# by mayis-havaalani | 2011-04-03 17:39 | 放浪
浦河で行きたかったところはパン屋さん・ぱんぱかぱんです。
HPとブログを拝見していて、いつか行こうと決めていました。

d0225149_82362.jpg

国道から脇道に入ってすぐお店が見えます。
店内に入ると手前にパンと焼き菓子のコーナー、奥には
海の見える喫茶コーナーがあります。

来店したのは3時頃だったのですが、パンがあと数点しかない…。
食パンは全種類揃っていたけど、部屋で3斤をもぐもぐするのは
どうかと(笑)
ここで夕飯と朝食を調達する予定だったので残念(;_;)

とりあえず朝食用に確保↓
d0225149_832415.jpg

上から時計回りに
あんぱん(¥120.-)
浦河産ハスカップのタルト(¥240.-)
木いちごのタルト(¥240.-)

・あんぱん(あっという間に食べて拡大写真なし)
まるで薄皮まんじゅうのように平べったい形と見た目ですが
パンを持つとあんこがぎっしり隙間なく入っています。
甘くてほっくりしたつぶあんと、薄いのに小麦粉の香りとうまみを
しっかり感じるパン生地で満足感を味わえます。

・浦河産ハスカップのタルト(これまた写真なし)
バターの香りたっぷりのざくざくタルト生地にやさしい卵味のアーモンド
クリームを敷きこんで、凛とした酸味のハスカップジャムが間に挟んで
焼いてあります。
ハスカップジャム私も作ってみよう。
今回このタルトが一番好きです。

・木いちごのタルト
d0225149_84950.jpg

生地はハスカップのタルトと同じようです。
(木いちご・ハスカップと両方アーモンドスライスがかかっています)
こちらのジャムも手作りかな?
果肉のつぶつぶを感じますがハスカップの鮮烈なコントラストのせいか
「もう一声…」アクセントが欲しいような…。


さて、今夜の夕飯を確保しなければいけません。
10分ほど北へ歩いてコープさっぽろで夕飯を買いました。


次は泊ったビジネスホテルの紹介です。
[PR]
# by mayis-havaalani | 2011-04-01 08:21 | 放浪