なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

盛岡市内はみぞれだったのに
龍泉洞前に着いた時は本降りの
雨になっていました。

お天気のせいで黒っぽいけど
驚くほど水が澄んでいます。
d0225149_191959.jpg


入場料は1,000円です。
d0225149_19193379.jpg

さあ入場!おっとその前にやることがある。

水汲みです<マニアック?
d0225149_19201558.jpg

オットも私も湧水大好きで、旅行先で
おいしい水があったら必ず味わうことに
しています。
市販されているほど有名な龍泉洞の水は
どんなじゃろう。

うーむ、冷たい。
そして喉を通るときちょっとひっかかる
ような感じがある。
エビアンとかヴィッテルのように
ミネラル分が多そうな味です。

持参したペットボトルにごんごん汲んでたら
団体客をご案内していたガイドさんが
「…このように無料でおいしいお水を持ち帰れます。」
と格好の例のように案内していたΣ(//▽//)
恥ずかしい~。



いよいよ龍泉洞の中へ入るどー。
しかし思い出したことがあった。
私は閉所恐怖症(爆)
龍泉洞=鍾乳洞→狭い・暗い・逃げられない
恐怖のあまり写真がブレてます。
d0225149_19211857.jpg


だあーやっぱり暗い!狭い!怖い!
d0225149_1921427.jpg

でも水がキレイ☆
d0225149_19221275.jpg


ほ~洞窟内は風がない分気温が上がるのか?
d0225149_19224050.jpg


なんか岡本太郎的ライティングだな。
d0225149_1924495.jpg


ライオン岩
♪アッ・アッ・アッ ラ~イオ~ンズ、
ラ~イオ~ンズ、ラーイオ~~ンズ♪
by松崎しげる
d0225149_19244415.jpg

地蔵岩
お賽銭はちょっと…。
d0225149_19252170.jpg

洞窟内の気温(上)と湿度(下)
空気がじっとりと重く冷たいです。
d0225149_19255463.jpg


地底湖へと続く階段
d0225149_19262336.jpg

かなり急角度のうえ、洞窟内では
ポタポタ水が垂れているので
足元が滑りやすいです。
新しいスノーブーツを買ってよかった=З

次はいよいよ地底湖です。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-25 05:29 | 放浪
福田パンでサンドイッチを購入後、また歩いて
盛岡駅へ向かいました。
龍泉洞への旅はここから始まります。
d0225149_1764726.jpg


まず駅の2階に上がってJR東日本バスの
券売り場で乗車券を買います。
(終点:龍泉洞前まで片道2,590円。
もちろんバスにて現金投入も可)
d0225149_1772564.jpg


ちょっとトイレをすませ…おっ?
いわて銀河鉄道とな?!
乗りたいけど時間がない。うう…(TT)
d0225149_177536.jpg



バスは1番のりばの発車です。
d0225149_1782365.jpg

龍泉洞行きのダイヤです。
d0225149_178484.jpg


中はこんな感じ。
うん、よくある長距離路線バスだ。
d0225149_179188.jpg


これから2時間20分寝るぞー!と
思ったら、わずかな時間で破られた。

バス停4つ目を目前にして「ギギッ」という
嫌な音のあとピーーーーーーーッと警告音が鳴り響く。
何とか路肩にバスを止め、運転手さんが血相を変え
バスを飛び出して三角標を置き、点検しだした。

なんと「ギアが入らない」とΣ(゚д゚;)
あ~これ以前の居住地網走バスでも経験
したことあるわ。
あの時は営業所が近かったから、すぐ
代替車両が来たけど今度はどうかなー。

こういう時はじっと待つしかない。
周りの乗客の方も皆静かに待っている。

「代替車両が来ます。」と伝えられたが
整備担当の方が来た。
ものの2~3分で直った\(≧▽≦)/
原因はエンジン部分に雪の塊が詰まり
それがスイッチ類を圧迫してギアが
入らなくなったそうだ。



何分経過したか見なかったけど運行再開!
順調にくねくね山道を登っていく。
d0225149_17114232.jpg

里はみぞれだったのに山は本降りの雪だ。
しかもガスまで出てきたよ。
(写真ではお伝えしきれていません)
d0225149_1712529.jpg

岩洞湖ではワカサギ釣りが出来るのかー。
湖面に点々と張られたテントが見えますか?
d0225149_17124136.jpg

「道の駅三田貝分校」でトイレ休憩です。
閉校した校舎を利用しているのかな?
あげパン食いたい…。
d0225149_1713958.jpg



30分遅れで終点龍泉洞前に到着しました!
いやー無事着いてよかった(T▽T)
いよいよ憧れの地に突撃します。
d0225149_17134256.jpg

[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-23 08:56 | 放浪
3/13(木)


