なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

食べる旅・盛岡 その1 苫小牧からフェリー乗船

3/11(火)


今回盛岡行きを決めたきっかけは
ラジオのCMでした。
そう、うちはTVがないからラジオが頼り(爆)

d0225149_15183126.jpg

・札幌→苫小牧港間高速バス「高速とまこまい号」(1,270円)
・苫小牧→八戸フェリー2等船室(4,860円)
・本八戸駅までのシャトルバス(300円)
・本八戸→盛岡間高速バス「八盛号」(1,830円)

以上の片道運賃全て合わせて6,700円!!
※以上の料金は増税前の3/31までです。
片道のみの販売です。
詳しくはこちら
飛行機の半額で行けるじゃん。即決!
この時点で「船が苦手ですぐ酔う」という
事実は都合良く忘れている。



旅の始まりは札幌駅前バスターミナルです。
ここから果てしない移動開始…

21:00発 高速とまこまい号
このバスで終点の苫小牧フェリーターミナルへ
向かいます。
d0225149_15193278.jpg


22:55 苫小牧フェリーターミナル到着

d0225149_15212493.jpg

一階の川崎近海汽船窓口で乗船手続きを
行います。
乗船申込書に住所・氏名・目的地などを
記入しちぎったクーポンとともに
提出します。

飛行機の国内線みたいなQRコードつきの
乗船証をもらったらすぐ乗船です。

おや、2階にゲームコーナーが。
でも麻雀とスロットか…オットよ残念だね。
(オット、大のゲームっ子)
d0225149_15215097.jpg


23:00 シルバークイーン乗船開始
おー、あの船に乗るのか。
d0225149_15221994.jpg


こういうの何ていうんだっけ…。
ボーディングデッキ?少し歩く。
d0225149_15224048.jpg


いよいよ船の中へ。心臓バクバク。
d0225149_15225859.jpg

あっ肝心のエントランス部分を撮り忘れた!
「想像していたフェリーらしいフェリーだなあ。」
と思いました。

自動販売機コーナー
d0225149_15244110.jpg

ペットボトルは150円、缶は120円。
意外と良心的?

あっカップラーメンの自販機もある!
サイズは小さめだけど200円です。
d0225149_1525434.jpg


ゲームコーナー
また麻雀とスロットだわ。
d0225149_15252890.jpg


大浴場(展望浴場)の入浴時間表
d0225149_1525466.jpg

ううう、今日の診察でスクラッチテストを
したから風呂はお預け。

オートレストラン
いや~昭和な内装で良い!
d0225149_15261378.jpg

乗船してすぐは宴会をする人たちで
埋まっています。
おなじみの冷凍食品がいっぱい。
ニチレイ製品祭り。

トイレ入口に嘔吐袋が…
お守りがわりにもらっておこう。
d0225149_15263474.jpg


23:59 シルバークイーン 苫小牧港出港
2等船室は3部屋ありました。
20~30畳ぐらいのカーペット敷きです。
毛布を借りて(300円)、さっさと場所取りして
寝ました。
男女半々ぐらいで人数も少なく快適に
過ごせました。

深夜の2等船室
d0225149_15271674.jpg

消灯は0:30頃、TVは乗務員さんが消しに
来ました。

船酔いは大丈夫でした!
・今回持参した"タイの怪しい万能薬"が効いた
・波が穏やかだった
・とにかく疲れていてさっさと眠りにつけた
これらが勝因かと。

揺れは波よりエンジンの揺れのほうが
すごかった。
床を通して「ゴッゴッゴッゴ…」と地鳴りの
ように全身に響いていた。
例えるなら飛行機が滑走路で動き出すす前
エンジンを全開にしたときの感じだった。



5:00 トイレ行きたい&腹減った…。
忙しくておにぎり握れなかったんだよなあ。
いいや、ネタになんか食べよう。

何にしようかな♪
d0225149_15281743.jpg

パスタやピラフ、たこ焼きやフライドポテトなど
おなじみの商品が揃っていました。

焼きおにぎり(400円)いただきま~す。
d0225149_15302479.jpg

値段は市価の倍か。ま、海の上だもんね。
部屋に戻って2度寝zzz


6:40 起床・照明&TV点灯
熟睡できたので体調がいいです。
洗面ついでにデッキに出てみました。

おおっいい天気!
そして口ずさむ♪海よ~俺の海よ~♪
d0225149_1531199.jpg


7:30 シルバークイーン下船
バスでターミナル前まで乗せてくれます。
乗車時間は2~3分ぐらいでした。
d0225149_15313120.jpg


ああ楽しかった。とにかく酔わずに
ぐっすり眠れたことは、今後に備えて
大きなプラスでした。
まだ移動は続きます。
[PR]
by mayis-havaalani | 2014-03-16 15:49 | 放浪