なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

塩麹をつくる

体調不良が続きますが、いろいろ折り合いをつけながら何とか生活しています。
最近特に目が疲れるようになってPCから離れていました。
忘れられないように(笑)、アップしなきゃ。


三升漬けを作った時(記事はこちら)麹が50グラムほど余ってしまいました。
よし、あちこちのブログで見かける塩麹とやらをいっちょ作ってみよう♪

材料は麹・塩・水といたってシンプル。
※作成にあたってこちらの記事を参考にしました。

適当なビンがなくて消毒用エタノールで拭いたプラの漬け物容器を使ったけど
ちゃんと腐らないで醗酵できるんだろうか…。
d0225149_14122888.jpg


作ったのは9月下旬でしたが、8日で出来上がりました。
(出来上がり写真なし)
見た目は作った時とあまり変わりませんが、少しトロッとして甘酒のような
薄甘い香りがします。

旬のサンマを三枚におろして一晩漬けこんで焼きました。
d0225149_14185372.jpg

朝から熱燗が飲みたくなるいいお味~♪
麹の甘さでこなれた塩味がサンマの脂と相まって、強いうま味を引き出してる。
サバやイワシ、ホッケとも合いそう。

焼く時は↓のようにオーブンペーパーを敷くと、焦げ付きを防げます。
それぐらい激しい焦げ付きなんです/(´ヘ`;)\
d0225149_14301865.jpg

この写真では豚肉と生姜を漬けて焼きました。
さっぱりした生姜焼き風に仕上がりました。

塩麹はかたまり肉でも柔らかく仕上がります。
鶏もも肉を一枚そのまま漬け、皮目をしっかり焼いてからじゃが芋・ニンニクと
一緒にオーブンで焼いたら簡単ローストチキンの出来上がり☆
d0225149_143793.jpg

今度は豚のかたまり肉で豪快に作ってみたい。


お肉や魚に塩麹を少しまぶしつけて冷凍しておくと、解凍して焼けば
味つけ不要で一品出来上がるので重宝しています。
今は肉・魚しか漬けてないので野菜の漬け物も後で試してみます。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-10-27 14:52 | 食欲バンザイ

治療開始

セカンドオピニオンを受けた翌週、B病院の再診を受け先生に改めて
「こちらで治療をお願いします。」と宣言しました。

この時点で毎週病院通いをしていた。
行くだけで疲れるんだよなあ。


MRI画像を見ながら治療方針の説明と、内診・エコーを受ける。
内診台に乗ったままエコー突入で、ワシはちょっと恥ずかしかったぞ(--;)

腹腔鏡手術を行うためには筋腫をある程度小さくしなければならない。
その為、これから3~4カ月間、リュープリン注射を月一回打つホルモン療法を行う。

簡単に言うと筋腫は女性ホルモンをエサにして大きくなります。
この注射で女性ホルモンをブロックして閉経状態に近い状態をつくり、筋腫を小さくしていきます。

副作用は個人差によるが更年期症状。
のぼせ、肩こり、頭痛、脱力感、便秘、 むくみ、神経過敏、胃部不快感、しびれ、
にきび、悪心、不眠、うつ状態、動悸、肝機能障害、筋肉痛、下痢、めまい、腟の乾燥、
不正出血など。
あとは平均で骨量が5%ほど減る。

ドリフみたいにでっかい注射を一本打って、患部を絶対もまないように!と言い渡され
この日は終了。
これで来月まで病院通いから解放されたわ~とルンルンお会計に向かったら…
11,910円!!((((((ノ゚⊿゚)ノ

-------------------------------------------------------------------------
※内訳
初・再診料 700円
注射(リュープリン注射用キット1.88mg) 33,700円
検査(超音波・断層胸腹部) 5,300円
合計 39,700円→3割負担で11,910円
-------------------------------------------------------------------------

これから3~4カ月、一万円が飛んでいく…(泣)
 

さて、注射打ったその後は?
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-10-08 21:36 | 挑戦

白い〇〇

今さらですが私は旭川に住んでおります。
今までの立ち寄り先でバレバレだろう。
我が旭川に一昨日初雪が降りました!!w(゚o゚)w


北海道は3日、上空の寒気が強まり、各地で初雪や積雪が観測された。旭川市では同日午前2時半から20分程度、みぞれが観測され、平年より20日、昨年より23日早い初雪となった。同市街地からは3日午前中、雪化粧した周囲の山々が望めた。

 旭川地方気象台によると、統計を取り始めて以降、1898年10月2日に次いで2番目に早かった。
(読売新聞オンラインより)


寝ていて初雪が降ったのは知らなかったが、夜中の冷えは異常だった。
翌日も寒かったなあ…。おでん・鍋関連の商材がよく売れた(笑)