おはようございます。
前日の頭痛と睡眠不足が解消され
良いコンディションです。


この日はメインアトラクションである
龍泉洞へ行きます。
その前に腹ごしらえをば。
d0225149_14275461.jpg

何の気なしに取った「岩泉ヨーグルト」が
最高にうまい!
まるでレアチーズムースのようなコクと
まろやかさでした。
d0225149_14282046.jpg





お昼の弁当に福田パンでサンドイッチを
買います。
ここを知ったきっかけは、かなり昔に
料理誌dancyuに載っていた(ような…)のです。


朝方降った雪で道路がグチャグチャですが
元気に歩いていきます。
d0225149_1429211.jpg

うおー、岩手県交通バスがいっぱい。
d0225149_1429502.jpg



ホテルを出て20分ほどで到着!
d0225149_1430247.jpg

外観は昔の小学校のような
ほのぼのとした造りです。
d0225149_14304878.jpg

しかし、写真を撮っている間に
車が3台入ってきた。
後から入って注文方法を学ぼうっと。

中はこれだけしか撮れなかったのですが…
d0225149_14311234.jpg


1)壁一面にかけられたメニューから選ぶ
名物はあんバター、ナポリタン、野菜サラダ&
ツナなどだそうです。
店舗限定メニュー(りんごジャム&練乳他)あり。

2)注文口で注文する。
私は野菜サラダの上にコンビーフ&れんこんしめじを
お願いしました。
おばちゃん一人で忙しそうに作ってます。

3)受取口で支払いパンを受け取る
あれっ?2つサンドが出てきた。
1つのサンドにコンビーフとれんこんしめじを
一緒に挟んでもらおうと思っていたが
注文の仕方が悪かったみたいだ。
どんまいどんまい。
お会計は2つで770円でした(1個365円)。

さっそく出来上がったサンドイッチを
じっくり見てみる。で、でかい…。
私の手(約20×10センチ)がすっぽり隠れる
大きさです。
d0225149_14325262.jpg

高さもある。食べ切れるかなあ。
d0225149_14331374.jpg



龍泉洞見学を終え、食べてみました。
こちらは野菜サラダ&れんこんしめじです。
d0225149_14335427.jpg

時間が経ったせいかちょっと水分が
出てびちゃっとしてます。
逆に口がうるおって食べやすくもある。

野菜サラダの中身はキャベツ・ピーマン
生玉ねぎ・トマトが入っていました。
味の決め手はたっぷりのマヨネーズと
辛子バターですね。

パンがふっくらしていて最初に受けた
大きさを全く気にすることなく
悠々と食べきってしまいました。


もう1個の野菜サラダ&コンビーフ
コンビーフが結構気前良く入っている。
d0225149_14342815.jpg

2~3口食べたところで帰りのバスの
時間が近づいたので、残りは車内で食べようと
包み直しました。


そして恐れていたことが…。
バスの中で首と手に発疹が出てしまいました。
ちょっと調子に乗りすぎたようだ。
あーー何が体に合わなかったのかな~。
マヨネーズ・パン・辛子バター・コンビーフ
パンに含まれているだろう植物油脂?

疲れとホルモンバランスなどの
影響も考えられるので、サンドイッチだけが
悪者ではないのですがちょっと悲しくなりました。

でもここのパン屋さんはおススメです。
なんたって楽しいし、選ぶ喜びがある。
また体調が良い時に行きたいです。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-22 14:39 | 放浪
今回泊まったホテルは
ホテルブライトイン盛岡(HP)です。
d0225149_18484936.jpg


