なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

焼きまんじゅうをつくる

私は群馬生まれの群馬育ちです。
北海道へお嫁に来て何年か経ちますが
未だに上州弁が抜けません。

群馬のソウルフードの一つ「焼きまんじゅう」
d0225149_17133749.jpg

※元祖呑龍山田屋本店より

すかすか・むちむちしたちょっと酒まんじゅうに
似た味のまんじゅうに、ツヤツヤこってりな
みそだれを塗って炭火で香ばしく焼く。

あんこ入りの焼きまんじゅうがあるそうだが
あんこ星人の私もちょいとあんこは御遠慮
願いたい。

帰省した際は必ず買って食べます。


mayisの独断と偏見焼きまんじゅうランキング

1,岩崎屋
→食べなれた味。名物黒い焼きそばと一緒に食べる。
2,元祖呑龍山田屋本店
→まんじゅうがうまい。ここの最中もうまい。
3,助平屋
→高校生の時、よく買い食いした思い出の店



当然ながら北海道では全く売っていません。
今の時代、通販でお取り寄せが可能ですが
なんでも作りたがりのわたくし、故郷を
思い出しながら作ってみました。



◎材料 2~3人分
・まんじゅう
強力粉 150g
薄力粉 150g
玄米&ヨーグルト元種 100g
インスタントドライイースト 1g
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/4
ぬるま湯 40~80cc
冷やご飯 100g
甘酒(市販) 100g
注:元種は処分で入れたのでなくても出来ます。
その場合イーストを3gに増やしてください。

・みそだれ
砂糖・みりん・赤味噌・日本酒 各お玉1杯
黒砂糖 大さじ2
はちみつ 大さじ1



1,冷やご飯と甘酒をミキサーにかけ粥状にする。
d0225149_171739.jpg


2,ボウルに、液体以外の材料を量りながら入れる。
  全て量ったら1の粥状を入れる。
d0225149_17172536.jpg


3,ぬるま湯を少しずつ入れながら、ねちょっと
  手にまとわりつくくらいの緩めの状態まで入れる。
  今回40cc入りました。
d0225149_17174884.jpg


4,10分ほどこねる。最初はネチョネチョだけど
  最終的につるんとした生地になる。
d0225149_17181252.jpg


5,2倍の大きさになるまで一次発酵させる。
  (冬で室温が低いせいか保温しても2時間半かかった)

6,この間にみそだれを作る。
  材料を全て鍋に入れ、中弱火で煮詰める。
  冷めるとたれが固まるので、へらで書いた筋が
 すぐ消えるくらいの濃度で火を止める。
d0225149_1719197.jpg


7,パンチを入れ4分割後、30分ベンチタイムをとる。

8,4分割した生地をさらに6分割して丸める。
  (焼く時大きな竹串で刺すなら4分割にする)
d0225149_17192751.jpg


9,蒸し器にはく離紙をひいてまんじゅうを並べる。
  蒸すと膨らむのでつかず・離れず程度の距離で。
d0225149_17194793.jpg


10,蒸し器に並べたまま倍の大きさに
  なるまで二次発酵させる。
d0225149_172086.jpg


11,中火で15~20分蒸す。
d0225149_17202390.jpg

ちょっとまんじゅうの味見を(作る人の特権♪)
あっ、味が薄くてスカスカ・ネッチリでうまい!
これだよ~(T▽T)
d0225149_17204612.jpg


12,熱いうちに縦3 or 縦4等分に分ける。
  一般的な細い竹串→縦3
  青竹の太い串→縦4
d0225149_17211042.jpg


13,串で刺す。まんじゅうは冷めたら固くなるので
   温かいうちに焼く。もし冷めたら温めなおす。   
d0225149_17212935.jpg


14,魚焼きグリルにアルミホイルを引いて
  (たれが焦げて掃除が大変)、両面に焼き目が
  つくまで焼く。
d0225149_17215580.jpg


15,焼けたまんじゅうの両面にたれをたっぷり塗る。
d0225149_17222149.jpg


16,再度まんじゅうをさっと焼き、たれを照り程度に
  さっと塗って出来上がり!!
d0225149_17223721.jpg



食べている時、自分でふる里の味をある程度
作れた感激で胸がいっぱいになって、少ししか
食べられなかった(笑)
手間はかかるけど、これで通販代が浮いたぞー
d0225149_17245248.jpg

オカンに写メで報告したら「すごいねー!でもみそが
黒くないね。」と言われた。
オゥイエス、解ってる。
群馬の黒々としたみそだれを追求するなら、
黒砂糖をお玉1杯にして、砂糖を大さじ4にすれば
黒いみそだれになると思います。

焼きまんじゅう屋さんでは、米と米麹できちんと
甘酒をつくって、その発酵力を生かしてイーストを
使わずまんじゅうを作るとか。
むう…プロの技。真似できるかいな。
麹菌が活発になる冬の間、ちょっと挑戦してみたい。
[PR]
by mayis-havaalani | 2013-11-27 17:44 | 食欲バンザイ