なんでも食べるぞ、いろいろ作るぞ


by mayis-havaalani

入院日記 1日目

これから子宮筋腫の手術・入院中の出来事を記しておきます。

※この記事中の事は私が入院した病院での流れや出来事であり
他の病院や病状によっては経過が異なることがあります。






1/18(水) 入院日

6:15 起床 
    いつも通り家事をして、身支度と手荷物の確認。最後までバタバタ。

8:30 オットの運転で病院へ行く。
    駐車場の空きがなく焦るが何とか停められた。

9:25 入退院受付にて入院手続きをする。
    診察券・保険証・入院保障書・高額医療限度額認定証の4点を出す。   
    診察ファイルを持って婦人科へ行く。

9:40 婦人科窓口にファイルを渡して受付。そのまま麻酔科へ移動。
    外来の人に混じってひたすら待つ。

10:30 麻酔科診察室に呼ばれる。
    →指先で酸素と心拍数を計る(酸素100/心拍数64)。
    
    →麻酔科問診票に沿って麻酔科医と面談。
     過去2回の手術の部位・内容・年齢・経過を聞かれる。
    
    →手術時間は正味1時間30分・準備を合わせて2時間半が目安。
     麻酔のリスク説明と、背中の腰椎に痛み止めを入れる為に管を入れる。
     手術前日の夜9時から絶食。手術当日の朝8時までにORー1の500mlを
     1本飲むこと。
    
    →顎と口の中を見る(手術中、呼吸の管を入れる為)。


11:00 婦人科へ戻ったあと、X線科へ移動
     口腔内のレントゲンを3枚撮る。

11:30 婦人科へ戻る
     待ち時間の間、麻酔科で渡された麻酔説明書・承諾書の2枚に
     署名をする。身内の署名が必要なのでオットも署名する。
     オット、空腹に耐えかねて待合イスでおやつを食べる(--;)

12:00 婦人科診察室へ入る(オットも一緒)
     →主治医から手術内容の説明を受ける(正式病名:壁内子宮平滑筋腫)
     手術内容(腹腔鏡下子宮筋腫摘出((核出))術)・輸血と手術中のリスクの説明。
     待合イスで手術承諾書に署名する(オットも署名)。

12:30 病棟へ案内される。
    →私ともうお一人(Aさんとしておく)と一緒に向かう。
     途中で病棟内設備の案内あり。
    →病室は4人部屋で私は窓際だった。広くて明るくて清潔。
     (この病室は皆でわいわい…というより、それぞれカーテンを予め閉めていて
     個人のプライバイシーを尊重という感じで気楽だった。) 

床頭台にお昼が用意してあった。お腹空いてたので助かった~。
d0225149_2146753.jpg

肉うどん(ほうれん草・麩・ねぎ),白菜とケラゲの酢の物,バナナ

13:00 「俺やることないから帰っていい?」とオット帰宅。
    私だってやることないんだよ…。さっさと病衣に着替えて横になって
    ウォークマン聞きながらうつらうつら。

14:00 担当看護師さん訪問&挨拶
    本人確認用の情報がいろいろ書かれたベルトを手首に装着する。
    病棟案内,入院計画・経過の説明,体調について問診。

15:00 ヒマなので病院内をふらふらする。TVカードを買う。
    オットに電話する。

16:30 看護師さん引き継ぎの巡回

16:50 シャワーを浴びに行く。
    (シャワー室が3ブースあって、空いてればいつでも入れるのでうれしかった。)
夕飯まで読書にふける。

18:00 夕飯
d0225149_21441238.jpg

鱈の焼き漬け(おろし野菜ソース),筍とニンニクの芽入りザーサイ炒め(炒り卵)
トマトサラダ,ご飯

18:30~21:00 今日一緒に入院したAさんとずーーっとおしゃべりする。

21:30 消灯
[PR]
by mayis-havaalani | 2012-02-26 21:58 | 挑戦