盛岡駅からかなり離れていますが
・発着地の盛岡バスセンター至近
・立地の割に静か
・今回散策したいエリア内
・値段(爆)
と条件に合致したので選びました。


いちばん安いプランで予約したのですが
女性専用フロアーにしてもらえました。
私より心配性のオットが安心=З

シングルルームです。
狭苦しくなく、南側で明るいです。
d0225149_18493435.jpg


レディースフロア特典ということで
バスソルト・化粧水・乳液やラブリーな
小物入れ・カップ&ソーサーが置いてありました。
d0225149_1850041.jpg


あとナイトスチーマーとハンドマッサージ機が
置いてあります。
d0225149_18502944.jpg

ナイトスチーマーは使わなかったけど、がしがし
歩いて足が重だるくなるからマッサージ機は
ウレシイ~♪
帰った直後や風呂後に大変重宝しました。

水回りはビジネスホテルにしてはゆったりサイズ
d0225149_18505030.jpg

おいっ!うちのバスタブより広いとは
どういうことだっ!!
d0225149_18511133.jpg


冷蔵庫も2リットルのペットボトルが
入るサイズです。
酒の保管庫と化していました。
d0225149_18513420.jpg



窓からは盛岡城跡公園と、隣にある
もりおか啄木・賢治青春館の屋根が見えました。
隣のビルの解体がいちばんよく見えた…。
d0225149_185292.jpg


チェックインの際、鍵と一緒に
周辺の飲み屋3軒で使えるお得な
クーポンをもらいました。
d0225149_18523625.jpg

普段だったら見向きもしないんだけど
行きたかったクラフトビールのベアレン(HP)が
載ってる!

いやーこれって運命だ♪
考えておこう。


荷物を預かってもらったり宅急便を
出したりいろいろお世話になりました。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-20 18:58 | 放浪
盛岡は趣のある家がたくさん
建っています。
昭和な家・レトロな建物が好きなので
うれしくてバシャバシャ撮ってきました。


まずはホテル近くの中ノ橋(なかのはし)界隈より
d0225149_915931.jpg

d0225149_922672.jpg

d0225149_910371.jpg

盛岡は戦火を免れたので、昔の
建物が残っているそうです。

北へ向かって紺屋町(こんやちょう)界隈
d0225149_924824.jpg

紺屋(染物屋)さんが集まっていたので
この地名になったそうです。

紺屋町と聞いて、元合唱団員のワタクシが
思い出したのが北原白秋作詞の
「柳川風俗詩 紺屋(こうや)のおろく」!

♪憎いあんちくしょうは 紺屋のおろく
♪猫をかかえて 夕日の濱を
♪知らぬ顔して しやなしやなと…


柳川風俗詩の舞台は福岡の柳川市だから
全く関係ないのですが(--;)
d0225149_935992.jpg

ふんふん歌いながら(←不審者)歩きました。


菊の司酒造
d0225149_941647.jpg

ラッキー♪酒買おう。
スミマセーン、こちらで小売はされてますか?
あっお向かいの店で?失礼しました!

菊の司のお酒は、お向かいの
平興商店で売っています。
d0225149_95257.jpg

こちらで雪っこワンカップと
杜の白菊ワンカップを購入しました。

店番の上品なおばあちゃまに
「コップ酒で試飲できますけどいかが?」
お誘いを受けましたが下戸なので、と
丁重にお断りしました。
ビール飲んで4合瓶持った下戸<わし(爆)



まだまだ歩く…あー盛岡正食普及会だ。
d0225149_955963.jpg

ここライ麦パンが有名なんだよね。
買ってくれば良かったなあ。


中野製麺所
d0225149_962258.jpg

気になりますねえ…。
手作り餃子に手打ち麺、じゃじゃ麺の
肉味噌まで売っている。
いや~一気に小麦食ったらカユカユなんだわ。

屋号不明の電気店
看板がまことによろしい。
d0225149_964563.jpg


完璧な家。好きです!
d0225149_97113.jpg


盛岡ぐるぐるはまだ続く。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-19 09:13 | 放浪
初日の大切な一食目、飛ばしていきましょう。
いきなりデザートから食べてやる。