今日ようやく拝めた大雪山系
d0225149_2247985.jpg

ちょっと影になってるけど4~5合目あたりまで雪化粧です。
これは車で帯広・北見方面へ行くのは覚悟が必要だ。


いささか強引ですが白いつながりでご紹介しよう。
白いブラックサンダーだ!
d0225149_22511463.jpg


オットが単独帰省した際、どこかの店で買ったそうだ。
店の名前や場所すらも忘れているところがオットらしい。
オット、NEWブラックサンダーに出会えた喜びから私に電話をかけたのだが
「白いブラックタイガーを見たんだよ!」というアナタいつ動物園行ったね?という謎メッセージを
かけて寄こした。

一箱12個入りだったが、我々甘味大王夫婦は瞬殺だ。
d0225149_2259640.jpg


中身はお馴染みパフ入りミルクチョコレートだが、ホワイトチョココーティングのせいか
とても甘い。苦い番茶が必要だ。
d0225149_232065.jpg


甘いけどパフチョコの香ばしさに気をとられているうちに食べ終わってしまう。
この甘さとボリュームなら小腹減らしになりそうだ。
ちなみに一個134kcal…あはははは。


この商品、楽天市場でお取り寄せできるそうだ(サイトはコチラ)。
物好きとしては工場直売所にも行ってみたい。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-10-05 23:21 | 食欲バンザイ
MRIを撮ってもらった翌週、紹介状とMRIフィルムを手に別の総合病院へ向かいました。
(今まで診断を受けていた個人病院をA病院、総合病院をB病院とします。)

B病院は今住んでいる市でも指折りの大きい総合病院です。
田舎もんなので、病院のロビーにドトールとローソンがあるだけでびっくり。

受付横の掲示板を見て「ええっ!?」と思ったのが紹介状がないと「特別選定医療費」として2,100円
とられるのね。
ふーん、なんか腑に落ちないけどそんなものかしら。

ぼお~っと待っていたら、係の方から衝撃の一言が。

「申し訳ありませんが、子宮筋腫でセカンドオピニオンはやっていないんです。
基本的にガン患者の方に向けてしております。なので明日初診扱いで診察を受けて頂いても
かまいませんか?」
そうっすか…llllll(-_-;)llllll
しょうがないのでMRIフィルムと紹介状を預けて翌日仕切り直しだ。


翌日、2時間近く待って診察を受ける。
初診扱いだから内診やら検査受けまくりコースか?と構えていたら、「セカンドオピニオンをしたい」との
私の要望が通っていたのか、画像を見ながらの説明と診療方針の説明を受けた。
それで終了。


ここで私に与えられたのは2つの選択だった。

・A病院では開腹手術を勧められた。
手術はすぐできる。しかし腹を切るから回復に時間がかかる。

・B病院では腹腔鏡(内視鏡)手術を勧められた。
ホルモン注射で筋腫を小さくしてから手術に入るから治療期間が長くなる。
しかし傷が小さく、体の負担は軽い。



自分の周りのいろいろな方に助言を求め、本やネットで勉強し体験談を見たり聞いたりし、
最終的に決め手になったのは現役バリバリの看護師である義母の

・手術後すぐ状態確認をするからMRIがある病院がいい(A病院はありません)。
・何か緊急事態が起きてももいろいろな科があったらすぐ対応できる。
・開腹は手術後半年はしんどい。私の仕事では大変だと思う。

以上のアドバイスを受け、B病院(=腹腔鏡)で治療することを決定!!

すんなり決まったようで実際は軽い修羅場だった( ̄▽ ̄;)
オットはさっさと幾分か割安に治せる開腹を望んでいたようで、B病院で開腹を…
というのが必勝パターンだったようだ。
義母にも「開腹のほうがきれいに筋腫が取れる。」と勧められていた。
オットもその言葉を聞き、ますます開腹を私に勧める。
ハハの言うことに逆らうムスコはいまい…。

でもさ…。女性としてお腹にでっかい傷が残るのはいやだよ。
私は左耳・右ふくらはぎにも手術跡があって、これ以上の傷は御免だった。
ダッシュでお値段確認に行ったり、ビールの箱や米袋を抱たり、品出しするたびに
「ううう…」と唸るのも辛い。

それで私一人で腹腔鏡でお願いします!と決めた。
オットとは軽~くケンカ&気まずい雰囲気になったけど、私の意思を尊重してくれて
「周りから開腹を勝手に押しつけてごめん。自分の希望を言い出せなかったよな。」
と言ってくれました。
義母からも「自分で後悔のないように決めて正解だと思うよ!応援してるからガンバッテ!」と
メールをもらい、ひと安心。

いよいよ治療が始まります。
[PR]
by mayis-havaalani | 2011-10-02 18:40 | 挑戦