☆デザート☆
食楽日和(くらびより) 
盛岡の(株)浅沼醤油店が出している
アンテナショップです。
d0225149_1312232.jpg

自慢の醤油・味噌・飲む酢や
さまざまなタレやドレッシングなどが
売られています。
d0225149_13122421.jpg


エゴマ醤油ソフトクリーム(250円)
エゴマから造られた醤油を加えた
ソフトクリームだそうです。
d0225149_13124578.jpg

写真は白飛びしてますが実際は
もうちょっと薄めた醤油色です。

味は…香ばしい。醤油の香味と
ナッツのような黒大豆の皮のような
味がします。

別添えのSOYキャラメル(手前)と
MISOソース(奥)をたらすとコクが深まります。
d0225149_1313129.jpg

ごちそうさまでした。
さあ、次!メインディッシュだ。



目当ての店がなんと休業中!!
d0225149_13134134.jpg

がっくり…でも再開を心より待っています。
「やさい料理とお茶 小森」
d0225149_1314296.jpg




しょうがない、ちょっと歩くけどプランBだ。
☆メインディッシュ☆
多国籍料理ステラモンテ
d0225149_13144394.jpg

こちらは酒造会社あさ開が出している
レストランです。
ここでしか飲めないクラフトビール目当てで
やってきました。
d0225149_1315850.jpg


ランチメニューより牛肉のガパオ炒めご飯(890円)
d0225149_13154458.jpg

タイ米と国産米が選べたので
タイ米を選びました。
ええと…バジルはどこ?
辛い物が苦手な私が食べられるほど
辛くないそぼろ炒め


本来の目的、ビールはどうかな?
d0225149_13295422.jpg

季節限定:ヘーフェヴァイス(610円)
d0225149_13182819.jpg

これは当たり!
最初は生クリームのようなまろやかな
飲み口で、後でりんごジュースと
マスカットの味がする。おいしい~♪

注文してから気づいたけどランチビールが
ありました。
d0225149_13301890.jpg

ううっ、飲み比べたいが無理だー。
強い肝臓が欲しい(ToT)

ほろ酔いのまま隣の直売所で試飲しまくり
目的の濁り酒「どべっこ源三」をお買い上げ。
ちどり足で酒瓶をかかえ街を歩く。



よし、デザートもう一丁行くべ!
ありゃりゃ、ここも休みかい。
d0225149_13195611.jpg

この看板が気になってねえ。
赤飯と味付の違いを知りたかったのに。
d0225149_13203085.jpg

また行けるかなあ「丸竹餅店」。
d0225149_13211317.jpg



ふらふら歩くと肉まんが並ぶ店を発見!
通り過ぎてまた引き返す(笑)
酔い覚ましに食べよう!
d0225149_13215546.jpg

☆酔い覚まし☆
この写真じゃ屋号がわかんないよ…
→「点心伍十伍番」です。

大肉まん(320円)
d0225149_13223190.jpg

「温かいのがいいかい?」と
ホカホカの商品を頂きました。
d0225149_1322491.jpg

皮がむちむち・ふわふわ、中のあんは
キャベツと玉ねぎの入ったあっさり味で
あっという間に歩き食いしてしまいました。


ああお腹いっぱい。
ホテルでひと休みと思ったら
激しい頭痛でこの後朝まで寝込んで
しまいました。
フェリーでぐっすり寝たと思ったけど
体は疲れていたんだね。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-18 13:36 | 放浪
3/12(水)


d0225149_12483878.jpg

八戸港フェリーターミナルからシャトルバスで
本八戸駅へ向かいます。

しかしなかなかバスが来ない…。
皆寒そうに待っています。

d0225149_12381923.jpg

8:05 八戸港→本八戸駅前行きシャトルバス発
(※定刻は8:00)
まさかの定刻入線。冬道だもんねっ

バス運賃は300円です。
これも込みなのでクーポンをちぎって
運賃箱に入れるだけ~。

8:22 本八戸駅前着
次のバス前に間に合ってよかった=З
が、この後乗る予定の八盛号が来ない。
寒い…。

8:35 八盛号 本八戸駅前発
(※定刻は8:25)
d0225149_12391651.jpg

使用車両の故障で代替車輸送だそうです。
まー毎日走っていたらそんな事も
あるよねえ。
後日「そんな事」に巻き込まれるのだ。


バスは東北道をひた走り、一路盛岡へ
向かいます。
私の天敵となったスギがいっぱい。
雪が残る時期に来てよかった。

10:58 八盛号 盛岡バスセンター着
札幌から14時間後、やっと盛岡へ到着!
d0225149_12401543.jpg


そんな疲れを吹き飛ばす盛岡バスセンターの
素晴らしいレトロっぷり。
d0225149_12403993.jpg


いっぱい撮ってきたので後日アップします。

さあ、ホテルに荷物を預けてお昼食べましょー!
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-17 12:49 | 放浪
3/11(火)


今回盛岡行きを決めたきっかけは
ラジオのCMでした。
そう、うちはTVがないからラジオが頼り(爆)

d0225149_15183126.jpg

・札幌→苫小牧港間高速バス「高速とまこまい号」(1,270円)
・苫小牧→八戸フェリー2等船室(4,860円)
・本八戸駅までのシャトルバス(300円)
・本八戸→盛岡間高速バス「八盛号」(1,830円)

以上の片道運賃全て合わせて6,700円!!
※以上の料金は増税前の3/31までです。
片道のみの販売です。
詳しくはこちら
飛行機の半額で行けるじゃん。即決!
この時点で「船が苦手ですぐ酔う」という
事実は都合良く忘れている。



旅の始まりは札幌駅前バスターミナルです。
ここから果てしない移動開始…

21:00発 高速とまこまい号
このバスで終点の苫小牧フェリーターミナルへ
向かいます。
d0225149_15193278.jpg


22:55 苫小牧フェリーターミナル到着

d0225149_15212493.jpg

一階の川崎近海汽船窓口で乗船手続きを
行います。
乗船申込書に住所・氏名・目的地などを
記入しちぎったクーポンとともに
提出します。

飛行機の国内線みたいなQRコードつきの
乗船証をもらったらすぐ乗船です。

おや、2階にゲームコーナーが。
でも麻雀とスロットか…オットよ残念だね。
(オット、大のゲームっ子)
d0225149_15215097.jpg


23:00 シルバークイーン乗船開始
おー、あの船に乗るのか。
d0225149_15221994.jpg


こういうの何ていうんだっけ…。
ボーディングデッキ?少し歩く。
d0225149_15224048.jpg


いよいよ船の中へ。心臓バクバク。
d0225149_15225859.jpg

あっ肝心のエントランス部分を撮り忘れた!
「想像していたフェリーらしいフェリーだなあ。」
と思いました。

自動販売機コーナー
d0225149_15244110.jpg

ペットボトルは150円、缶は120円。
意外と良心的?

あっカップラーメンの自販機もある!
サイズは小さめだけど200円です。
d0225149_1525434.jpg


ゲームコーナー
また麻雀とスロットだわ。
d0225149_15252890.jpg


大浴場(展望浴場)の入浴時間表
d0225149_1525466.jpg

ううう、今日の診察でスクラッチテストを
したから風呂はお預け。

オートレストラン
いや~昭和な内装で良い!
d0225149_15261378.jpg

乗船してすぐは宴会をする人たちで
埋まっています。
おなじみの冷凍食品がいっぱい。
ニチレイ製品祭り。

トイレ入口に嘔吐袋が…
お守りがわりにもらっておこう。
d0225149_15263474.jpg


23:59 シルバークイーン 苫小牧港出港
2等船室は3部屋ありました。
20~30畳ぐらいのカーペット敷きです。
毛布を借りて(300円)、さっさと場所取りして
寝ました。
男女半々ぐらいで人数も少なく快適に
過ごせました。

深夜の2等船室
d0225149_15271674.jpg

消灯は0:30頃、TVは乗務員さんが消しに
来ました。

船酔いは大丈夫でした!
・今回持参した"タイの怪しい万能薬"が効いた
・波が穏やかだった
・とにかく疲れていてさっさと眠りにつけた
これらが勝因かと。

揺れは波よりエンジンの揺れのほうが
すごかった。
床を通して「ゴッゴッゴッゴ…」と地鳴りの
ように全身に響いていた。
例えるなら飛行機が滑走路で動き出すす前
エンジンを全開にしたときの感じだった。



5:00 トイレ行きたい&腹減った…。
忙しくておにぎり握れなかったんだよなあ。
いいや、ネタになんか食べよう。

何にしようかな♪
d0225149_15281743.jpg

パスタやピラフ、たこ焼きやフライドポテトなど
おなじみの商品が揃っていました。

焼きおにぎり(400円)いただきま~す。
d0225149_15302479.jpg

値段は市価の倍か。ま、海の上だもんね。
部屋に戻って2度寝zzz


6:40 起床・照明&TV点灯
熟睡できたので体調がいいです。
洗面ついでにデッキに出てみました。

おおっいい天気!
そして口ずさむ♪海よ~俺の海よ~♪
d0225149_1531199.jpg


7:30 シルバークイーン下船
バスでターミナル前まで乗せてくれます。
乗車時間は2~3分ぐらいでした。
d0225149_15313120.jpg


ああ楽しかった。とにかく酔わずに
ぐっすり眠れたことは、今後に備えて
大きなプラスでした。
まだ移動は続きます。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-16 15:49 | 放浪

ただいま&お土産公開

今朝盛岡から帰りました。
フェリー+高速バス移動の夜行2泊5日と
予想通りヘロヘロです。

帰宅後仮眠をとったものの
まだ体がどんぶらこと揺れている
気がする_| ̄|○

d0225149_1553577.jpg

今回の盛岡土産です。
水・酒・菓子。
自分の嗜好に忠実(--;)

これからまた長々と盛岡旅行記が
始まりますがよろしくお付き合い
くださいませ。

まずは無事の帰還に感謝をこめて。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-15 15:56 | 徒然

盛岡なう

d0225149_13104750.jpg

d0225149_13104783.jpg

d0225149_13104710.jpg

ホテルで借りたPCに写真がうまく取り込めず、現地更新はちょっと難しいです。
昨日のビッグランチをお伝えしたかったなぁ…。

今日はずっと行きたかった龍泉洞へやってきました。
来てよかった!
…と大抵の人は言うでしょう。

私は怖かった(爆)
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-13 13:10